<< 緑と花のフェスティバル | main | 海外通信<スイス編>蕗のとう@ジュラ! >>
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
カリフォルニアデザイン1930-1965 “モダン・リヴィングの起源”

こんにちは。
インテリアコーディネーター専門科2A 齋藤真実です。
いつも課題に追われ、いっぱいいっぱいだった1年目も無事に終えることが出来ました!
面倒くさがりな自分がここまで来れたことにとてもビックリです。
これからまた大変な日々を過ごすかと思うと少しため息がでますが、気合いを入れて頑張っていきたいと思います!

以前クラスメイトの方に面白かったとおすすめして頂いていた、「カリフォルニアデザイン1930-1965 “モダン・リヴィングの起源”」を国立新美術館へ観に行きました。
国立新美術館は初めて行ったのですが、近代的でとても迫力がありました。
乃木坂駅から直結していて、方向音痴の私にとってはとてもありがたい場所にありました。





「カリフォルニアデザイン1930-1965 “モダン・リヴィングの起源”」では、カリフォルニア・モダンを誕生・形成・生活・普及の4つに分けて説明していました。
イームズのチェアなどが好きで1年次の課題で使用していたので、イームズの展示品にとても惹かれました。



私がとても印象に残ったのは、イームズのシェルチェアの製作工程の映像でした。
自分が欲しいと思っていた椅子のことだったのでちょっと感動です!
しかも実際にシェルチェアに座って鑑賞できるようになっています。
今までは完成されたものだけを見ていましたが、1つの椅子が出来るまでには、製作者の思いとか努力とか、その時代の背景とか様々なことが重なって出来るんだなと思いました。

いつかシェルチェアを手にして、自分の部屋で座るのがとても楽しみになりました。

「カリフォルニアデザイン1930-1965 “モダン・リヴィングの起源”」は6月3日までやっているので、是非行ってみて下さい。

インテリアコーディネーター専門科 2A 齋藤真実

コメント
コメントする