<< 招き猫 | main | KOREKARA塾 開講中! >>
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
「横浜開港150周年」






こんにちは。
私の生まれ故郷の横浜は、今年開港150周年を迎えます。

東京のすぐ近くにあるのに、横浜をじっくり散策されたことのある方は少ないのではないでしょうか?
歴史ある横浜を、この場を借りて、少しご紹介させてください。

1853年、ペリーが浦賀に来航してから6年後、横浜は開港しました。
当時は横浜村といい、半農半漁の村でしたが、開港に向け外国人の住む宅地を造成していったため、村から一転、レンガ張りの洋館が立ち並ぶ国際都市へと変貌していったそうです。

残念ながらレンガや石造りの洋館は、関東大震災によってそのほとんどが倒壊。
そのガレキによって海岸を埋め立て、日本で始めての臨海公園である山下公園を造ったとのことです。
歴史的建造物が失われたのは本当に残念ですが、それを元に新しい横浜の名所が造られた…ということにも驚きです。
そして、当時、山下公園は復興のシンボルとなり、昭和10年(1935年)には、復興記念横浜大博覧会が行われ、3ヶ月間で入場者は323万人に達したとか!!
博覧会では、鯨5頭をいけすに入れた「生鯨館」となるものがあったというのが信じられません。

敗戦後には、米軍の将校宿舎の建設のため、日本人立入禁止の時代も経て、再び公園として開放、氷川丸の係留、マリンタワーの完成と、戦後復興のシンボルとも言われました。

いまでこそ、横浜の象徴は、みなとみらいエリア(桜木町)へと変わってきていますが、150周年を迎える今、横浜の原点である山下公園に注目したいと思い、行ってきました。


写真は氷川丸とマリンタワーです。立ち並ぶホテルも横浜の歴史を物語る所ばかりです。





晴天で温かい日だったからか、平日でもたくさん人がいました。
みんなベンチに座ったり、海を眺めたり、写真撮ったり。
昔から変わらずここにあり、癒しを与えてくれる場なのだと改めて思いました。

山下公園から赤レンガ倉庫方面へと歩いていくと、あちらこちらと工事している姿が見えます。
今年開催される、横浜開港150周年の大イベント「開港博Y150」に向けて、準備を進めているようです。

山下公園と赤レンガ倉庫のちょうど中間あたりは、「象の鼻地区」といい、横浜の歴史と未来を結ぶ象徴的空間として整備を進めています。



象の鼻…とても可愛らしい名前ですよね!
開港した際に作られた波止場が、関東大震災復興後に形を変えて、象の鼻の原型を作ったそうです。

この夜景イメージに出てくる光はスクリーンパネルを照明として用いて、少し離れたところからも魅力的な夜景を演出するよう考えられたとのことです。

1つ1つはこんな巨大なパネルです。



その他にも、イベント期間中(4月28日〜9月27日)は、フランスのアートパフォーマンス劇団「ラ・マシン」が日本初上陸したり、トリックアートの第一人者カート・ウェナー氏が70屬竜霏腑肇螢奪アートを制作したり、直径20mの巨大バルーンを使った環境問題へのメッセージを発信する音と光と映像のナイトショーが開催されたり…と、盛りだくさんの様子。
楽しみです。


今回は、中華街駅から桜木町駅まで歩きましたが、至るところで開発や整備が進められていました。
桜木町に近づくにつれ、みなとみらいの名の通り、近代的な建物の嵐。
これからもどんどん開発されていくことでしょう。

横浜の魅力は、歴史情緒と近代的姿の両方が揃っているところです。
でも、過去があるから未来がある。
これからも、横浜ならではの歴史を失わず、未来への夢も与えながら発展して欲しいと願う思いです。



最後に、中華街駅徒歩1分のところにあるアンティーク家具店「キヤ・アンティークス」をご紹介します。


私は今回初めて伺ったのですが、3階建ての建物いっぱいに、家具や食器や照明や、アクセサリー、絵画と素敵なものがたくさんあって、まるで博物館の中にいるようでした。
お値段は手頃なものから、さすが!!と言わざるを得ないものまで。
ヴィクトリアンの大きなソファを見たときは、心躍ります。
お店の方にお願いをして、店内の撮影許可を頂きました。





この写真の奥にあるカップとお皿、穴がたくさん空いているのがわかりますか?
造る過程で、ナイフでカッティングするそうです。まさに職人技。


藤沢店は、一日いても飽きないくらい品物が揃っているらしいので、是非行きたいと思いました。

キヤ・アンティークス:http://www.kiya-co.jp/

他にも、海外買い付けのお店が数多く存在する横浜は、インテリア好きの私たちにとっても、とても魅力ある街です。

今回は、横浜のほんの一部の紹介でしたが、いかがでしたか?
ぜひ一度、横浜散策してみてくださいね。




町田ひろ子アカデミー東京校
インテリアコーディネーター専門科
2年Eクラス
松田高子










FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
承認待ちのトラックバックです。
  • -
  • 2009/02/20 1:29 PM
  •  
-
承認待ちのトラックバックです。
  • -
  • 2009/02/20 9:27 PM
  •  
-
承認待ちのトラックバックです。
  • -
  • 2009/02/22 6:14 PM
  •  
-
承認待ちのトラックバックです。
  • -
  • 2009/02/28 8:40 PM
  •