<< 癒し | main | つぶやきライフはいかがですか? >>
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
見る布、魅せる布


こんにちは。IC専門科1−Dクラスの前田です。

入学してからというもの、あっという間に過ぎ去る時の流れに戸惑いながらも、
毎週の授業やクラスメイトから刺激を受け、充実した日常を過ごせる今を嬉しく思っています。

さて、今回は私の故郷である山梨県の地場産業の1つ、「甲斐絹(かいき)」をご紹介します。



甲斐絹とは、山梨県の郡内地方(県の東側の方)にて江戸時代から昭和初期にかけて盛んに生産されていた絹織物のことです。

甲斐絹の特徴は「先練り」、「甘撚り」、「高密度」です。
絹というとツルツルとした感触を想像しますが、少しだけ撚りをかけて高密度に平織りされた甲斐絹はサラサラとした感触で程よい腰があります。
艶は表面的なテカリではなく深い底艶があります。人肌のようなしっとりとした温もりも特徴です。
扱いに気を使うのではと思われがちですが、使ってみると手放せない魅力を秘めています。

ただこの甲斐絹、熟練した職人の手作業でしか製造できず、和服から洋服へと移り変わる時代の流れと共に姿を消してしまいました。



しかし、この度、当地の織物職人が協力し合い、現代の技術力をもって甦らせることに成功しました。

当地の織物会社が4社共同で山梨県産の繭を使って作った生糸によるプロダクトを展開している会社です。
何を隠そう、4社の内の1つは私の生家だったりします。
http://www.kaikiza.com/

実は先日のIFFTにもブランドを展開して出展していました。
http://hengen.jp/



徹底した品質管理のもと、製品自体はもとより絹の生産元である蚕まで県内産にこだわって展開しているこれらのプロダクト、コンセプトである「見る布、魅せる布」として皆様の生活に粋な賑わいを提供できる日が来ることを楽しみにお待ちしております。


IC専門科 1−Dクラス
前田 晋作






FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!

コメント
コメントする