<< 生徒作品展開催中! | main | モヤモヤからワクワク >>
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
我が家に再びときめきを!


こんにちは。インテリアコーディネーター専門科2Aの荒木です。
只今アカデミーでの春休みを満喫中ですが、休みも終盤に入り・・・夏休みが終わる子どもの心境がよく理解できるこの頃です。

たっぷりと時間のあった春休みですが結局家の片付けに追われている最中です。
その中で「家=住まい」について思うことを書かせて頂きます。
我が家は築10年となる戸建て住宅ですが、海まで徒歩5分という立地故「塩害」もあって最近は家の老朽化が目立ち始めました。それと同時に子どもたちの成長、家族関係・生活の変化・・・家を手に入れた頃のマイホームに対しての大切な気持ちやときめき感のようなものが徐々に薄れていくのを感じていました。インテリア好きの私にとってこの状況は非常にアンハッピーなことです。新しい物を購入してインテリアに取り入れればそれなりに新鮮な気持ちにはなりますが、今更家具を買い替える訳にもいきません。またそれが根本的な解決策でもないような気がします。
そこで、この春休み一念発起して暮らしを見直し、我が家に再びときめく計画を模索していました。リビングの家具のレイアウトを変え動線に変化をつけてみたり、普段手入れが行き届かないバーチカルブラインドを洗濯したり、子どもが勉強に集中できるよう電球をLEDに変えてみたり、キッチンの収納方法を見直したり、エクステリアの壁面緑化の手入れをしたり、普段開けない窓を開けてみたり・・・・。本当にちょっとしたことですが、家の空気の流れが変わり気持ちが潤ってくるのを感じます。町田校長のことば「暮らしありき」が心に染みます。そしてつくづく家は定期的なメンテナンスが必要であり、プランニングは暮らしの変化に対応できる提案でなければならないなぁと思うのです。住む人も住む器も良い意味で経年変化したいものですね。
まだまだ模索中でありますが、あと1年アカデミーで学び今後どのように暮らしを感じていけるかが楽しみです。

最後に片付けの合間に行く散歩コースをご紹介します。



由比ガ浜海岸で波打ち際に見つける桜貝。うっすらピンクが美しい!



鎌倉には花見の名所がたくさんありますが、我が家が毎年行くのが材木座の光明寺です。
鎌倉時代(1243年)創立です。お手入れが行き届いていて素晴らしいです!
渡り廊下を一周しながら亀や長寿の鯉が住む池、枯山水の庭園を眺めることができます。



東京校 インテリアコーディネーター専門科2A 荒木

コメント
コメントする