Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
<< February 2011 >>
Latest Entry
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
卒業制作
こんにちは。
IC専門科2-Aクラスの長谷川と申します。
やっと、チラホラ春めいた日も増えてきましたね。うれしいです。
今日はできたてほやほやの、卒業課題のことを書きたいと思います。

◆◆◆

今日(これを書いているのは2月22日)は
ななんと、卒業課題の提出日でした!!!

卒業課題のテーマは「Love community」。
3世代の家族が暮らすマンションのリノベーションプランを、
テーマにそってオリジナルの視点で提案するという内容です。

わたしは両親と兄夫婦、兄の赤ちゃんの3世代をクライアントに設定し、
家族に「3世代で暮らすってどう?」とインタビューするところから始めました。
適度な距離感を保つことや、生活時間の違いを受け入れること、
そのためにクリアにしていく課題など、会話をしていくうちに、
豊かに暮らすためには解決することが本当にたくさんあると実感しました。

実際のお仕事と同じように、
雑誌やカタログを見ながら共通の趣向を探ったり、
プランの途中でも間取りやカラースキムなど都度確認してもらいました。
「あ~本当にこんな暮らしがしたいなあ」という声をチラっと聞いたときには
心の中でと小さくガッツポーズをしてしまいました。笑

◆◆◆

卒業課題と言うだけあって、提出物のボリュームも相当。
来る日も来る日も机に向かっているのに、一向に終わる気配がなく、
「ほんとうにこれが終わる日はくるのだろうか・・」と、
提出の2週間前くらいからもう本当におなかが痛かったです。笑

ラスト数日は、肌荒れ、息切れ、独り言。
右手にはマーカー、左手にはチョコラBB。
やっとの思いで、規定である12枚のプレゼンボードが完成したときには、
「このボードには2年間の日々がつまっているんだ!!」
と、ちょっと涙が出そうになりました。(でも疲れすぎて涙腺乾いてました★)

提出日のクラスメイトの様子は、
最終調整に余念のない人、
寝不足で会話がハイになっている人、
学校にくるのが精いっぱいなほど消耗している人、etc・・
みんな同じ時間を共有しているなあ、と思いました。

でも、タフな私たちは提出後、いそいそとイタリアンでランチ。
数日間みんな一人で黙々と作業をしていたので、
この時ばかりはトークが滝のように流れ出て、
ランチで2時間半もお店に居てしまいました。。

◆◆◆

課題は、もちろん自分の作業1つ1つも大切ですが、
クラスメイトのプレゼンを聞くことも醍醐味の1つです。
同じ課題なのに、考えることは十人十色。
1つの課題で自分の脳内の何十倍以上のアイディアを感受できるのは、
学校で勉強することの一番の利点だと思います。

前回の第3課題で、私がものすごく影響を受けた表現として、
安西さん、高橋さん、井上さんのチームのこのボードがあります。



美しい色彩のカラースキムに、小さいけれど効果的なパースが添えてあります。
この表現の緻密さ、丁寧さに胸を撃たれました。

片やわたしはこのような、



割とごつごつした表現にいつもなりがちです。
この課題ではコラージュみたいになっています。
コラージュはダメよとあんなに言われているのに・・。

繊細で美しい表現をしたいとあこがれ、
卒業課題のカラースキームプランに大きく影響を受けました。
これまでの自分の不足としている部分に挑戦できた気がしています。

提出は今日でしたが、プレゼンテーションは来週。
今回も、クラスメイトがどんなプレゼンをするのかとっても楽しみです!
最後のプレゼンですので、しっかり目に胸に脳に焼き付けたいと思います。


東京校IC専門科2-A 長谷川綾


グリーティングカード

こんにちは、東京校のスタッフです。

やっと、温かい日も少しずつ増えてきました。
春が待ちどうしいですね〜!
卒業式、入学式、結婚式…などなど…寒い日が続いて固まっていると、うきうきすることがほしくなりませんか? 

先日、自宅デスクの引き出しを整理していましたら、懐かしいカードが出てきました。
コレクションしているわけでもないのですが、なんとなく手元においておきたいカードとして残っていたものです。



可愛いですよね。
クマのブルーの手描きの織物模様、赤いハード形のワッペンとリボン、目はボタン、口と鼻は刺繍。
シンプルだけど温かく優しいカードです。
中のメッセージは娘から私の母である祖母に宛てたものでした。



次は、東南アジアのカードです。
クリスマスと新年のグリーティングカードです。
黒い部分は布、絵柄は植物の茎を切って貼り付けたものです。
畑仕事でしょうか、川や海などの水辺での仕事風景でしょうか、遠くまで広がる景色が空と大地の境まで見せてくれます。
改めて見直してとても惹かれました。



これは、ブラジルに駐在していた従妹からのカードです。
コーヒー園の収穫風景でしょうか。
ルソーの絵画のような素朴さと明るい陽気な気質が伝わります。
そういえば、今年は、世界的にコーヒーの価格上昇が見込まれ、話題になっていますね。
今まで呑まれていなかった中国での若い層の需要が増えたことも一因のようです。
中国は人口が多いので、広がるとすぐに影響が出ますね。
このカードのような家族での収穫風景は、
現代でも少ないのかもしれません。



最後に、昨年6月の私の誕生日に頂いた
カードの2枚をご披露します。

ご機嫌です〜!
食べ切れませんね!

下さった方達のお気持ちがたっぷりデコレーションされている嬉しい2枚です。

振り返って、カードを広げてみる時間は、この忙しい時代に大切な潤いの時間だと気づきました。
これからは、機会あるごとにカードを送りまくりたくなりました。
受け取っていただける方を思いながら、カードを選べる時間を楽しみたいものです。

東京校スタッフ

家具選び

こんにちは。
IC専門科2-Dクラスの新井です。

卒業課題に苦戦中ではありますが、友人がマンションを購入したので(うらやましい…)、先日家具選びに付き合って、目黒通りに行ってきました。
今まで、課題で家具をなんども選んできましたが、実際購入するものを選ぶのは初めて。なんだか緊張してしまいます。
友人はすでにいろんなお店を見てきていたり、ネットで口コミを見たりと知識豊富で、先生が最近はお客様もいろいろ勉強してきているからね、と言われるのはこういうことか!と実感しました。
大金を払うのだから、当たり前ですよね。

話を戻して、目黒通りです。行ったことある人は多いと思いますが、目黒通りは小さな店、変わったお店がたくさんあり、とってもおもしろいです♪
私は個人的に家を建てたらこれを使いたいなというお気に入りのダイニングテーブルとチェアを見つけ(写真を撮ってこなくて残念)、友人は気に入ったダイニングチェアとペンダントを見つけました。





やっぱり無垢材の家具は違いますね☆
実際にものを見てみるのはとても大事です。

友人は、床を土に見立て、ラグをグリーンに見立て、あと池ポチャとかも作りたいな〜となんだかコンセプトみたいなことも考えており、毎回課題のコンセプトで悩む私は、自分よりセンスがあるのでは…、とちょっと自信をなくしてしまいました。
ともあれ、お気に入りを見つけ、イメージをつかんだので、後は旦那様とお金とご相談。
ちょっとはお役に立てたでしょうか?

完成した新居に伺うのがとても楽しみです☆

P.S その後、情報を集めすぎて、混乱してしまった友人から、メールがありました。こういうときにいいアドバイスをして、道を作ってあげるのがコーディネーターなのかもしれないなぁと思いました。もうちょっと頼りになれるよう、かんばろう!と思います。

東京校 2-D 新井

地元便り2

こんにちは。東京校スタッフです。

はやくも2月に入りましたね。
寒いのが苦手な私は、誕生月でもあるにもかかわらず、2月は1年でもっとも苦手なのですが、今年は雨や雪が降らないのでそれほど苦痛には感じておりません。
むしろ、今年は晴天続きで過ごしやすいですね。
さて、私事ですが、昨年の11月に引っ越しをしました。
上京して十数年経ちますが、ついに東京を離れて千葉県の松戸市の郊外に住むことに。
以前住んでいたとこに比べると商業施設は極端に少ないですが、かといって不便というわけではなく、飲食店やスーパー、ホームセンターなど生活に必要なものは最低限揃っているし、駅からほんの少し歩くと田園地帯が広がり、付近を通ると素朴な土の匂いが漂ってきて新鮮な気持ちになります。
さらに、家から自転車で5分も漕げば、「21世紀の森と広場」という、とても大きな公園があります。なんと広さは東京ドーム11個分!
この公園は、昔からの自然の森にちょこちょこっと手を加えて作られているので、無理やり感がありません。園内でのお気に入りスポットは、「みどりの里」というエリアで、ここには懐かしい農村の風景が広がっています。畑のそばには小川も流れており、水の中をよく見てみると小魚が泳いでいます。
まるで農村地帯に紛れ込んだような気分になります。
その他にも、縄文時代の竪穴式住居があったり、東京ドームより広い芝生の広場があったり、図書館があったりと、休日に家族で過ごすにはぴったりの場所です。
夏には、密かにカブトムシやクワガタ採集を目論んでいます。