<< 町田ひろ子社長セミナー講演 | main | 緑が育むもの >>
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
博多祇園山笠
暑くなりましたね。

私の住んでいた福岡では、博多祇園山笠(通称、山笠)が、博多の町に夏を告げる伝統的な夏の風物詩です。『山笠のあるけん博多たい!』です。

博多祇園山笠練習風景
(町内練習かな!?こういう場面によく遭遇します)

山笠は、『流れ舁き(ナガレガキ)』→『他流れ舁き』→『追い山ならし(オイヤマ)』→『集団山見せ』→『流れ舁き』と行事が次々と行われ、7月15日早朝に行われる『追い山』でフィナーレとなります。

祇園・中洲界隈では、7月に入ると法被(流れごと(もしくは町ごと) にそろいの柄)を着た締め込み姿を見かけるようになり、その一帯は期間中、ざわざわとした一種独特の雰囲気に包まれます。

遠くから声が聞こえてきたかと思うと、「オイサッ、オイサッ」の大合唱で『山』と人並みが一気に駆けていきます。沿道では、舁き手(カキテ)に勢い水をまく町内の人、カメラを片手に見物の人・人・人。

博多祇園山笠観衆
(早朝にも関わらずすごい観衆)

勤めていた会社が、山笠のコース内にあった為より身近な存在です。時間によっては大通りをも交通規制するため社用車が出られない、帰って来られない、なんてこともよくありました。

最終日の7月15日は、夜が明け始めた午前4時59分、大太鼓の合図とともに一番山笠がスタート地点である櫛田神社に入る「櫛田入り」。山笠は櫛田入りと全コース(5)でのタイムが競われます。

私は、会社が好位置にあったにもかかわらず、こんなに早い時間だったし、15日が平日だったりで、追い山を見物したのは、2回だけです。(追い山以外は、日中にやっているのでこちらは幾度となく見物したんですが。)

最後の『山』が廻り止めと呼ばれるゴールに着く頃には日が昇り、ギラギラとした暑さ。福岡は、太陽が近く感じます。山笠が終わると、いよいよ夏本番です。

博多祇園山笠『山』
(こちらが『山』です。周りは交代要員)

福岡を離れて約1年半。結婚で仕事を辞め、やることがないと人ってこんなに堕落するんだな、と我ながら感心していた約1年前。

主人が背中を押してくれたことで、学校説明を聞いた翌日に願書を出し、その翌日から生徒になりました。

学校では、刺激し合い、励まし合える素敵な仲間に出会えたこともあり、生き生きしている」と褒められながら学校に通っています。

知れば知るほど奥が深い。どの仕事も共通することかもしれません。学生生活は、残り半分となってしまいましたが、まだほんの入り口付近に足を踏み入れたに過ぎないことを実感します。

今、学べるこの環境と時間に感謝しつつ、この時間を大切にして、もっといろんなものを見てふれて、知識と情報の引き出しの数と質を上げていきたいと思います。

そして、もう決して徹夜はしませんように・・・・。

福岡市営地下鉄『祇園』駅のマーク
(福岡市営地下鉄『祇園』駅のマーク)

町田ひろ子アカデミー東京校
インテリアコーディネータ専門科2-D
井戸真理


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
城山ホテル 鹿児島
城山ホテル 鹿児島について調べてみました
  • 城山ホテル 鹿児島
  • 2008/08/31 10:43 PM
  •