<< 最近ちょっと心ひかれた箱から | main | 板橋区立美術館開館30周年記念 >>
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
「ウメボシ」



こんにちは。
ガーデニングプランナー科の岩沢です。

さて、いよいよ10月。食欲の秋ですね。
そこで、今回は食欲をそそる「ウメボシ」をテーマにしてみました。

我が家では、毎年、庭などで採れた梅でウメボシを作っています。
なんともトラディショナルな行事です。

今年も作りました。
ほら、ツバが出てくるでしょ。
この赤い色も天然なので、安心・安全です。


つくる量は、なんと150kg!
このザルで50枚分です。

我が家では、この何十年もの間、失敗や、チャレンジを重ねたりして、我が家ならではのHow toも、積み上げられています。



さて、このウメボシからは、無意識のうちに、思わぬ恩恵も受けているんです。
それは、「今年は、いつもと○○が違うね」と、自然の変化を無意識に感じさせてもらえること。


植物を育てるよりも、さらにダイナミックに感じることも、結構あるんですよ。

たとえば、今年の梅の量。
今年は、収穫できた量が、劇的に少なかったんです。
我が家だけではなく、ほかのお宅でも、山でも、さらに市場でも、激減していたようです。

じゃ、実の成長もよくないのかなーっと思いきや、意外にも、1粒1粒が大きく、すごくイイ感じに熟していました。
ウメボシもキレイに赤くなり、ウメボシ作りの手ごたえとしても、とても立派。実の数が少ない分、栄養がよく行き届いていたのでしょうね。
また、花も咲いたし、雨風で木から実が落ちてしまったわけでもないんです。

よって、「木」自体に問題があったとか、天候のせいというよりも、結実しにくかったことが原因のような気がします。
原因は、正確にはわかりませんが、もしかしたら結実を手助けする「ミツバチ」も一因かな…なんて考えたりします。

みなさんもご存じの通り、最近「ミツバチが少ない」と盛んに報道されています。
農家や養蜂の方は大変だな…とは思ってはいたのですが、まさかこんな普通の家庭でも影響があるとは。
ウメボシ作りをすることで、身近に迫った問題として考えるようになりました。(ミツバチが原因じゃないかもしれないけど)



来年は、豊作と、ミツバチの回復を祈りつつご飯をオカワリするのでした。

ガーデニングプランナー科 岩沢エリ子







FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!




コメント
はじめまして♪
昨日、福祉ガーデニングプランナー科に申込んできましたshappyと申します

写真みてツバが出てきました、150kgはすごいですね。。。

>今年は、収穫できた量が、劇的に少なかったんです。

そうですね!JA(農協)の販売店には開店前から並んで数千円から1万円を買っていく人だかりを見てびっくりしました!

>よって、「木」自体に問題があったとか、天候のせいというよりも、結実しにくかったことが原因のような気がします。

お花は例年よりたくさん咲きましたが、結実の時期に蟻が多く群がっていたり蜂が少なかったりしましたね、バランスが崩れているのを実感しました

そんな年なのに、こんなにふっくらとした淡い赤のたくさんの美味しそうな梅干、何十年もの間のHow toがとても気になります
、、、そして、味が一番気になります(笑)
  • shappy
  • 2009/10/16 10:03 AM
  •  
shappyさん
コメントありがとうございます!

>お花は例年よりたくさん咲きましたが、結実の時期に蟻が多く群がっていたり蜂が少なかったりしましたね、バランスが崩れているのを実感しました

すごい観察力ですね!
我が家ではそこまで気がつきませんでした(^^)。

こちらのアカデミーは、環境保全にも熱心で、授業でも詳しく学べますよ。

味が気になる場合は、どうぞお声掛けください!
  • 岩沢エリ子
  • 2009/10/17 1:26 AM
  •  
コメントする