Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< June 2008 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
私だけのお気に入り谷戸
多摩ニュータウンの開発から残された丘陵に休耕田があります。

元田圃に湧き水が流れ込み一年中水が枯れません。春にはブヨブヨしたお玉ジャクシの卵がとぐろを巻き一斉に孵化します。

山桑の赤い実がたわわになり口いっぱい頬張ります。誰も来ないので一人静かに過ごせる至福の時。

2年前近くが公園化されたおかげで水場に育つデリケートなハンノキ(写真中央)が一揆に枯れてしまいました。整備という破戒が悲しいです。

photo1

東京校ガーデニングプランナー科講師
塚部 彰


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!



TBSラジオ「生島ヒロシ おはよう一直線」に町田校長が出演します
みなさん、こんにちは!

来る7月1日(火)に町田校長がラジオ出演されます。
少し早い時間ですが、お聴き逃しなく!

 番組名 :TBSラジオ「生島ヒロシ おはよう一直線」(AM:954kHz)
 日時  :7月7日(火)5:45頃から7〜8分

 http://www.tbs.co.jp/radio/ohayou/


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!

静かで、アウトオブコントロールな 2
去年の春、突然気付いたんです。都市にも自然があることに。

キンセンカの苗をもらったので、植えてみたら、面白かったんです、土いじりって。

面白いので、食べた野菜の種をまいてみたら、芽が出てきたんです。そしたらもう病みつきです。植物の世界に。


【写真1】
植物と暮らしていると、どうしても遭遇するんです。虫たちに。
アオムシにキャベツを食い荒らされて。





【写真2】、【写真3】
クモに玄関占拠されて。


【写真4】
けれども植物は彼等を呼ぶのです。子孫を残すために。


【写真5】
人間の都合と植物の都合、どちらも尊重したガーデンってあり得るだろうか?

でも、そんなガーデンで、都市に緑をもっと増やしたいなと思うのです。


町田ひろ子アカデミー東京校 
ガーデニングプランナー科2007年10月期生
永田 真紀

ペットを飼う?ペットに飼われる?
ペット可のマンションに住んでいることもあり、半年ちょっと前から
当時生後2か月の子猫を飼い始めました。

photo3

photo2

インテリアの学校で働いている割に、家の修繕や間取りには比較的無頓着だった私が「猫のため」を理由にずいぶん家の設備や間取りを考えることになりました。

「網戸の設置」
そうそう蚊が入ってくる高さのフロアではないため網戸なしにしていましたが、窓の外へ飛び出すのが怖いので設置しました。窓サイズが既製品ではないらしく作ってもらうことになり、いい出費になりました。

「襖と障子」
木枠部分を爪とぎに使われるというのは想定内でしたが、思いのほか猫は「角」が好きらしく、障子や襖の木枠の角めがけて爪とぎをします。おかげで紙の部分に爪が行くことがしばしば。

photo5

襖紙に刃物で切りつけたような跡が日に日に増えていきます。当初は木枠部分にテープを貼って爪とぎを防いでいましたが、やはり見栄えが悪いこともあり、思い切って障子と襖を取り外してみました。

photo4

これが殊の外いい感じで、部屋全体の明るさと開放感がぐっと増しました。猫自身も部屋の仕切りがなくなったことで、伸び伸びと駆けずり回っています。

ところが困ったことに、代わりに与えた市販の爪とぎでは飽き足らず、部屋の内側に出っ張った角を所かまわずひっかきまわすので、日々掃除をしても壁紙の無残な残骸が…。

次は壁紙をやめてすべて塗り壁にしようかと画策中です。

photo5

「家具」
リビングに設置したディレクターチェアはお気に入りの昼寝場所にされました。本来は私がリラックスするための椅子ですが、気がつくと猫が寝ているので、あまり座れません。別の部屋に移してもいいんじゃないかと考え始めています。

すべて一人で使ってきた家でしたが、猫一匹増えただけでずいぶん家自体も、その使われ方も変わりました。

ちょっとした変化が、暮らしに大きな変化をもたらすということをここ最近特に実感しています。


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!

静かで、アウトオブコントロールな
もう、三分の二が、終わってしまいました。寂しい。

学校というのは人生のアジール(避難所)でしょうか、なんとも甘酸っぱい空間で、クラスメイトは「旅の仲間」です。

今、旅の途上、新しい景色を共に眺める仲間がいる、その喜びを噛みしめています。

植物好きのひとって、穏やかだけどとっても個性的。じんわりと刺激的。まったく異なるシステムの生命体に興味を持つ人たちですから。

植物は、動物にはわからない「言葉」で会話しているそうです。(そういえば「言葉」という漢字には「葉」が入っています!)

虫に食われると悲鳴をあげたり、害虫を退治する虫を呼び寄せたりしているそうです。

ガーデン「デザイン」といいますが、相手は生き物なので、「デザインされた」ままじっとしていてはくれません。

とんでもなく大きくなったり、暴れたり、枯れ死んだり…。ガーデンデザインとは、ヒトと植物の異種格闘技、いや異種コラボレーション。

植物という、静かだけれども、強い意志をもった「出演者たち」が活躍できる、「舞台」を作ることだ、と思っています。

仕事にできるかどうかは、わかりませんが、植物たちの秘密の言葉が聞こえるようになりたいものです。

真柏 〜ヒノキ科〜

町田ひろ子アカデミー東京校 
ガーデニングプランナー科2007年10月期生 
近藤峰子


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!