Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2008 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
博多祇園山笠
暑くなりましたね。

私の住んでいた福岡では、博多祇園山笠(通称、山笠)が、博多の町に夏を告げる伝統的な夏の風物詩です。『山笠のあるけん博多たい!』です。

博多祇園山笠練習風景
(町内練習かな!?こういう場面によく遭遇します)

山笠は、『流れ舁き(ナガレガキ)』→『他流れ舁き』→『追い山ならし(オイヤマ)』→『集団山見せ』→『流れ舁き』と行事が次々と行われ、7月15日早朝に行われる『追い山』でフィナーレとなります。

祇園・中洲界隈では、7月に入ると法被(流れごと(もしくは町ごと) にそろいの柄)を着た締め込み姿を見かけるようになり、その一帯は期間中、ざわざわとした一種独特の雰囲気に包まれます。

遠くから声が聞こえてきたかと思うと、「オイサッ、オイサッ」の大合唱で『山』と人並みが一気に駆けていきます。沿道では、舁き手(カキテ)に勢い水をまく町内の人、カメラを片手に見物の人・人・人。

博多祇園山笠観衆
(早朝にも関わらずすごい観衆)

勤めていた会社が、山笠のコース内にあった為より身近な存在です。時間によっては大通りをも交通規制するため社用車が出られない、帰って来られない、なんてこともよくありました。

最終日の7月15日は、夜が明け始めた午前4時59分、大太鼓の合図とともに一番山笠がスタート地点である櫛田神社に入る「櫛田入り」。山笠は櫛田入りと全コース(5)でのタイムが競われます。

私は、会社が好位置にあったにもかかわらず、こんなに早い時間だったし、15日が平日だったりで、追い山を見物したのは、2回だけです。(追い山以外は、日中にやっているのでこちらは幾度となく見物したんですが。)

最後の『山』が廻り止めと呼ばれるゴールに着く頃には日が昇り、ギラギラとした暑さ。福岡は、太陽が近く感じます。山笠が終わると、いよいよ夏本番です。

博多祇園山笠『山』
(こちらが『山』です。周りは交代要員)

福岡を離れて約1年半。結婚で仕事を辞め、やることがないと人ってこんなに堕落するんだな、と我ながら感心していた約1年前。

主人が背中を押してくれたことで、学校説明を聞いた翌日に願書を出し、その翌日から生徒になりました。

学校では、刺激し合い、励まし合える素敵な仲間に出会えたこともあり、生き生きしている」と褒められながら学校に通っています。

知れば知るほど奥が深い。どの仕事も共通することかもしれません。学生生活は、残り半分となってしまいましたが、まだほんの入り口付近に足を踏み入れたに過ぎないことを実感します。

今、学べるこの環境と時間に感謝しつつ、この時間を大切にして、もっといろんなものを見てふれて、知識と情報の引き出しの数と質を上げていきたいと思います。

そして、もう決して徹夜はしませんように・・・・。

福岡市営地下鉄『祇園』駅のマーク
(福岡市営地下鉄『祇園』駅のマーク)

町田ひろ子アカデミー東京校
インテリアコーディネータ専門科2-D
井戸真理


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!


町田ひろ子社長セミナー講演
みなさま

町田ひろ子社長が『和のある暮らしのインテリア〜日本の住文化を見直す〜』というテーマでセミナー講演致します。

「和」の暮らしを楽しむためのインテリアコーディネート術を町田ひろ子社長が分かりやすく説明いたします。

参加費は無料ですので、みなさんもこの機会に是非ご参加下さい!

日 時:2008年9月18日(木) 18:00-19:30
会 場:品川インターシティーホール棟 地下1F YKKショールーム品川
主 催:YKK AP
企画・運営協力:蠢麓社

詳細については下記リンク先をご参照下さい。
蠢麓社セミナー情報


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!

これは千と千尋の龍が傷ついて帰ってきたときに
先日、全日インテリアコーディネーター/スタイリストコースの生徒さんと
一緒に【和風建築】の授業で東京都小金井市にある、江戸東京たてもの園に見学に行ってきました。

ここに来るのは3回目。いつ来てもワクワクする大好きな場所です。園内はとても広く、近代から今までの建物が移築(しかもたくさん!)されていて、建築はもちろんインテリアの要素も見ごたえたっぷりでおすすめ。

前川國夫さんの自邸

前川國夫さんの自邸

こちら(上写真)は近代建築に影響を与えた前川國夫さんの自邸です。

この建物は戦時中の物が不足していたときに建てられました。中は吹き抜けで南側に大きな窓があり、明るい日差しがふりそそぐ、とっても開放感のある造りになっています。園の中で一番好きな建物です。

高橋是清邸

高橋是清邸

こちら(写真上)は明治から昭和のはじめにかけて、日本の政治を担った高橋是清邸。

昔のゆがんだガラス越しに見える緑、そしてそのデザインが素敵です。こちら(写真下)は中から見たところ。

千と千尋の龍が傷ついて帰ってきたときに、飛び込む場所のモデルになったところだそうです。(わかりますよね!)

※ちなみにこの江戸東京たてもの園は宮崎駿さんが千と千尋のモデルとしていろいろな場所が使用されています。探しながら歩くのも楽しいですよ。

この日は次の日に課題の発表を控えていたらしく、時間がないのを悔みながら、「時間があればずっといたい!」という生徒さんの声も。

ごめんなさいネ。でも、時間をつくってここに来たという経験が大事です。

私自身もできるだけ多くの物を自分の目でみて、触れる機会をつくって行きたいものです。


追加:そして後日引率を一緒にして下さった西大路雅司先生の「和のあかり展」に行きました。

八女和紙を使用した灯篭が並んでいました。初夏のほんのりと薄暗くなった空に、西蓮寺というロケーションと灯のゆらめきがぴったり。

灯篭

静かで柔らかい素敵な空間でした。(また来年あるといいな…)


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!


学校に通い早一年。

様々なスタイルに触れることにより、好みもかなり変わりました。

しかし埋立地のマンションで育ったせいか、昔からどうも僕は和風なもの日本的なものに殊更惹かれるみたいです。

数年前から京都では町家がリノベーションによってカフェや旅館、ギャラリーに生まれ変わりブームになっているそうです。

僕が今住んでいる静岡県三島市にも、80年前の番傘職人の家を改修した自家焙煎の珈琲屋さんがありちょっとしたお気に入りです。

10人入れるかどうかというこじんまりとしたお店を見渡しながら、「昔はここで職人さんが傘を作っていたのかな」などと想像しながら、淹れたての珈琲を飲むのはなかなか楽しいものです。

昔は三島市は和傘の産地として有名で、和傘の天日干しは風物詩だったそうです。

今は傘といえば洋傘で、和傘は見る機会もあまりなく値段も高く気軽には買えませんが、日用品に「用の美」を見出した民藝運動のように、伝統的な製品はとても温かみがあり使っているとあじが出てきて愛着が沸いてくるものです。

街中で和傘をさしている人は見かけませんが、最近の「和」ブームにのってもっと和傘が広まると雨の日の景色も楽しくなるだろうなと思います。






町田ひろ子アカデミー東京校
インテリアコーディネータ専門科2-E
鈴木暁仁


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!


いよいよGREEN Houseオープン!
創立30周年を機に青山・表参道に移転して1年が過ぎました。

31年目の新たな一歩ということで、来週火曜日の7/8「GREEN House」をオープンします!

突然、聞く「GREEN House」という名前に驚かれるかもしれません。実は、東京校の裏手に小さな古い5階建てのビルを少しづつ改装してきました。

この建物は、1978年に建てられたもので、かつてはエステビルと呼ばれていました。

いつからなのかわかりませんが、全く使用されていなかった為、廃屋と化していた建物にずっと興味をもっていたある日、オーナーが現在の東京校と同じであることがわかり、お願いをしてお借りすることになりました。

改装前は、ある時点から時間が止まってしまった感じがするほど元々あったものがそのまま残っていました。

1階・2階は美容スペースになっていて、シャンプー台や三面鏡がずらりと並び3階、4階は事務スペース、5階は休憩室として使用されていたようで、壁の傷や床の汚れなどを見るとかつての様子が見えてくる感じがしました。

階段室は、カーペットが使用され毛足が長くあまりの時間経過のせいか、まるで何か獣の背中を歩いているような・・なんとも言えない状況で思わず、息を止めて通り過ぎるほど。

そんな状況でしたが、窓から差し込む光や景色はのどかな魅力をもち、語りかけてくるものがあります。

そして全面改装へ。まず壁面には、壁面緑化。「透け感」を大切にし、光を内側の取り込む形を取りました。

GREEN House外観

※詳細は、今月号の「LANDSCAPE DESIGN」に掲載されています。

そして、内装は、東京校と同じ考えで、いろんな新しい材料を使用しサンプルライブラリーとしてもご覧いただけるようにしています。

ただし、このサンプルライブリーどんどん変化するかもしれません。今後も随時興味深い材料があれば実験的にこの「GREEN House」で積極的に使用していきたいと思っております。

それは、人に進める前に自分たちで実験してその特性を理解したいからです。このように「GREEN House」では、いろんな実験をしながら、緑のGREENではなくG・R・E・E・Nな暮らしを提案したいと思っています。

G - Gentle = 親切な、寛大な、穏やかな
R - Re = リサイクル、リユース、リデュース
E - Eco, Environment = 環境保全、保護
E – Entertainment hospitality = 親切なもてなし
N - Neighborhood community = 近所付き合いのような共同体

この思想の下に、今後いろんな活動をして行こうと思っています。
活動の一端は、今回の7/8から7/11のオープニングウィークにてご覧いただけます。

この活動に賛同していただき、卒業生や企業の方々とともに「豊かな暮らし」を実現できれば嬉しいです。

追加情報:オープニングウィーク期間を過ぎても、2階ギャラリースペースでは7/8〜8/7までの一ヶ月間「GREEN+ART」展を開催しております。

5人のインテリアコーディネーター(アカデミー講師)がセレクトコーディネートしたGREEN+ARTそして照明が展示されています。セレクトした商品は購入もできるんですよ!

5人の先生をご紹介します。

深澤組個先生、細井絵理子先生、前田久美子先生、松本恭子先生、若生洋子先生です。

パワースケッチによる展示イメージ
この画像は、パワースケッチで作成した展示イメージです。実際の展示は、見てのお楽しみ!です。

素敵なコーディネートご覧に、気軽にお立ち寄りください。



FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!