<< 庭造りの実習 | main | 神楽坂フレンチ >>
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
人工の力と自然の力
少し前ですが先月のお盆休み、実家へ帰省してきました。

私の故郷は山形県庄内町。庄内平野の田園が一面に広がるのどかな町です(^^)

今回帰って行ってきたのは「土門拳記念館」という所。ここは隣の港町・酒田にある、リアリズム写真の巨匠と言われる 「土門拳」 の写真の美術館です(日本初の写真美術館なんだそうです)。

この美術館は建築家、谷口吉生さんの作品。ニューヨーク近代美術館や葛西臨海公園なども手がけている著名な方です。

コンセプトは‘美しい自然環境と建物を協調させ、その協和する響きの中に芸術空間をより高純度に熟成させる’ことなのだとか。

白鳥池を全面に配し、自然林に囲まれ、山々や水田風景を背にしたこの建物は、まさに自然と一対になった建物という印象でした。





東京には有名な建築物がたくさんあり、いつも沢山の発見があって本当におもしろいです!

でも幼いころから緑や山々が普通に隣にある環境で育ってきた私は、高層ビルやマンションよりも、素朴なものや自然のものに心を魅かれてしまいます。

建物にも自然が合わさると、なんだかその場所全体がパワーアップしたような、なんとも穏やかで力強くて、神秘的なものを感じてしまうんです。

もちろん都会でも、近年では屋上緑化や緑のカーテンなどが頻繁に取り上げられ、緑を増やそう!という動きが活発です。緑はエコにも、私達の快適な生活にも繋がります。

人が自然を追いやるのではなく、人工の力と自然の力。

この2つの力が、手を取り合って、もっともっとパワーアップするものになったらいいなと、そう思います。



東京校
インテリアコーディネーターコース
渡部 亜理砂


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!



コメント
あの土門拳さんの記念館ですか。
実物以上に実物を感じ、何度も見た以上に見せてくれる写真。
一度、見てみたいです。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック