Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< May 2008 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
ある休日の一枚
こんにちは、東京校のスタッフです。

第2回目のブログが巡ってきて何を題材に書こうか決められず、今月行った中で印象強い店舗を紹介してみます。

アカデミーに入社してから、どこかへ出掛ける度に様々な場所のインテリアやディスプレイが以前より気になるようになりました。

普段、デジカメは持ち歩いてないので気が向くとケイタイで何気なく撮影してます。

たとえば・・・。

カフェ@葉山

上の写真は今月に行った葉山。海に面しているカフェでインテリアがアンティークで素敵でした。

次の週は山梨へ出掛けて「ほうとう」を食べたのですが、築130年のけやき造りの民家を利用しているお店でした。写真は食べ物ばかり撮ってしまいました。

カフェ@中目黒

カフェ@中目黒_2

上2枚の写真は近頃よく行く中目黒にある深夜にも和菓子とお酒が楽しめるお店です。

夜中2時頃、甘いものが食べたくなると友人と行ったりしてます。目黒川沿いにあり、大きな窓からは桜の木の様子が年間で楽しめます。

古い2階建ての住宅をリフォームしたお店で、コルビジェ等の椅子が違うデザイン2脚ずつ並んでいて毎回どこに座るか選んでいます。

そして、下記2枚はフランス人の友達が働いている原宿のクレープ屋さん。可愛くてとても気に入ってます。 特に外観のデコレーションとまめに変えているトイレのディスプレイに私はよく目がいってしまいます。

フランス人の感性は可愛いなといつも思ってしまいます。

クレープ@原宿

クレープ@原宿_2

又何処かへ行ったら撮り貯めしておきたいと思います。ぜひお薦めのお店があったら教えて下さい。

それでは、また。


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!

世界のインテリア 〜スイスより〜
3月の卒業式を終えて10日後にはスイスのジュネーブでの暮らしが始まりました。

こちらに来て早々、ル・コルビュジエが設計した「ラ・クラルテ」の修復が6月に始まり、売りに出される物件もあるらしいという話を耳にしました。

賃貸に関しての問題はあるらしく、金額がつりあがると今住んでいる住人は追い出される可能性が。

地元の無料誌にも住人の一人であるコルビュジエのいとこの孫娘が「コルビュジエはラ・クラルテを中流階級の芸術家達が住むアパートと想定していたのに、今噂では1屬10,000スイスフラン(1Frs=100円)と聞くし、彼のビジョンをゆがめている」と話しているのが載っていました。

「売られている=欲しい」とは思いましたが夢のまた夢です。

4月中旬には、スイスのフランス語圏の建築家がこの数年で手がけたコンテンポラリー建築が1週間をかけて一般に公開され、私も行ける範囲で出かけてきました。

知らない人の家に入れるなんてなかなか無い機会です。しかも建築家のガイド付きです。素敵な家具でコーディネートしている家から、小さい子どもがいる共働きの家族の家(散らかっている)まで様々。

その中で一番気に入ったのはパティオのある家で、暖炉のあるLDKは明るく、ご夫婦がインテリア好きというのが伝わってくるコーディネートでした。

スイスより1

スイスより2

庭側には防犯を兼ねてのアルミ製の桟があり、通風や視界の調節ができます。

全般的に、玄関を開けてすぐにキッチンとダイニングがあり、その奥にリビングがある、真中に収納、暖炉、2階への階段、来客用パウダールームがあるケースが多かったです。ほぼ100%壁は白でした。

景色が良い事もあり、カーテンをつけない家が多いのがこちらの特徴。外から見えても彼らは平気なのです・・・。

次は、私の住んでいるアパート屋上にある庭園の写真です。1960年代に造られたアパートで、日本でいう1階にピロティのある入口があり、9階建ての一番上に庭とプールがあります。

アパート屋上1

アパート屋上2

最後にこのアパートの寝室入口にあるシャワーと洗面スペースです(写真は娘の部屋)。

主寝室にはバスタブがあるのですが、各寝室にも身支度が出来るスペースがあるのが特徴です。古いですけど。部屋貸しをする人もいるので便利ですよね。

アパート内シャワー洗面スペース

2007年 全日インテリアコーディネーターコース卒業
町田公美子


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!


あわてず、あせらず。
友人を家に招待すること。
これが家の中をきれいに片付ける手っ取り早い方法です。人が来るとわかれば、ほとんどの人が掃除をし、片付けるでしょう。

2、3日前からわかっていればいつも以上に掃除をすると思います。散らかっている部屋を見せるのは見るのもどちらも嫌な気持ちです。

突然の電話。今から家に遊びに行っていい?1時間くらいで着くから・・・。
こんな時もあせらず、招き入れましょう。でも大掛かりな掃除、片付けは無理。短時間で少しはきれいに見せるコツがあるんです。

まず、玄関。ドアを開けて最初に見る場所。家の顔です。玄関が汚いとその先も・・・、と想像されないよう、まずは靴をシューズボックスへ。
そしてたたきにあるほこりをとります。

玄関マットにスリッパを準備。玄関マットを敷くことは風水で悪い気を払い落とす効果があるそうです。

次にトイレと洗面所。女性は必ずチェックします。ここは時間がなくても手を抜かないように。掃除機、雑巾、歯ブラシ、綿棒。あらゆる道具を駆使して念入りに。メラミンスポンジ。ご存知ですか。かなり優れものです。
水を含ませ軽くこするだけで・・・あら不思議。洗剤もないのに洗面台がピカピカ。水垢がきれいにとれます。100円ショップでも売っているのでぜひお試しを。蛇口を磨くのを忘れずに。そして上質なタオルを置けば完璧です。

そしてリビングルーム。ハンディモップや粘着テープ(コロコロ)などで見えるほこりはとり、掃除機をかけます。カーペットの目をそろえるだけでもきれいに見えます。

最後ににおい。玄関とトイレには好きな香りをたいて、生活臭をなくしましょう。

要は、自分が客になったつもりで、どこを見るか。その場所をきれいにすればいいんです。お客さんはキッチンよりトイレに行く回数が多いですよね。トイレがきれいなお店って、それだけで得した気分になりませんか?汚いとがっかりしますよね。その目線を自分の家に向けましょう。

ただ、あわてないためにも日頃から少しずつきれいにしておくことをお勧めします。


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!

ショールーム見学
今日はショールーム見学についてお話します。

アカデミーでは、コースに関わらず在学中に100件のショールームに回りましょう!と指導しています。将来、プロとして仕事をしていく上で、多くの商品を自分の目で見て、触れて感じる事で増える商品知識は絶対的な武器になります。よりお客様の要望にあったものをご提案できるからです。


さてそんなショールーム見学。全日制のコースでは日中の授業を利用して、午前中に座学で基礎を学び、午後の授業ですぐに実物を見に行きます。
表参道の地の利を最大限に活かしたまさに「生きた授業です。」

昨日は午前中にファブリックスを学び→川島織物セルコンさんにおじゃましました。
株式会社川島織物セルコン

株式会社川島織物セルコン

そして今日は家具の勉強→ご近所の螢▲ぅ妊奪さん →カールハンセン&サンジャパン蠅気
株式会社アイデック

株式会社アイデック

カール・ハンセン&サン ジャパン株式会社

カール・ハンセン&サン ジャパン株式会社

ショップスタッフの方々が人気の商品やトレンド、インテリアコーディネーターに求める事などを丁寧に話していただけます。

生徒のみなさんも初めてのショールーム見学に、興味深々。商品をひとつずつ、真剣に見ていきます。

ショールーム見学後は行ってみて感じたことを発表します。
そんな中多いのが「カーテンひとつとってもこんなにたくさんの種類がある!」という意見です。

学校にはインテリアが大好き!という生徒がたくさん入学していますが、これだけインターネットが普及している今、インテリアが大好き!
という生徒でも知っているのは末端の情報だったりするのですね。

プロとして提案すべきはもうひとつ上の階層での提案です。
よりお客様に素敵!といわれるものをご紹介するために、
私たちインテリアコーディネーターがするべきこと、できることはたくさんあります!

インテリアが大好きなみなさん!これからもがんばりましょうね!

全日インテリアコーディネーター/スタイリストコース
講師 深澤 組個


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!



TBSラジオ「生島ヒロシ おはよう一直線」に町田校長が出演します
みなさん、こんにちは!

来る5月13日(火)に町田校長がラジオ出演されます。
少し早い時間ですが、お聴き逃しなく!

 番組名 :TBSラジオ「生島ヒロシ おはよう一直線」(AM:954kHz)
 日時  :5月13日(火)5:45頃から7〜8分

 http://www.tbs.co.jp/radio/ohayou/

たねを育てる
青山に勤め先が移転してから、新たな出会いがあります。
青山のキラー通り沿いに彫刻のように建つ、ストライプの建物を見たことがありますか?
大学在学中、建築学科の生徒であれば誰もが知っていた「この建物」は、スイスの建築家!マリオボッタ設計の美術館です。この美術館の展覧会は、いつも一味違った視点で興味をそそられていました。美術館の名前は、ワタリウム美術館

その憧れの美術館とご縁ができるとは思ってもいませんでした。
4/26より開始された「Artで街をやさい畑にするProject」に町田ひろ子アカデミーも参加させていただいています。
今回の企画は、フランス人アーティスト、ファブリス・イベールさんの提案から始まり、東京の真ん中、青山、神宮前地区の歩道の片隅や空き地でいろんな野菜を育て、その周辺にアーティストの小さなメッセージを置いています。地面に蒔かれた種が、育ち野菜となって都市に野菜畑として出現するかもしれません!? この試みは、野菜とアートで街を楽しくするもの。
普段何気なく、通っていた道に野菜畑に。そんなことを考えると楽しみが増えます。
でもなぜ、「野菜とアート」なのでしょう? 
そんな疑問を解決しようとイベールさんの講演に行ってきました。
ご自身の作品を作るのと「たねを育てる」ことには、共通するものがあると感じられたそうです。アートも小さな種から生まれ、それらが集まるとアートの森になります。また、鑑賞用の植物とは違い、野菜は種を育て実がなり、人はそれを食べて自分の体の栄養として取り込んでいきます。アートも見て、感じたときにその人の「何か」として心に残っていきます。
 
たねを育てることが自分を育てるようなプロジェクトになりそうな予感。
会期は8/31までです。期間中行われるレクチャーやワークショップも面白そうですよ。

町田瑞穂ドロテア)
町田 瑞穂 ドロテア

FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!