Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< June 2016 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
「週一回の授業が楽しみ」
こんにちは。1月からインテリアリフォーム科の日曜クラスに通っています。あっという間に5か月以上が過ぎてしまいましたが、充実した学校生活を送っています。

リフォーム科では主にマンションのリフォームということで、現在は与えられた条件に沿って、課題のマンションの各部屋を、3Dを使ってリフォームプランを考えるというパソコンを使った授業をしています。今回は玄関のプランニングでした。玄関は家の顔でもある重要な場所なので、使い勝手のほかにアートやグリーンなどの小物も上手に使っておもてなしの気持ちも演出しましょうということでした。

・こんな感じでプレゼンテーションボードを作成して発表しあいます。
 個性あふれるクラスメイトの作品を見るのも楽しみです。


この5カ月間アカデミーで勉強したことを参考に自宅を見てみると、掃除のしやすさのような実用面ばかりを気にして、思っていたよりかわいげのない家であることに気づいてしまいました。この家でどんな暮らしがしたいのか、そのためにどんな家具や照明、小物などを選んで演出したらいいのか、何ができて何ができないのか、使い勝手がいいとは何か…実際にプロとしてご活躍の先生方に教わることでより質の高い暮らしとは何かを考えるようになりました。

余談ですが、玄関のコーディネートの際、鏡を置く位置のことで風水の話になりました。結構気にされるお客様もいらっしゃるそうです。以前自宅の押し入れとクローゼットを一つにつなげて2方向から使えるように直したときに、試しに風水的に良くない使い方をしていたベッドの位置や向きも変えてみたところ、実際の空気の流れも良くなりましたが家に流れる空気感が明らかに変わって、家族全員にいい影響があっただけでなく、昨年作ったミニ盆栽はひっきりなしに花を咲かせているので、個人的には気の流れの良し悪しって重要だなと思っています。(今まで植物はことごとく枯らしてきた 汗)
アカデミーでの理論的な勉強も、風水のようなものも、快適な空間を作りたいということでは同じ。あらためてインテリアの世界は奥が深いなあと思う今日この頃です。

・奇跡的に枯れずにいるミニ盆栽。つぼみもまだいっぱい。



インテリアリフォーム科 瀬川
 

「オフィスのインテリアコーディネート体験!」
 暇さえあれば図面や雑誌をみてリフォームやデザインの妄想をしているリフォーム科のブロック渚です。
今までは、全く別業界でサラリーマンをしていまして、日々の妄想とリフォーム科クラスや課題が癒しになっています。

ある日そんな話を友人にしていたら、そのうちの1人から"うちのオフィスのデザインをやってみないか?"と突然言われました。彼らはサンフランシスコに本社を移したばかりで、単純な私は心配より先にエキサイトして「当たって砕けろ」の精神で即OK。

もちろん自分以外の、ましてやオフィスなんぞのインテリアコーディネートなんかしたことないので、そこからのカオスを一部紹介します!!!笑

手探りでとにかく授業で習った通りに進めてみることに。
まず図面を送って貰い、スカイプでミーティング。全世界の人を肉体及び精神的な健康をもたらす事が使命であるウェルネスカンパニーらしく、従来のオフィスに、とらわれない自由なスペースプランが希望。ワークアウトスペース、HPコンテンツ撮影スペース、ラウンジスペース、仕事スペース(しかも流石それらしく、普通に座る机じゃなく立ったままパソコン作業ができるスタンディングデスク)。雰囲気など一通り話し合いながらメモを取りイメージを共有していきます。

<Beforeの写真>


渡米まで2週間ほどあったので、授業で習った様に平面図を、、、微妙な出来栄えでしたがいくつか作成。ついでに3Dも練習がてら作ってみました。全部送って再度打ち合わせして、なんとか一つに決定〜。

<先生ごめんなさい もっと練習します平面図>


すでにあった作り付けのデスク等は全て撤去する事になったので、SFにいる社員たちに撤去作業を進めてもらっている間に、家具から小物からを殆どインターネットで目星を付けていきます。私の頭の中では"拘りのあるお洒落な4、5人の友達たちが趣味の為に借りたロフト"的なコンセプトで進めました。

<撤去作業途中経過>


そしていよいよ現地へ、、、なんですが、見ての通り壁も床も微妙、、、なのでなんと今回の1週間渡米期間は壁塗り+床の張替えスタートのみで終了なりました。

壁は白とチャコール、部分的にマグネット/ブラックボードペイントを使用し機能性高め、床はシャビー風(!)なラミネートフロアを選択です。この色やら柄やらを選ぶのは流石に楽し過ぎます。

<だんだんベースができてきました>


今日現在でやっと床が完成し次のステップへ進める準備が整ったところになります。先は長そうです 汗


【今日までに学んだ事トップ3】
1. 下準備は相当重要: 各作業の特に日程をきちんと組まなかったため現地にいた時間を最適化できなかったのは反省。
2. リフォーム科の授業、これ本当に役に立ちます: 実際に現場に出ている先生方ですし、教室でやった事がそのまま使えました。せっかくなので、もっと色んな仕事上の話を伺いたいですね、特に困った話!
3. まだまだ学ぶ事が多い(当たり前ですが)、、、でも実体験でしか学べない事もいっぱいある: 相手ある仕事(クライアントのみでなく物品販売会社の人とか)なので一筋縄では行かず、その時々で臨機応変な対応が求められます。在庫不足やら値段交渉やらストレスと思わず楽しみに変える術も学んだかも。


まだまだ完成までは遠いですが引き続き家具のオーダー、小物のオーダー、トータルコーディネートと頑張って突き進みたいと思います。

在校生や卒業生・先生方、是非ダメだし/アドバイスをお願いします!
またこの無謀とも言える私の取り組みがこれからリフォームやインテリアの世界で頑張っていこうと思っている人達の励みに少しでもなれば嬉しいです!!


インテリアリフォーム科 ブロック渚
 

「インテリアリフォーム科の在校生になりました!」
こんにちは!
私は今年の一月に開講されたインテリアリフォーム科・週二日のコースに通っています。

私は今年の三月まで専門学校で服飾について学んでいましたが、縁があり建設会社に就職させていただくことになりました。会社では主にリフォーム案件を担当するということでアカデミーに通うことを決意しました。

ファッションとインテリアリフォームは違うカテゴリーですが、どちらも人が生きていくために欠かせないものであると共にコーディネートという点では共通点がとても多いです。色の組み合わせなどは特に似ていて、配色の授業では「これ 知ってる!」と思うことも多々あり、すんなりと授業に入っていくことができました。



とはいえ、インテリアや建築については全くの初心者であり、知らないことばかりです。不安な気持ちで授業がスタートしましたが、未経験の方も多く、少人数制で質問のしやすい環境作りがされています。年齢層は様々ですが 課題の相談などをしていくうちに打ち解けることができ、今ではアカデミーに行くのが楽しみになっています。

未経験だから難しそうと思っている方も。
未経験だからこそアカデミーで基礎を身につけていけると思います。


インテリアリフォーム科 在学生
 

宇都宮教室スタートしました
北関東栃木県鹿沼市にある宇都宮教室は、昨年から東京校の宇都宮教室として再校し一年があっという間に過ぎてしまいました。

生徒は7名でアットホームなクラスです。
ただ、やる気のパワーはとてもすごく急用と発熱以外は休みが無く、課題も全員提出するだけでなく、評価も高いと言う熱気あふれるクラスです。

そんなクラスのスタートで、デザイン事務所が教室の中で2年生初授業「進級にあたって」の発表中です。
写真を撮ると言ったら、生徒は固まってしまいましたが(笑)
やる気満々の発表をしてくれました。

宇都宮教室 生徒発表


今日は、この事務所最大の見せ場お庭をご紹介します。
まずこちらから




駐車場から事務所に向かって歩いてくると、このバラが歓迎してくれます。
手前のバラは、これからが見ごろで、生徒は毎回楽しみに来てくれます。
5/26の様子で、こんなに咲いてきました。土曜日生徒の表情が楽しみです。



そして、玄関のアーチをくぐるとこのローズ色のバラのアーチが待っています。




課題で頭がいっぱいの生徒に、ホッと一呼吸してもらえる。
そんな今のバラガーデンです。

さらに奥に進むと二階の窓辺のハニーサックル。



ワイルドに咲き誇っていて、生徒の心を解きほぐしてくれそうです。

ここは、夜の窓辺は灯りがともります。



秋から冬は、生徒が帰るころの夕方が暗くなってしまいますが、窓辺からお疲れ様とねぎらいになってもらいたいと。

インテリアの灯りって外にも言葉を投げかけてくれますね。

宇都宮教室講師 室賀裕子
 

埼玉県立近代美術館に行って来ました!
こんにちは。アカデミー全日制在校生です。

先日、埼玉県立近代美術館にいってきました。
目的は、アマチュア写真家のアンリラルティーグの展示だったのですが、館内に置いてあるデザイナーズチェアにもたくさん座ってきました。
(ちょうどその前に、アカデミーの授業でイスについて学んだのでナイスタイミングでした!)

ここは「イスの美術館」と言われているそうで、展示室や休憩所に著名なデザイナーが設計したイスが置いてあります。
ダイヤモンドチェアやレッドアンドブルー、マリリンなどなど。

書籍のなかでしか見たことのない作品に実際座ることができます。
また、公園の中にあるので、窓からの風景もたのしみなからくつろげます。
だいすきな場所です。

インテリアがお好きな方には是非おすすめしたい場所です(^ ^)

★画像は、コーディネーションの先生がまとめてくださったレジュメです!
カラーでわかりやすいです(*^ ^*)

全日コース 在校生



埼玉県立近代美術館ウェブサイトはこちらから