Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2007 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
ハンギングバスケットを作るコツ(横浜校在校生)
ガーデニングショーや、イベント会場、観光地などでハンギングバスケットを目にすることはよくあると思います。

大きな吊り下げ型のは無理ですが、壁掛け式のバスケットなら、意外と簡単にできてしまいますよ。今なら、ハボタンを使ったちょっと和風のハンギングもいいですよね。

ただ、ハンギングバスケットを上手に作るには、少しコツがいります。
園芸店に行って、植物の色や形だけ見て選んではダメ。
なにしろ生きているものですから、植物の性質をよく知って組み合わせてやらないと、小さなバスケットの中ではうまく共生できません。
組み合わせに失敗すると、一部が枯れてしまったり、成長するうちに全体の形がおかしくなったりします。

基本的に、以下の条件を考えてやりましょう。

・冬なら耐寒性があるか、夏なら耐暑性があるか。
・日向が好きか、日陰が好きか。
・水はいつもたっぷりが好きか、乾燥気味が好きか。

このあたりはガーデンプランニングと一緒ですよね。
そしてさらに、その植物がどんな型に生長していくのかも見極める必要があります。

ビオラのようにこんもりと成長するもの。アジュガのようにお皿を伏せた形に平たく成長するもの。ヘデラのようにライン状に垂れ下がるもの等など。
そして、一度花が終わると、次の花が上がるまでに時間がかかるものもあります。次々に花をさかせてくれるものが向いています。
そこを見極めて、適材適所にフォルムをまとめるのが難しいところです。

正直、失敗して初めて知ることも、たくさんあります!
こんなはずじゃなかった....ってことも....(汗)。
でも、ガーデナーには良い勉強になるから、おすすめですよ。

植物って、育てて初めてわかることがたくさんあります。
たとえお庭がなくても、美しさ 兼 植物データが取れるハンギングバスケットに、挑戦してみてくださいね。

ハンギングバスケット

横浜校 ガーデニングプランナー科
青山 智恵


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!

「今」(東京校在校生)
そろそろスノーボードの季節になってきてとても楽しみな1Eの岡野です。

私は「今」、仕事と学校の両立をしています。
仕事は、レストラン勤務をしております。まだ仕事だけをしていた時のことですが、大げさですが、世界が違って見えた時があります。乱雑に置かれていた何十本ものナイフ・フォーク・スプーン。これを使い易いように並べ変える。

縦にしたり・・・
横にしたり・・・
裏にしたり・・・
表にしたり・・・

限られたスペースで一番効率的で美しい並び方に辿りつく。
1mmでも動かすと違ってくる。
この1mm.の可能性に気づいた時、ハッとしました。
閃いた時と同じ喜びを感じました。
とても当たり前のことかもしれませんが、私は大きな幸せを感じました。

ヒトに可能性が秘められているように、モノにだって可能性はあると思うのです。と同時に、命もあると思います。
それは人間のと同じではないですが、ヒトが自分ではなく使う相手を想って心を込めることで、そういう想いが入っていると思います。カタチは違うけど命だと思っています。

モノの可能性を広げる為にはインテリアコーディネーターの力量にかかっているのではとそんなことを考えていくうちに、『専門的に学びたい!』と思い、これが入学のきっかけを作った「今」に繋がっている理由の一つです。

私は、その瞬間が「今」だと思ったら迷わず行動します。

そして、そんな時は、決まってワクワクします。その先の自分をイマジネーションできるからです。後悔なんてありません。必ずプラスになっています。

「今」を感じたもう一つの瞬間ですが、私はある時「今」どうしても海が見たいと思ったのです。気が付くと一時間位かけて藤沢まで行き、江ノ電に乗っていました。

窓の外には、海と空が果てしなく広がっていて、遮るものなど何もなく、水面に映る夕陽を見ていると心が落ち着きます。自然界の造形美です。

私は江ノ電も好きです。別に電車マニアではありません。念の為。
「海に向って走る電車」だからです。「〜に向って走る」という部分が前向きでカッコイイと思いませんか!!(笑)

たくさんお話しましたが、いろんな「今」が私の感性をさらに磨かせてくれています。両立は並大抵なことではありませんが、応援してくれる人達がいて、頑張れている自分がいる。 

そんな私は「今」幸せなのかもしれません。

インテリアコーディネーター専門科 2007年4月生
岡野 真由美


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!

トピアリーガーデンイベント(2007年12月1日(土)のお知らせ
みなさん、こんにちは。

来る2007年12月1日(土)にて、
246Aoyama Street Green Projectの一環としてNPO渋谷・景観整備機構(SALF)、北青山三丁目住宅自治体&町田ひろ子アカデミーがコラボレーションし、新しい緑化・フラワリングの形を提案するべくイベント
『スペシャルセミナー&トピアリーガーデン点灯式』を開催致します。

同時にエイベックスグループ主催の『aoyama chiristmas circus』
共同開催しております!是非合わせてご来場下さい!
 

 リースイベントスケジュールリース
 (いずれも参加費は無料です)

  おはな村田由美子先生の「子供の片付け教室」*定員15名*
  (13:30〜15:00/町田ひろ子アカデミー別館)
 
  よつばのクローバー諏訪晴美先生の「トピアリー教室」*定員15名*
  (15:30〜17:00/町田ひろ子アカデミー別館)

  星トピアリーガーデン点灯式(トピアリーデザイン:諏訪晴美)
 (17:30〜17:45/町田ひろ子アカデミー別館前の小公園)
  新しく生まれ変わった町田ひろ子アカデミー別館前の小公園に
  約1万個のLEDソーラーイルミネーションが点灯します。


  ツリートークセッション(井口典夫氏&町田ひろ子校長)
  (17:45〜19:00/町田ひろ子アカデミー東京校)
  246 Aoyama Street Green Projectを通して、
  世界の人に愛される街づくりの本当の大切さを、
  井口 典夫氏(青山学院大学教授)と町田校長がお話しします。


 ワッ!子供の片付け教室とトピアリー教室は事前ご予約が必要となります。
 参加をご希望される方や詳細は下記URLをご参照下さい。
 http://www.machida-academy.co.jp/topic/greenproject/index.html
 

現時点での施工風景を公開!

トピアリー1
ハート型のトピアリーを設置する森田先生

トピアリー2
ツリー型の大きなトピアリーと施工中

トピアリー3
ツリー型の大きなトピアリーも完成間近です!

完成へ向けて、今回トピアリーデザインを手がけるガーデニングプランナーの諏訪さんと『Lohasデザイン大賞2007』にて町田校長の公開授業にもご協力いただいた森田先生(庭工房 フォレストガーデン代表)が着々と進めております。

12月1日の点灯式(17:30からスタート)を是非ご期待下さい!
http://www.machida-academy.co.jp/topic/greenproject/index.html

尚、東京校は只今クリスマスモード!
全日のインテリアスタイリストコースの生徒さん達が手がけた
クリスマスオーナメントが素敵にディスプレイされております。

12月のクリスマス期間中は毎日飾っておりますので、是非ご来校下さい♪

インテリアスタイリストコースの生徒さんたちが手がけたクリスマスディスプレイ

クリスマスディスプレイ クリスマスディスプレイ

エントランスにも素敵なリースを飾っております。

ニッポンを誇る「和」の素材(横浜校スタッフ)
インテリアスクールのスタッフとして働いている私たち事務局スタッフは、
「普通の企業ではこんなことについてなかなか考える機会ないよなぁ」
と、思うような出来事があります。

毎年のアカデミー恒例行事であり、来月12月10日に行われる公開プレゼンテーションのテーマもしかり。
おととしのテーマは「Let’s Party!」、
去年のテーマは「新日本様式―床の間の今日的提案―」
でした。
「Let’s Party」はともかく、「床の間」がテーマって難しい!
昨年の今頃は、床の間のことをつぶやき悩み(今思うと渋い・・・)、事務局に資料やアイデアを求める生徒さんが多数いたものでした。

では、今年は?というと、今年のテーマは
「新日本様式Vol.2 床の間から和室へ―和の素材―」
と、昨年に引き続き和の素材を使った現代的提案をしなければいけないのです。

そんななか、事務局には、日本内装材連合会様より、
こんなセットが届きました。和の素材「和紙」のサンプル。
やわらかい色や温かみある模様、手触りなど、
日本の素材の良さがとてもよく分かります。

日本内装材連合会様よりいただいたサンプル
日本内装材連合会様よりいただいたサンプル
ご協力ありがとうございます。


また、先日足を運んだ鎌倉には、和紙の有名店「社頭」があります。
小さなお店のなかに、全国各地の和紙はもちろん、和紙の小物も充実しているのですが、
本来「洋」の風習であるクリスマスカードも置いてあり、
外国の方には喜ばれそうな、とても素敵なアイテムでした。

鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮。残念ながら、私が訪れたときには、鎌倉は曇り空でした。
ちょうど今頃が、紅葉の見ごろかもしれません。


普段はあまり気にとめることが少ないけれど、
実は奥深い「和」の素材。
みなさんも、ぜひ、日本の「和」に触れてみませんか?

横浜校事務局
 

町田ひろ子アカデミー
「企業と生徒の交流会&キャリアフォーラム(公開プレゼンテーション)」
2007年12月10日(月)13:00〜(12:30受付開始)
特別ページはこちらから
http://www.machida-academy.co.jp/event30th/index.html
一般の方もご覧いただけます。ぜひ、ご来場ください!


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!

テーブルセッティングセミナーのお知らせ【12/9(日)・六本木ヒルズ】
こんにちは。横浜校 1年担当講師の相馬悦子です。

来月 12月9日 日曜日 に六本木ヒルズのセミナー
アーテリジェントスクールで、テーブルセッティングの
セミナーを開くことになりました。

モデルハウスのお仕事をすると、必ずダイニングテーブル
のテーブルセッティングまで小物を選んでコーディネート
していきます。

その時に、テーブルセッティングもインテリアイメージから
素材やカラーを分析して、形にしていくとまとまります。

セミナーでは、グラビアからイメージをひきだすポイントを
お伝えいたします。

また、テーブルセッテイングと聞くと紅茶やコーヒーを連想
されるかと思いますが、是非中国茶もレパートリーに
加えていただきたいのです。

今回のインテリアイメージはフレンチアンティーク。
そこに中国茶スタイルをミックスさせていきます。
中国茶を実際に飲みながら、そのおいしさにひたって頂きます。
 

 日時 : 2007年12月9日 日曜日 午後1〜3時
 場所 : 六本木ヒルズ アーテリジェントスクール
 お申し込み : アーテリジェントスクールのHPにてお申込いただけます。

 →アーテリジェントスクールHP
 http://www.academyhills.com/artelli/date/071209.html
 

イメージ写真

ウイリアム・モリスを訪ねる旅 inイギリス〜Part2〜(横浜校卒業生)
Part1の続きです。

アイコン すっかりイギリスに魅了され、その気になって英語ペラペラをめざす!

モリス中心の初めてのイギリスの旅であったが、ここに暮らしたいと思うぐらい大好きになった。

まず、町並みやガーデンが美しい!人が(特に老若の男性)紳士!食べ物がおいしい!かつてはまずかったかもしれないが、なんでもおいしくいただけた。そして、大都会ロンドンであることを忘れてしまうほど静寂な公園での沈む夕焼けは一生忘れられない美しさだった。

帰国して、映画「ミス・ポター」ピーター・ラビットの原作者の物語を繰り返し見た。20世紀はじめの上流家庭の暮らしぶりや女性に対しての制約の多さ、そして悲しい恋愛を経て湖水地方の自然を愛し、守るという「出会えたことが幸せ!」と思える映画。

ただひとつ残念だったのは、ポンドが異様に高いこと。地下鉄は便利だが、初乗り約1000円は、痛い!それでも、近い将来きっと訪れる思う。それが旅なのか、留学なのかわからないが・・・。イギリスに、はまっている今こそ英語習得するチャンス!

ブレックファースト

ミス・ポター
 


アイコン イギリス・ロンドンの最新インテリア報告・・・小規模ですが

一応、インテリアコーディネータとして、現代英国のインテリアの動向の報告を。世界的に有名なデパートの老舗「ハロッズ」でミニミニ・ミラノサローネのごとく、広い売り場をくまなく見てまわった印象は、アンティーク部門を除けば、日本とあまりかわらないと感じた。

ただ、ジャパニーズ・デザインへの憧れがあるようで、窓装飾に障子がはめ込まれたり、竹や和紙など自然素材や、妙な「漢字」も目に付いた。あとで知ったことだが、このデパート入店にはドレスコードがあり、リュックサックやサンダルは禁止。いかにも、英国らしい。
(2007年9月9日〜9月17日)

横浜校 1998年 福祉住環境コーディネーター科 修了
横浜校 2000年 インテリアコーディネーター専門科 卒業
村田由美子


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!

ウイリアム・モリスを訪ねる旅 inイギリス〜Part1〜(横浜校卒業生)
アイコン モリスのインテリアは日本では馴染まない?という思い込み…No!

インテリアを学ぶ人は誰もが知っている「ウイリアム・モリス」の魅力に出会う旅に出かけた。

モリスといえば、自然をモチーフにデザインされた「柄〜柄(がらがら模様)」のクロスやカーテンで、提案し難いと思い込んでいたが、モリスのデザイン空間に身をおくことで感動と共に尊敬の念を抱いた旅だった。

モリスのファブリックが醸し出す居心地のよさは、「今日をやり過ごす余裕と明日を生きる勇気を与えてくれる。自然の一部である私たちは自然と共に生きてこそ、いやされる。けれど、自然は厳しい。都会に生きる脆弱な精神を許さない。モリスの装飾芸術は自然をちょうど心に収まる形で見せてくれる。」のである。

モリスはデザイナーであるばかりでなく、当時手仕事に携わる労働者の社会的差別に対して、異議を申し立てる社会主義者であり、また詩人でもあった。

 


モリス    モリス2


テディベア


アイコン 古くて豊かなイギリス、便利で薄っぺらな日本…実感!

イギリスに到着してまず訪れたのがロンドンから西に200キロ、イギリスで最もイギリスらしいカントリー・サイドの風景が残るコッツウォルズへ。

なだらかな緑の丘陵地帯の中に点在する村々には、何百年も前の姿をそのまま残す建物があり、「イギリスでいちばん美しい村」とモリスも賞賛。
また、「はちみつ色の村」とも呼ばれ、ライムストーンでできた切妻屋根の家並み、そこに咲きみだれる花々は「地上の楽園」のようだった。特にバイブリー村の川のたもとに建つ伝統的なスワンホテルに滞在し、心身ともに安らいだ気分になれた。

さらにもう一泊、バイブリーコートホテルは、広大な敷地にある貴族の館のようなホテル・客室は、床があちこち勾配しているのがわかるぐらいの古さと、ゴーストがいても不思議でない趣きがあって、面白がった。

また、ある村ではタイミングよくモリスが提唱した「アーツ&クラフト運動」のイベントも開催されていて、興味深く見ることができ、そのアイテムの一つである銀細工のペンダントを購入した。

その他、ベルを鳴らして入る敷居の高いアンティークショップや中世にタイムスリップしたかのような金物工房訪問など、個人旅行ならではの楽しみ方ができた。

イギリスの田園風景を眺めながら、イギリスの鉄道、それも一等車に乗ってロンドン入りした。その日のうちにホテルから5分のところにある「ビクトリア&アルバート博物館(V&A)」を訪れた。町田校長からも是非!とすすめられていた世界で最大規模の博物館である。

ここにある「グリーン・ダイニング・ルーム」は、モリスが友人たちと設立した「モリス商会」が公式の仕事として初めて受注したもの。生活芸術の展示を観ることを想像していたら、セルフサービスで食事がとれる空間としてオープンされていたことに驚かされた。もちろんここでティーブレイクをし、モリス空間を満喫した。

翌日もホテルから近いので、訪れた。ここのミュージアムショップはかなり楽しい。ロンドン宿泊のホテル・ギャラリーは「THE ENGLAND!」と強調したくなるぐらい重厚かつ格式があり歴史を感じる「本物」に圧倒された。事前にモリス風デザインのホテルと知っての予約だったが、想像を上回った。

スワンホテル

工房


パブ



バイブリーコートホテル

ホテルギャラリー

Part2へ続きます。


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!

現在の状況と学校生活の感想(東京校卒業生)
今年の3月に店舗コースを卒業し、4月から照明メーカーに就職しました。
現在は、商環境部門の営業をしております。

本日は、現在の状況と学校生活の感想を話したいと思います。

現在、勤めている会社には他にもOBやOGのかたもいらっしゃるので、入社時点でmicaの卒業生がどれぐらいのスキルをもっているのが把握されていました。

そのおかげで新人としては珍しく、入社して2週目には自分の担当のお客様を持つことが出来ました。他の新入社員はいまだに自分の担当のすら持っていません。学校で学んだことが全てではありませんが、それが自分の血となり肉となり、今の自分を支えています。

授業風景

先生に相談

在学中は全てのことが真新しく見え、物事をあんなに吸収したのは久しぶりでした。一度、社会に出た後にもう一度学校に通った人は誰しもがそう思うはずです。その時に出来た友人は、学生の頃のそれとは一味違う繋がりを感じます。今月にもクラス会を予定しているので、これからも大切にしたいと思います。

クラスのみんなと。

最初はデザインに関して書こうと思ったんですが、まだまだ新人の自分がそんなことを書くのはおこがましいので、こんな感想文のような内容になってしまいましたが、これからもこの業界で頑張っていこうと思います。

在校中の作品。

東京校 店舗デザイナーコース
2006年度卒業生


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!