<< 海外通信<ベルギー編> 「ブリュッセルのデザイン」 | main | アカデミー紹介〜GREEN House編〜 >>
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
卒業制作の合間に…脳内鎌倉散歩

こんにちは、インテリアコーディネーター全日コースの田邉大輔です。

ただいま全日コースは一年間の集大成、卒業制作の真っ只中です。締め切りは2/27、このブログが載せられる頃には無事に完成しているのでしょうか、不安でどうしようもないですがきっと素晴らしいプレゼンが出来ると信じて取り組んでいます。

課題に追われていっぱいいっぱいの学生生活でしたが、その合間には青山・表参道散策や美術館巡り、フットサルや花火大会などなど興味深くて楽しい思い出ばかりです。そのどれもを書いてしまうと、伝えたいことがありすぎて長くなりすぎるばかりでなく内容もぼやけてしまうので、今回は私が大好きな鎌倉について写真を含めてご案内しようと思います。



鎌倉学園前駅からの風景です。藤沢方面から江の電に乗ってくると市街地から一転して海が目の前に広がります。毎回ついつい下車してしまいます。曇り空が晴れてきて海がキラキラ光りだす瞬間はとてもきれいでした。



竹林で有名な報国寺と、沢山のあじさいが咲く明月院です。どちらも鎌倉駅からは少し離れていますがとても見応えがあります。梅雨の時期、雨が降っているときにこそ見に行きたい神秘的な場所です。



個人的に、すこし地味ですが、とても大好きな鎌倉文学館です。優しい木漏れ日の通り道、その先のトンネルをくぐると大きな洋館があります。ツツジとバラ園が有名でその時期には人が多いのですが、時期を外せば芝生に寝転びながら海を見下ろせる絶景スポットです。駅からの道に「ジャックと豆の木」というパン屋さんがありまして、買って芝生で食べるのがおすすめです。



最後に甘いものを。「茶房雲母」の宇治抹茶白玉と「ジュラテリア・イル・ブリガンテ」のジェラートです。茶房雲母はかぐや姫をイメージした内装で、甘味を注文するとそれぞれ生花が一輪添えられてきます。とてもボリュームがあります。ジェラートはイタリア人シェフが手作りしているもので、味が濃いのにさっぱり食べられる、お金があればすべての味を制覇したいと思える絶品です。不定休ですが、鎌倉に行ったときは是非食べてもらいたいです。

さて、楽しかった脳内鎌倉散歩が終わり、湘南新宿ラインに乗って卒業制作という現実に引き戻されます。この一年間を振り返って、とてもとても楽しい、きっと精神的にも成長できた学生生活でした。
入学前のプレ講座で事務局の萩原さんが「アカデミーに入学される方はいい人ばかりで、毎年三月になると卒業していくのがさみしい反面、新しく入ってくる生徒さんに会うのが楽しみ」とおっしゃったのをよく覚えています。アカデミーで一年間過ごした今、それを私自身も強く実感しています。きっと今年入学されて来年卒業される皆さんもそう感じるはずです。
もうすぐ卒業ですが、卒業してからも町田ひろ子アカデミー卒という新たなつながりが出来ることが今から楽しみです。

東京校インテリアコーディネーターコース全日制 田邉大輔

コメント
コメントする