Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2008 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
ガーデンデザイナーの庭(横浜校卒業生)
お施主宅で打ち合わせをしているとよくこう言われる。
「原田さんのお庭はステキなのでしょうね」と。

考えればこの言葉が出るのは当たり前。
デザインを考えお金を貰っている者の庭がすばらしく無いはずが無い。

「何が植えてあるのですか?」「毎日お手入れしていらっしゃるの?」「どんな感じのお庭ですか?」はあ〜、自分の庭がどんな庭に分類されるのかなど考えた事も無いが、実際は自然で素朴な庭である。

昨今一般的な言葉で表すならば“イングリッシュガーデン”と言うのであろうか。ただ少しのこだわりは、いろいろな形や色をしたリーフ(葉)を多く植え込み、その葉の中に花を咲かせていると言う事だ。
緑が美しければ花も庭も美しく見えると私は思う。

写真1 写真2

写真3 写真4

写真5

写真は我が庭の春から夏にかけてのものである。
シルバー、パープル、斑入りなどの葉を高低差を付けて植えているため、花だけが主張しない素朴な庭になっていると思う。

現在、ガーデンデザイナーとして多くの庭を造っているが、我が庭のような緑を主役にするイメージがデザインの根底にある。創った小道やレンガ造りの花壇は常に脇役であって主役になってはならないと思う。

ここで幾つか手がけたガーデンを紹介する。

1.中央にウッドベンチを置いたガーデンである。
写真6
ベンチの後ろは沢山の緑葉を植え込み、手前の芝生に挟まれた小道が全体を引き締める脇役になり自然な感じに仕上がっている。

2.モデルハウス入り口の写真である。
写真7
こちらも手前のグランドカバーリーフと後ろのグリーンのボーダーがレンガの小道を引き立てている。小さい白花も良いポイントである。

3.車庫の上の屋上庭園。
写真8
床がコンクリートのため樹木は全て鉢植えにし芝生のみを植え込んだ。花壇として積んだレンガの色とコンクリート製の枕木の色を自然な茶系にしたことで、緑の芝生と葉が主役になっていると思う。

今、私の庭は冬の休息時期である。宿根草は地上の葉を枯らし、色鮮やかな多年草の花もまばら。
写真9 写真10

しかしこんな時は少し遊んでみる。
葉が無くなった場所にネコの置物やストロベリーポットを置き、ライトを内臓したテラコッタボールを飾っている。
写真11 写真12

横浜校 ガーデニングプランナー科 卒業生
原田玲子
原田玲子さん
有限会社 Ki・Ko・Ri Garden Design
http://www.kikorig.com/


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!

インテリアデザイナーとして頑張る日々。(東京校卒業生)
徹夜明けで書いているこのブログ。
最近ますます忙しく締め切りギリギリまでこのブログを書くのを忘れてしまう程だ。

インテリアデザイナーとして去年の5月、都内の設計会社に就職した。
まだアシスタントとしてだが物件も担当しています。毎日本当に忙しい、でも楽しいんだ。大変だけど大学を卒業してmicaに来て今の業界を志して今がんばっている。そんな自分の人生に今はとても満足だ。

もっとたくさんインテリアに触れたいし、もっと大きな物件を担当してみたい。目標は毎日増えていくばかり。

忙しい毎日の中ふとmicaの仲間たちのことを思うことがある。
やっぱり学生の頃は仲間とワイワイ楽しかったなぁ...懐かしく思えてたまに学生に戻りたいなんて思ったりもする。

なかなか忙しくて会えないmicaの仲間たち、同じ業界で働いている人、違う業界、正直今何をしているかわからない人様々だけどmicaで一緒にスタートを切った仲間だしこれからも付き合っていきたいと思うし、いつかどんな形でもいい一緒に仕事もしてみたい。

明日も忙しい仕事が待っているが、将来のビジョンをしっかり持ってこれからもがんばっていきたいと思う。

写真

東京校 店舗デザイナーコース卒業生
池田 雄太

FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!

リフォーム現場見学会(横浜校講師)
11月25日に京急金沢文庫駅近くの物件で行った現場見学会。

この日の見学会は2箇所(1箇所の予定でしたが、施工後の現場も見てもらいたいと思い当日増えました)。建築技術講師が設計した、施工中と、数年前に完成し引渡し済みの物件で行いました。

1箇所目は、実際に施工されている木造住宅耐震リフォームの現場です。
テキストなど机上の授業だけでは分かりにくい部材のおさまりなどを見て工事中の雰囲気を実感してもらいました。

現場では、講師の説明のほかに、生徒自らが発見したり、疑問に思い質問したりと多くの興味や知識を得ることができたようです。

2箇所目は、ペット(ラブラドールと猫)同居リフォームをしたお宅で、クライアントから、使い心地やなどを話していただきました。
生活しているお宅に行くことにより、湿気やペットの匂い対策の内装材、大切な衣類をしまうためのウォークインクローゼット(内装無垢板張り)などが、施工後のイメージは?機能的にはどれだけの効果があるのか?なども体感できたと思います。

現場見学会により、インテリアコーディネーターや建築の仕事が少しでも身近に感じてもらえればと思います。アカデミーの今後の課題、また、プロとして活躍したときの知識や経験の一部となってもらうとうれしく思います。

最後に、1箇所目の見学が終わった後に、突然「これからお伺いしてもよろしいですか?」の問に快く了承してくれ、さらに、生徒にいろいろ話をしてくれたM様、本当にありがとうございました。

インテリアコーディネーター専門科リフォーム現場見学会

横浜校建築技術講師:高橋義秀
横浜校 建築技術講師 
高橋建築設計事務所 高橋義秀


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!