Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
旧岩崎邸

こんにちは。インテリアコーディネーター専門科の笠原です。

早いもので、私の学校生活も残り少なくなってきました。思い返せば、いつも課題に追われ大変でしたけど、それが終わってしまうと思うと、今となっては寂しく思えてきました。

ちょっと前ですが、お友達と一緒に「旧岩崎邸」を訪ねました!先生が授業の中で、お薦めスポットとして紹介されたのがきっかけです。

駅から標識を頼りにこんなところに??という道を進むと入口があり、さらに長いアプローチを進むと、視野が開け大きな建物が見えてきました。 たまたま、訪ねた日は華道の作品が展示するイベント期間でしたので、とても華やかな雰囲気でした。

「旧岩崎邸」は三菱財閥の邸宅ということは知っていましたが、正直どんな建物なのか全く知りませんでした。
建築物としても有名で、三菱財閥3代の岩崎久弥がジョサイア・コンドルに設計を依頼し建てられ、明治29年に竣工したそうです。ジョサイア・コンドルといえば!東京駅を設計した辰野金吾の師。ICテストのテキストにでてきた人物です。勉強したことが結びついてちょっと感動!



建物も素敵だったのですが、私が一番感動したのが「壁紙」です。
「壁紙」!?と思われるかもしれませんが、そんじょそこらの壁紙ではありません!というか、実際にこれが紙でできてるの??と言う感じです。紙というより皮に見えるのです!

ガイドさん(無料ガイドがあります)によりますと、これは「金唐革紙」というものだそうです。

江戸時代ヨーロッパの宮殿の壁や天井に使われていた装飾革が伝わります。革に型押しし、彩色が施されたもので、「金唐革」とよばれ、大変豪華で高価なものだったそうです。それを、どうにか日本の和紙で加工できないかと模造が始まったそうです。 革を和紙で作ろうなんて、やっぱり日本人はすごい!しかも、その精度の高さに感動です!

その後、ヨーロッパの博覧会でその技術知られるようになり、革よりも安くて綺麗な日本の金唐革紙がヨーロッパで売れるようになり、日本から大量に輸出するほどになったそうです。


写真 HP:金唐紙より

実際に見ていただければわかるのですが、これ本当に紙?? と思ってしまうほど革のように厚みがあり、色彩も豪華でとても素敵です。こんな技術が日本にあるとは!と驚いたのですが、実はその技術は一度途絶えていたそうで、今の岩崎邸の壁紙は「復元」されたものだそうです。この話を聞いて、日本人の技術の高さに改めて感激したのと、復元できて本当に良かったと思いました。

この質感は、なかなか言葉や写真では表現できないので、是非本物を見にいらしたらいかがでしょうか?



インテリアコーディネーター専門科2−A 笠原

海外通信<ベルギー編> 「切手」
海外通信では、海外で暮らす町田ひろ子アカデミーの卒業生が、現地で感じる日々のことをレポートします。



東京校第23期生として昔懐かしい赤坂校で学びました増子(旧姓小熊)です。

インテリアの仕事からは離れてしまいましたが、ヨーロッパに住む機会を得たので、ここブリュッセルからさまざまな気づきをいち生活者として発信して行きたいと思います。

読者の方に楽しんでいただけるとうれしいです。

今回のテーマは切手。



これはベルギーの国外向けの切手です。
厳密に言えばEU圏以外。

よく見ると金額らしい数字は「1」しかありません。

でもこれ「1ユーロ」ではないんです。

最低価格を示す数字なんです。
わかります?

つまりこれが貼ってあれば、定型サイズならば、いついくらで買ったものでもOKなのです。
(定型外サイズ用に「2」とか「3」もあります。)

日本のように料金が上がるたびに買い替える、または買い足して数枚貼るより、常にこの1枚を貼るのはとてもわかりやすくスマートな気がします。

ちなみに、私が年末に切手を買ったときは1枚1.29ユーロ、
実は今年1月1日に値上がりしたようで、今買うと1.34ユーロです。

こうして買うタイミングがよければ得をする、
悪いと損をする、ということは起こりますが。

ちなみに5枚以上のまとめ買いをすると割安になります。
1枚の金額が昨年なら1.19今年だと1.24ユーロ、という感じです。
1,000通分も送らなくても5通分から割安になる、というのは、お得感があっていいですね。

身の回りにはややこしいこと、工夫すればもっと良くなることがたくさんある気がします。

でもコトをシンプルにすることは、難しく考えなくても、案外今回のような小さな気づきの中にヒントがあるのかもしれませんね。

参考サイト:ベルギーの郵便局 bpost

東京校卒業生 増子 晶子

東洋文庫ミュージアム

こんにちは! 東京校事務局スタッフです。
早いもので1月も半ばが過ぎ、皆様には、すっかり通常の生活ペースに戻られて、毎日過ごされることと思います

先日、昨年新聞に載っていた「東洋文庫ミュージアム」に出かけました。
なぜ気になっていたかというと、
・通勤途中の駅から歩いて行ける場所にある。
・世界最長クラスの18メートルの展示ケースがあること。
・小岩井農場がプロデュースしている、併設のカフェがあること。
の3点でした。

場所は、都営三田線「千石駅」で下車し、複合ショッピングセンター「文京グリーンコート」を通り過ぎ、「駒込警察署」の隣りにあります。



周囲には、学校などあり、JR「駒込駅」からも歩いて8分ほどです。

「東洋文庫」は、三菱第三代当主である「岩崎久彌」が、(現在の貨幣価値)約70億円でG・E・モリソンのから蔵書を購入し、自信の和書や漢籍を合わせて1924年(大正13年)に設立しました。日本で最古・最大の東洋学の研究図書館です。
アジアに関する蔵書は、モリソン文庫と岩崎文庫をはじめとするコレクションと、国宝5点、重要文化財7点を含む約100万冊にのぼります。



蔵書は、「東洋文庫ミュージアム」と「閲覧室」で一般公開されています。
2011年10月に、「東洋文庫ミュージアム」は、2011年10月にオープンし、身近に蔵書や珍しい絵画に親しめることになりました。



「東洋文庫ミュージアム」は、まず入り口を入ると、右手に「ムセイオンの泉」という池があります。そしてミュージアムショップ「マルコポーロ」があり、奥に東洋文庫のエントランスともいうべき「オリエントホール」があります。世界各地の様々な言語で書かれた本や江戸大地図の展示があります。
吹き抜けの階段を上ると、天井まで本が並んで圧倒されそうな「モリソン文庫」、杉田玄白の「解体新書」のデジタルブックや間宮林蔵が作った蝦夷の地図など教科書でみた懐かしい記憶も蘇りました。「回顧の径」には、東洋文庫の最古のお宝「甲骨卜辞片(こうこつぼくじへん)」という漢字のルーツを展示しています。また、「国宝の間」には浮世絵や77種の「東方見聞録」のコレクションがあります。



ミュージアムの中はフラッシュ撮影でなければ、写真も撮れますが、出来上がりがよくなかったので、HPをご覧下さい。
http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/

館内のインテリアもはじめ、外壁には東洋文庫と刻まれたタイルや唐草模様のレリーフなど見応えたっぷりです。



ミュージアム見学後は、「知恵の小径」を歩き、小岩井農場がプロデュースの「オリエントカフェ」に行き、シーボルトゆかりの植物が植えられている「シーボルト・ガルデン」を見ながら一休み。中庭には彫刻もあり、リフレッシュできます。



小岩井農場は1899年に岩崎久彌が場主になったことで東洋文庫に併設されている理由がわかりました。メニューも東洋文庫にちなんで、「マルコポーロセット」、「プチャーチンセット」のネーミングです。
カフェのカウンターは小岩井農場に植えられている樹齢100年のカラマツです。



東洋文庫の近くには、江戸五大将軍徳川綱吉が川越藩主「柳沢吉保」に与えた庭園「六義園」があり、時を忘れての一時を持てます。
ちなみに六義園は、明治時代には、岩崎久彌の父である、岩崎彌太郎の別邸でした。
東洋文庫では、六義園との共有チケット(割引)も売っています。

是非、日本最大級の本のミュージアムと名園にお出かけ下さい。

東京校 事務局スタッフ

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!
インテリアコーディネーター専門科2-Cの田中征洋です。

年が明け2013年になりました。
大晦日は都内の岩盤浴や温泉などが色々ある施設に行き、フィンランド式サウナのロウリュウで今後これ以上の汗をかくことはないだろうというくらい大量に汗をかきながらスッキリと新年を迎えました。
男2人で。。。ふふっ

そして、まぁ年末年始なんて色々あるしブログに書くネタ満載なんだろうなぁなんてのほほんと過ごしていたのですが、思い返してみたら特にたいした事してないなと思い、とりあえず家の近所を散歩して来ました。

去年の11月に引越してから家の周辺にほとんど行ったことがなかったのでいい機会だと思い、ひとりモヤモヤさまぁ〜ず気分でとりあえず近所にあると聞いていた神社に参拝に行きました。



参道が長い...


参拝してからおみくじひきたいなと思ったんですが、おみくじはもう終了しておりモヤモヤしたまま神社を後にし歩いていたら、なんか現代風な建物の観音様を見つけ、よく見たらおみくじの自販機がありワーオって気分になりました。





しかもこれはきっとお金を入れたらガッチャンガッチャンってなって中の歯車がグルグル回っておみくじが出てくるユニークなやつだ!

面白そうじゃないかと思いお金を入れたら、歯車がほんのちょっと動きポトッっておみくじが出てくるだけというまぁ虚しくなるやつでした。

こっちはひとりなんだぞ、余計虚しいじゃないかとか思いながらおみくじを開いたら...



大吉!

僕はそのおみくじ自販機が大変気に入りました。


その後近くの河川敷まで散歩し広い空を見ながら今年はどんな年になるかなとか考えながら帰りました。



学校生活もあとほんの数ヶ月。
卒業までに学ばなければならない事、学びたい事、そして課題。。。
きっとあっという間に卒業の日が来るんだろうと思いますが、学校生活を振り返ってみると改めてこの学校に入って良かったなと思います。

初めて教室に入った時は男性が少なく、なんてハーレム...
じゃなくて少し不安な気持ちにもなりましたが、初日にその不安は消え、今ではクラスが本当に居心地のいい場所です。

そんなみんなが卒業後も行きたい道に進みハッピーになれるようにと神社でお祈りしようと思いましたが、忘れました。すいません。

まぁみんななら大丈夫でしょう。

ということで皆様良いお年をお過ごしください。


今年もよろしくお願いします☆


インテリアコーディネーター専門科2−C 田中征洋

迎春、今年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。
本年も皆様にとって、これまで以上に輝かしい年となりますよう心からお祈りいたします。
東京校スタッフ一同、一層元気に、そして力強く皆様の夢の実現に支援して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

新年恒例の大学箱根駅伝は、昨年19位から快挙の躍進、30年ぶりの日本体育大学の優勝、本当に素晴らしかったですね! おめでとうございます! 
チームで作戦を練り一人一人が大学の名を背負って、箱根の道をその重責を走りにこめて登り、下って行く姿は、毎年このレースを楽しみにしている人々に新しいエネルギーと勢いをくれます。
http://www.hakone-ekiden.jp/



今回の復路での強風やアクシデント、予期せぬ事はいつの時にもあるのですが、棄権者には本当に厳しく胸が痛くなります(涙…)。
それでも、走るランナーも応援する我々もこの駅伝を見ながら、いくつものドラマを一瞬の内に味わい駆け抜けますね。今年は特に、忘れないでしょう。
http://www.yomiuri.co.jp/photonews/sports/article.htm?ge=642&id=180047

さて、皆様は年末・年始をどのように過ごされましたか?
私は、年末31日に「お蕎麦」を食べに、鎌倉へ行きました。何度も来ている鎌倉ですが、12月31日は初めて。人出は、普段の休日ぐらいでしょうか、それでも年末のやさしい日差しが何か穏やかで平和でした。
お目当ての小町通り「なかむらや」さんは、この日は持ち帰りのみとのことで、諦めて鎌倉宮近くの「千花庵」さんへ。鎌倉駅から歩くこと約20分。          




外で待つこと20分、席について更に待つこと20分。あまりに待ったので、
「てんぷらせいろ蕎麦」が出てきた時には、夢中になって食べてしまい、写真を撮り忘れてしまいました(!)。しかし、待った甲斐ありのお蕎麦の味と、てんぷらの美味しかったこと。海老は衣薄くも本体は大きく、これまた嬉し。野菜のてんぷらの種類も豊富。紫大根(?)やカブ(?)も、甘いた玉ねぎのかき揚げ達と共に、美味。
因みに、海老は別注文でした。
たっぷりのお時間と空腹が揃いましたら、一度お出かけください。



お腹が満ちたところで、帰りの道で鶴岡八幡宮へお参り。2010年の3月に倒れた「大銀杏」。
樹齢は一千年とも。神奈川県の天然記念物。
倒れたことは、知ってはいましたが、その姿にショック! 
それ以来、来ていなかった訳…で!
神社への長い石段途中で、張り出した銀杏の枝にリスが遊んでいたのを何度も見ていたのですが、すっぱり切られた大きな根を残した姿に唖然。
その上の5〜6メーターの株がすぐ隣に移植されてありました。
どちらにも、新しい若芽が伸び始め、生命の伝承が行われていました。







駅伝も、銀杏も「繋ぐ」姿が目に焼きついた今年のお正月でした。
良いお年をお迎えください。

東京校 事務局スタッフ