Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2012 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
祝!就職

こんにちは!
町田ひろ子アカデミースタッフです。

続々と!
続々と3月17日に卒業されたみなさんから就職内定の
報告をいただいています。

本日も4名の報告がありました!
本人はもちろん、アカデミースタッフも先生も本当にうれしい報告です!



これは事務局の前に貼られている掲示版。
就職が決まる度にこの花が増えていきます。(昨年度もお知らせしましたね)



こちらは、3月31日まで行っている卒業制作展(3/19〜3/31)
卒業したみなさんの集大成でもある卒業制作を展示しました。

ここで少し全日制のクラスのみなさんの卒制の様子をご紹介します。
1年前の4月、全日のインテリアコーディネーターコースに入学された皆さんは、大学生・異業種から、上京して…など様々は背景の方々でした。

インテリアの知識は少なくても、
インテリアを学びたい!という気持ちが全面にあって、
ワクワクした表情で、インテリアの学びをスタートした皆さん。



3月の卒業制作プレゼンテーションでみなさんが発表したプラン、
入学前には、「こんなこと本当にできるんですか?」と心配していた方も多かったですね。



毎朝一番に学校に来て、朝時間を有効に活用していた方や、



忙しい中、美術館等にも足を運ぶなど、時間を有効活用したり、



大きなイベントと、課題のプレゼンの日程が短くても、
投げ出すことなくきっちりとお客様へのプレゼンテーションしたり、



勉強と家庭を両立させ、いつも安定した心持ちで、
みんなを支えてくれていたり、



柔らかな雰囲気がそのまま卒業制作課題に反映され
ボードを見ただけで幸せな空気感を漂わせたり、

ほんの数人の卒制プレゼンテーションの様子を振り返るだけで、
1年で人はこんなにも成長するものだと、感心させられます。

インテリアの仕事を新しく始める皆さん!
アカデミーはいつでもみなさんの事をWELCOMEの気持ちでお待ちしています。
近況報告や、たまたま表参道にフラッときました、など
ぜひぜひ顔を見せに、遊びに来て下さい。

東京校スタッフ

2011年度卒業生 「卒業の言葉」

本日はこのような盛大な卒業式を開いて下さり、ありがとうございました。
私が2011年4月にインテリアコーディネーターコース全日制に入学したのは、ついこの間のことのようで、本日卒業を迎え、このような機会を頂いたことが少し信じられません。



それほど、アカデミーで過ごした1年は濃縮された、楽しい時間でした。

昨年1年は夢を叶えるために、本気で没頭する年にしよう、そう決意し思い切って仕事を辞め、アカデミーに入学いたしました。

課題が厳しいとのお話の通り、真剣に向き合えば向き合うほど、本当に休む暇もないぐらいの課題の量で、寝不足が当たり前、という日々。でも不思議とやめたい、逃げたいと思うことはなく、最後には楽しい!と達成感を持ってやり遂げることができました。
それは、熱心に課題を見てくださる先生方、優しくサポートしてくださる事務局の方々、そしてほとんど一日を一緒に過ごしたクラスメート、皆様が周りにいてくださったからこそ、成し得たことだと思います。

線一本引くのもままならない、クール&クリアというインテリアイメージさえ湧かない私たちを、優しく熱く分かるまで教えて下さり、卒業制作という大きな作品を仕上げることができるところまで導いて下さった先生方。アカデミーの先生方の授業は、明日は何の授業だ!と心待ちにするほど、本当に毎回楽しい授業でした。課題で煮詰まっていても、ときには厳しい時もありましたが、優しく方向を示して助けて下さり、先生方でなければここまで頑張れませんでした。

また、就職や日常の些細なことまでサポートしてくださった事務局の方々にも幾度となく助けていただきました。いつも遅くまで自習室に残り、確実にご迷惑を掛けてしまいましたが、最後まで優しく見守って下さり、嬉しかったです。

そして、一番多くの時間を過ごしたクラスメートの仲間。楽しい時はもちろん、アイデアが思いつかない時、とにかく疲れて苦しい時、刺激し合い、励まし合い、助け合い、仲間がいなければ出来なかったことがたくさんありました。



そうやって、全員が真剣に取り組んだ成果がみられるプレゼンの日は、自分の発表への緊張も含め、とても楽しく、この学校に入ってよかったと感じられる瞬間でした。
このような本当に恵まれた環境の中で、勉強に没頭することができ、本当に貴重な1年間となりました。お世話になりました皆様、本当にありがとうございました。











これからはアカデミーで培った知識を生かし、多くのお客様の暮らしに夢を与えられるようなプロのインテリアコーディネーターとして活躍していきたいと思います。
そして、いつまでも「Look!Look!」の精神は忘れず、いつもアカデミーに入学したころのような新鮮さを持っていようと思います。



平成24年3月17日
卒業生代表


〜あとは卒業式…〜

3日に修了制作のプレゼンテーションがありました。
今年に入ってからこの日まで修了課題中心の毎日でした。
GP科は仕事しながらの方もいるので、よくぞ仕上げてきたと感動しております。
その課題発表の順番についてお話します。
順番ってけっこう重要な問題です。
自信がない時ほどなぜか1番が当たり、散々な思いをしてきました。
今回は8番目。よかった。
と思ったのもつかの間、みんなの発表内容や先生方の指導が頭の中をめぐり、ドキドキ落ち着かず、おぼえたセリフはもうどこかへいってしまいました。
1番のプレッシャーより持続する緊張が身体に悪い気がしま…。
そんな小さな事から大きな事までいろいろあった一年でしたが、それでも
ここまで来れた私たちに拍手と教えていただいた先生方に感謝して、これからの就職に生かしたいと思います。
すでにガーデン関係に就職を決めた方、おめでとうございます!
今回のGP科代表である長谷川さんの作品の一部を紹介します。







私たちGP科自慢の作品です!
いよいよ卒業式を残すだけとなり、充実した一年をしみじみ思い出してます。
いっしょに学んだ頑張り屋のみんなとはこれからも励まし合えたらと思ってます。
最後に教えていただいた町田校長はじめ多くの先生方、いつも面倒をみてくれた松澤さんはじめ事務の方々に心から感謝致します。
ありがとうございました!!

ガーデニングプランナー科 志摩 恵

六本木ヒルズ49階で学ぶ災害対策

こんにちは、アカデミースタッフです。
だいたい事務局に詰めているアカデミースタッフですが、
こんなこともしているんですというお話です。

3月8日六本木ヒルズ内アカデミーヒルズの49階で行われた、
麻布法人会様の災害対策セミナーに出席してきました。
昨年の震災以降、アカデミーでも災害対策チームを作って対策活動を行ってきているんです。その一環としてのセミナー参加です。
港区内の企業を対象にした災害時の人の動きや、対策計画の話を
1年前の震災時すでに万全な対策をしていた森ビルの例など交えたセミナーです。
さすがアカデミーヒルズ、入り口の感じは高級感漂います。



セミナーで序盤は昨年の震災時の森ビルの対応とその後の対応について。
続いて、災害対策研究をされる東大准教授による帰宅難民についての研究や
その防止策についてのレクチャーでした。



企業経営者向けということでしたが訪れる方の年齢層は割と幅広かったように感じます。
セミナー終了後、49階からの眺めを写真に収めておきました。





建物の関係で町田ひろ子アカデミーのある共和五番館は見えませんでした。。。
終了後しばらくはエレベーターが混雑で帰れず。この原稿を書きながらエレベーター待ちです。



改めて思ったのは。災害が起こったとき単にその場から動かないのがよいのではなく、自己判断で安全な場所を探してそこから動かないようにすることなんです。
ちょうど災害から1年たったところで改めて皆さんも災害について考えてみてもよいのかもです。

東京校 事務局スタッフ