Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2008 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
城ケ崎海岸の家
先週末に、中高時代からのお友達の、伊豆高原にある別荘にお邪魔してきました。

昨年竣工したばかりのこちらの別荘。去年も仲良しの友人たちと行く予定だったのですが、仕事で私だけ泣く泣く断念したので、本当に楽しみにしていました。

品川駅から、 伊豆急の踊り子で2時間で到着。そして伊豆高原の駅からタクシーで5分強。別荘というと、車で遠出・・・ともなりがちですが、電車でも気軽に行けるというのがいいですよね。

伊豆高原の麓に位置し、国立公園地域としても指定されている自然豊かな場所で、城ケ崎海岸に続く沿道に開発された地域の一画。

お邪魔した別荘は、若手の建築家さんの作品なんだそうですが、外観は黒の焼き杉のスタイリッシュな雰囲気。

そして内装は、白を基調にした和モダン。天井が高くて、一部は2Fまで吹き抜けのある開放的な空間です。



2Fからリビング側を見下ろすとこんな感じ。



キッチン含め、ダイニングのチェア以外はすべて作りつけのオーダー家具。
空間に無駄なく収められた様子は圧巻でした。


フローリングの巾と、ダイニングテーブルの木の巾がぴったり同じ!



違う木材なのに、一体化されているように見えるから不思議です。庭に続く開口部も、1枚2メートルの巾はあるかと思われる雨戸、網戸、窓ガラス、障子のそれぞれすべての建具が、きっちり引き込めるようになっていて、全てをオープンにして使うことができるようになっています。

縁側まで室内からフラットに作られていて、内部、縁側、お庭を一体化して使える理想的な空間でした。夏にはバーベキューをしたり、テーブルやイスを並べて外で食事をしたり、想像は果てなく広がります。

みんなで素敵素敵〜と騒いでいたら、Japan Livingというハードカバーの洋書に「JOGASAKI KAIGAN HOUSE」というおうちとして、計8ページくらい掲載されたのだとか。すごいですよね。





そんな素敵なおうちにご招待頂けて、インテリアコーディネーターの卵の身としてはいろいろと刺激されました。

ここは建築家さんが作った別荘。空間はすべてスタイリッシュに無駄なく作られていて、別荘としての機能は十分で、完結しています。(ベッドなども置かず、来た人数に応じて布団を敷くようになっています)

でもここを、毎日の住居にするとしたら・・・?さて私だったらどんなインテリアにするかしら、と悩んでしまいました。

この空間にに何を加える?どんな家具を置いたらいい?

最近では、マンションも一戸建てもこうした和を取り入れたモダンな空間が増えてきているように思います。そこにどんなエッセンスを入れたら、
温かみのある、コーディネーターにしか作れない空間に仕上げることができるのか。

現在取り組んでいる課題にも、テーマの一つに「和」があります。

カタログを見て、サンプルを見て、和っぽい素材、デザインを選ぶことはできますが、実際に空間になったときに「素敵!」と思える空間にどうしたら仕上がるのか。

建築家さんと一緒に家づくりをすることになったとき、家を作る建築家さんも、コーディネートする自分も、そして何より実際にそこに住むお客様も
満足できる空間はどうしたらできるのか。

そんなことも考えさせられた週末でした。でもとっても楽しい週末でした。
やっぱり気心知れた友人たちと過ごす時間は、何にも変えられないかけがえのない時間です。

全日IS 
勝浦 真樹子


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!

東京デザイナーズウィーク デザインフォーラム出演決定!
10月30日から東京デザイナーズウィークがいよいよ始まります。
昨年はチーム・マイナス6%の主催のもと、町田ひろ子アカデミー 店舗デザイナーコースの生徒達が「カーボン・ダイエットなあかり展」に提案を行い、その展示は大きな反響を呼びました。
今回はそのデザインの生まれた背景と、この展示がきっかけとなって生まれた省エネ照明デザイン」モデル事業について、環境省 地球環境局 チーム・マイナス6%の林 俊宏さんをゲストに迎え町田校長と対談を行います。
普段ではなかなか聞けない、環境省の方のお話。
お聴き逃しなく!

http://www.machida-academy.co.jp/

東京デザイナーズウィーク2008
来週30日から明治神宮外苑で開催されるのは、今年で23年目になる「東京デザイナーズウィーク2008」。

メインとなる中央会場へはアカデミーから徒歩15分程度です。これは日本最大級のデザインイベントで今現在勉強中の皆さんは必ず見学していただきたい催しの一つです。



昨年は「店舗デザイナーコース」の出展があり、事務局スタッフも期間中は、ほぼ連日足を運んでいました。会場内は、1日では全てを回りきれないほど沢山の見どころがあります。



ちなみに昨年の様子は
こちら。
実はこの「コンビニエンス・ストア」のデザインが実現化する方向で進んでいて環境省ホームページでも今週から紹介されています。 こちらです。 

通常のカリキュラムを進めながら、大きなイベントへの出展準備は多忙のようでしたがこの結果に生徒たちはもちろん、アカデミーも大変喜んでおります。

さて近頃、私は「建築家の展示会」や「新宿パークタワーozone」へ毎月2回以上は見学に行くようにこころがけています。ozoneは自宅から10分程ということもあり、実は今朝も出社前に寄って来ました。

ozoneでも「デザイナーズウィーク2008」の期間中は関連した催しが行われるようです。可愛い案内も自宅に届きましたし、ぜひ又行ってみたいと思っています。



建築物といえば、今月1日に舞浜にグランドオープンしたシルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」にもさっそく行って来ました!

建物が変わった形状をしていて曲線が美しくとてもインパクトがあり、夜はライトアップされるとまた違った印象のする空間でした。



人間の肉体を極限まで使ったパフォーマンスと演技を初めて目の当たりにしました。すべてにおいてクォリティの高い芸術的なプロ集団のエンターテイメントは素晴らしかったです!

太陽のサーカスを魅せる計算しつくされた内装も興味深く見いってしまいました。皆さんも機会がありましたら刺激を受けに、是非行ってみて下さいね。

東京校事務局スタッフ

和風建築
こんにちは!先日まで10月13日のIC資格試験に向け日々勉強でした。資格試験を受けた方々本当にお疲れ様でした。


私は今までの勉強と違い、興味のある分野なので楽しく勉強する事ができました。勿論辛かったですが。。。


私が勉強に集中するために使った場所が市立図書館なのですが、図書館の隣には市の美術館と茶室が!!





大学に通っていた頃から使っていた図書館ですが、全く知りませんでした・・・。恐らく知っていても、あまり興味はなかったかも知れません。


しかし、インテリアの勉強をしてから何事も「見る」事が大切と学んできたので、勉強の息抜きもかねて、茶室の見学をさせていただく事に。


丁寧に説明を受け、茶室がどう使われているのかなど、自分がいかに無知だったかを思い知らせれる結果に・・・。


実際に「にじり口」「つくばい」などを見学、体験し、もっと「和風建築」を知りたい!と思いました。


狭い空間なのに、何故かリラックスでき、初めての空間なのに何故か懐かしい思いがしました。





近年「和風建築」が見直されてきていますが、まず「和風建築」というものを知ることから初めてみようと改めて思いました。


勉強の息抜きで見学をしていましたが、気づけば1時間以上見学に費やし、インテリアだけでなくエクステリアにも目を奪われ、息抜き所か完全な休憩に・・・。



東京でオシャレなショールームを見るのもいいですが、地元の「文化」に触れ、改めて「和」を体験することで、ほんの少し心が安らいだ気がしました。

全日IC 石川 亮太


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!







アカデミー散歩 (Vol .1)
こんにちは!東京校の事務局長でパースドローイング講師の秋山千尋です。

すっかり秋らしくなり外を歩くのが楽しみになりました。

私は時間に余裕があるときには、表参道の東京校までJR原宿駅から歩くようにしています。

どうしても運動不足になりがちのこの頃はますます貴重な時間です。ケヤキ通りは特に気持ちよく木陰を作ってくれます。



つい先週まで道沿いにはピンクリボンのフラッグが並びました。

乳がんを日々の生活の中で意識し、検診を勧める「街」と「人」をコンセプトとする世界的な乳がんの撲滅運動のシンボルフラッグです。

ピンクと白のフラッグはケヤキの緑と美しいコントラストを作って、この運動への力強さと女性達の繊細な訴えを感じます。

この通りはフラッグがとても見合います。

又、時々大通りから外れて寄り道をすることがあります。この建物おもしろいです。



向かって左側の建物の壁面に付いているだけで地面からは何も支えるものがありません。

宙に浮いているようにさえ見えるのです。長さは7〜8mありそうに見えます。

それに、よく見てください。Fixと思われる窓の中は通りに見えるように白く塗られた半開きのドアがディスプレーされています。

でも、その周りは荷物のようなものが押し込まれるように置かれていて、どのような使われ方をしているのかは、解かりません。

最近Webのどこかで、これに似た建築を見たような気がするのですが・・・。
ご存知の方、教えてください。

そう! この季節、この街で実りの秋を見つけました。東京校の裏手に団地がありますが、そこの庭に実のなる木が何本かあります。



これは「ざくろ」のようですが、他に「ビワ」もすぐ横に植えられています。
しゃれた表通りのすぐ裏に秋の青い空に映えてたわわな自然の恵みは、本当に嬉しいホットスポットです。

ところで、「ざくろ」を余り食べたことがないのですが、おいしい食べ方などご存知の方、教えてください。絵画のモチーフとしては見かけますが・・・。

他にもいろいろ見つけたおもしろい青山表参道がありますので、又ご紹介します。

原宿からアカデミーにおいでの方は是非、徒歩をたのしみながらお越しください。

寄り道情報の交換を致しましょう!

See You!


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!









神楽坂フレンチ
お気に入りの街を散策していたところ、道端で健気に咲くひるがおを見つけました。

やわらかい色合いが水滴に映え、とても目を惹きました。



さて、この日は神楽坂でフレンチランチでした。神楽坂には多くのフランス人が住んでいて、このお店の他にも、知っているだけで2件のカフェ的なレストランがあります。



たまにはこんなランチも素敵ですね。神楽坂は、裏の小路が本当に素敵!
気軽に入れるお店を、探索してみたいものです。


少し雨降りだけど、テラス席はわりと埋まっていました。お客さんのものかしら・・・、置かれた自転車も、どこかセンスが光ります。



店内は明るく、賑やかなフランス人ウエイターさんがサーブしてくれます。
ワインもたくさんあって、夜はまた違った雰囲気になるのでしょうか。

シリア、メキシコ、ペルー、ハワイ、ウクライナ、チュニジア、チェコ、デンマーク、スウェーデン・・・東京には世界の料理を楽しめるレストランがたくさんあって、なんて異文化体験都市なのでしょうといつも感心します。

どこのレストランでも、各国の雰囲気が楽しめて、時には一緒にダンスをしたり、お店の人とも会話が弾みます。

こちらのレストランはガレットではなく、お手軽なフランス料理を楽しめます。

タコのマリネにスープ、子牛のお肉を柔らかく煮て、赤ワインのソースでいただいたり。



たまにはこんなランチも素敵ですね。神楽坂は、裏の小路が本当に素敵!

気軽に入れるお店を、探索してみたいものです。

東京校2-Fクラス
在校生


FC2ランキングに登録中。ご協力お願いします! 人気blogランキングに参加中!宜しくお願いいたします。 にほんブログ村のランキングに参加中!ご協力お願いします!