Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< June 2011 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
国立西洋美術館

こんにちは! 東京校事務局スタッフです。
皆さんは、「上野」と聞くと、何をイメージされますか?
「パンダ」、「春のお花見」、「西郷隆盛像」「アメ横」等…

日本最古の公園である、上野公園の中には、不忍池や東京都恩賜上野動物園をはじめ、
数々の美術館や博物館など文化施設があります。
最近まで特別展「写楽」が開催されていた「東京国立博物館」、「国立西洋美術館」
「上野の森美術館」、東京藝術大学大学美術館、リニュアル中の「東京都美術館」など

連日の雨のせいか、モネの「睡蓮」が観たくなって「国立西洋美術館」に出かけました。



「国立西洋美術館」のコレクションは、美術館の前庭に展示されている、ロダンの「考える人」(拡大作)や「カレーの市民」、「地獄の門」も圧巻です。







「国立西洋美術館」の設計は近代建築の推進者である、巨匠「ル・コルビュジエ」。
前川國男、坂倉準三、吉阪隆正を弟子に、現代建築の発展にも重要な役割を果たしたといわれています。
建設されてから、50年以上たった今も年月を感じさせないほどモダンな美術館です。



「国立西洋美術館」は、「松方コレクション」を保存公開することを目的に建てられました。

「松方コレクション」は、第一次世界大戦前に造船業で莫大な財産を築いた、松方幸次郎が若い画家たちに本物の西洋美術を見せてあげたいと思う気持ちから、作品を収集していたといわれています。

しかし、1920年代に入り、金融危機で会社の経営状態が悪化し、苦境を救うために、コレクションを売却。さらに第二次世界大戦で作品は、焼失したり、海外に流出したりと、松方コレクションは数奇な運命を辿ることに。フランス政府に差し押さえられた作品は、戦後日本に、「寄贈返還」という形で日本に戻ってきました。その作品を展示するために1959年に「国立西洋美術館」が建てられました。

14世紀から20世紀の絵画、彫刻まで、モネ、ルノアール、ゴッホ、ピカソなど世界の名品が数多く展示されています。



美術館の中には、ミュジアムショップやカフェも併設されているのでいつでも楽しめます。(チケットを購入しなくても入れます)
7月5日からは、大英博物館「古代ギリシャ展」が開催されます。
「円盤投げ」も初公開されるので、お出かけになってはいかがですか。

東京校 事務局スタッフ


「LooK!」の習慣

インテリアコーディネーター全日コースの伊東です。
入学してから早いもので2か月が経ちました。
たった2か月ですが、その短い期間と思えない程の沢山のことを教えていただき、すでに入学前とは全く別人になりつつあります。笑

これまでと同じ時間に同じ場所で同じことをしていても、色々なものやことに気付くことができるようになったと思います。

カフェでお茶をしているとき、テーブルとチェアの差尺をみたり
買い物をしていて、服よりもお店のインテリアが気になったり
居酒屋さんで、間接照明を探して配置や光の効果を考えたり
家までの道を歩きながら住宅を見て、外壁の種類や雨樋の色を見たり
…キョロキョロしていて、ちょっと不審者っぽいですが…

わざわざ教科書を開かなくても、辺りを見渡すだけで学んだことを復習できてしまうので楽しいです。
そして、勉強している内容が自分の生活に常に直接関わることばかりなのだと実感しています。

初日のオリエンテーションの校長先生のお話にあった『Look!  Look!  Look!』。
授業や課題でいっぱいいっぱいになりがちですが、(カフェだけは、やたら行ってます笑)

表参道という恵まれた環境で過ごせるこの一年を無駄にしないように、どんどん出掛けて、見て、たくさん吸収したいです。

最後に、やたら撮りためている写真の一部を紹介させていただき失礼します♪

表参道駅のechikaでの夜ごはん ↓


Cargo Rice Kitchenでランチ↓


代々木公園のジャマイカフェスタ↓


実家で咲いたバラたち↓



東京校 IC全日コース 伊東

「けや木通り」の夜の様子
こんにちは、事務局スタッフです。
今朝のニュースでは、アメリカのワシントンで9日、記録的な暑さで38度を越えたとありました! 6月としては137年前と並ぶ過去最高の暑さだそうです。
6月にこの気温ですと7月以降はどうなるのでしょうね。
節電でこの夏をどのように乗り切ろうかと思案中の日本にとっても、“ワシントンっ子”の暑さ対策の知恵に注目したいですね。
ところで、皆さんの街の夜はどんな様子ですか? 
アカデミーからすぐの表参道「けや木通り」の夜の様子をご紹介します。


歩道橋の上から撮りました。
以前よりも勿論暗くなっていますが、かえって落ち着いた雰囲気で、ウインドーが浮き上がっています。
現在のこの通りは、ショップからの過剰な音楽も聞こえず、けや木の優しいオーラに包まれたとても自然な空気感が魅力です。
各ショップの照明効果も印象的です。

これはラルフローレンの前です。
明るさを抑えた実にしっとり、風格を感じさせる明かりです。


ルイ・ヴィトンのショップです。


ここが又、煌々と光っているのです。(?!)
ウインドーの一部は、アカデミーの全日コースがディスプレーの授業でやっているピンワークという手法で布をきれいにドレーピイングしています。
いつも注目のディスプレーです。
3月11日以降、節電対策で広告塔の照明が消えていたり、ショップの照明も押さえられて暗くなり、当初は少し不安な気持ちを感じられたと思います。
しかし、最近はこの薄暗さにも少し慣れてきました。以前はインターネットで地球を俯瞰すると日本はピカピカに明るい島に浮き出ていました。明るいことに慣れ過ぎていたかもしれません。
これからは個々のショップが主張する照明効果ではなく、環境を演出する効果で人々に街を歩く楽しみのための照明を見せてほしいです。
歩く人の表情はあまり鮮明には見えませんが、人々を包む空気が見える…と、思います。


夜の散歩にお越し下さい。
気持ちよいですよ!


東京校 事務局スタッフ

全日インテリアコーディネーターコース クラス委員長より

皆様、初めまして!
全日ICクラスの委員長をさせてもらっております、小川 寿樹(ヒサキ) と申します。
ニックネームは、oliver で、髪型はワンレンのボブです。
かなり特徴的だと思いますので、見かけたら声かけて下さい。

突然ですが、先日、友人の結婚式出席のため、福岡県の実家に帰りました。
結婚式は、ものすごく感動しまして、幸せな気分になりました。

↑式場にあったシャンデリア

↑式場にあったカワイイ絵

また、姉が出産のため、2歳の姪っ子を連れて帰っておりましたので、姪っ子と遊んだり、お風呂に入れたりと、少し子育て気分を味わってきました。
子供は可愛いものです。
なぜか、姪っ子にものすごく気に入られています。

さて、私達全日クラスの紹介ですが、男子15人、女子24人、計39人のクラスです。
女の子の人数が多く、平均年齢も若いため、毎日にぎやかです。

↑飲み会でのひとコマ

入学して、約一ヶ月半が過ぎ、学校にも随分慣れてきました。
1年間で卒業ということもあり、学ぶことが多く、課題に追われる毎日が続いておりますが、みんなインテリアのプロになるため、日々、奮闘しております。

そんな全日クラスの面倒をみて下さっている担任の先生が、深澤 公美子(組個) 先生です。
私達のお母さん的存在です。
お母さんの授業は、とてもわかりやすく、とてもおもしろいです。
お母さん、まだまだ未熟な私達ですので、これからもバシバシ鍛えて下さい。


現在取り組み中の課題は、ベッドルーム、リビングルーム、ダイニングルームのコーディネーションです。
みんな、グラビア探したり、サンプル集めたりと、大忙しです。

来春には、みんなそろって卒業し、インテリア業界で活躍できるよう、精一杯頑張っていきますので、弟、妹分を宜しくお願い致します。

東京校 全日IC 小川 寿樹