Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2013 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
ガラスの小物たち

こんにちは!東京校事務局スタッフです。
雨の日が続くこの季節ですが、早いもので2013年も折り返しに入りました!

来週、7月には、
専門科2年生は、第1課題「分譲マンションのプレゼンテーション」が各クラスで始まり、インテリアコーディネーターコース(全日)は、第1回目の就職ガイダンスがスタートします。
卒業はまだまだ先と思うかもしれませんが、学ぶことの多い学生生活はあっという間に過ぎてしまいますね!
新学期がスタートして、2ヶ月あまりですが、生徒さんの成長ぶりに先生やスタッフそしてご本人自身も驚いているのでは…と思います。
授業の様子も見学出来ますので、どうぞお気軽にご来校下さい。

→7月のスタッフおすすめの授業見学はこちら

さて、話は変わりますが、
雨の日を皆さんはどのように家で過ごされていますか。
この季節ならではの「アジサイ」を見ながら、お気に入りの音楽を聴いて、ワインを楽しんだり、「旬」の「さくらんぼ」や「ブルーベリー」もおいしいですね。食べ始めると止まらなくなるので、いつも困っています!





曇りがちな季節には、さわやかさや涼しさを演出するようにガラスの食器などを使います。このロブスターのお皿は、スウェーデンのガラスメーカー「コスタボダ」の商品で、サラダやお刺身をのせたりしています。
猫の箸置きも添えています。



また、洗面所には、フィンランドの代表的な建築家、デザイナーのアルヴァ・アールトがデザインしたイッタラのフラワーベースと海をイメージしたアロマキャンドルを置いています。実はこのフラワーベースは花瓶としてではなく、歯ブラシと歯磨きを入れるのに使っています。フィンランドの湖をモチーフにした曲線が小物入れなど多目的に使うことが出来て便利です。



一番のお気に入りは、宮古島のお土産屋さんで買ったものです。我が家の犬にスタイルがそっくりで、仲間のようで即買いました。



ガラスの小物ひとつでもインテリアが楽しくステキになりますね。
家の中で季節を楽しみ、梅雨を明るく乗り切りましょう!

東京校 事務局スタッフ

ある日の全日制授業風景
こんにちは。東京校事務局スタッフです。関東は数週間前に梅雨入りをし、綺麗なアジサイを見かけるようになりました。傘やアスファルトにあたる雨音が、様々な音色を奏でているのが素敵だなぁと思ってしまいます。皆さんは梅雨の時期、どんな発見がありますか?アカデミーの生徒さんは、窓に降りかかる雨の中、一枚のボードに向かい、作品作りをしている最中です。
スチレンボードと呼ばれる、目の細かい発泡スチロールの真っ白な板があります。
あなたはその一枚を使って、何を作りますか?
ボンドがあります。カッターがあります。薄いトレーシングペーパーがあります。
しかし、その他は何もありません。
さて、何を作りましょう?



こちらは全日制の「基礎造形」の授業風景です。テーマは「気配もしくは、梅雨」。皆さん、4月に入学したばかりの一年生です。



身の回りには様々な「素材」があります。インテリアコーディネーターとして働く中で、「素材」は大切な要素です。それぞれの素材の特徴を理解し、更にその特性や特徴を活かしたデザインをする。その姿勢を学ぶ授業でもあります。この日は「素材の特性」に着目しました。最初からイメージを持って作品に取り組む生徒さん、手を動かしながら試行錯誤する生徒さん、友人と話し合いながらイメージを作り上げる生徒さん…取り組み始めは様々ですが、皆さん真剣な面持ちで一枚のスチレンボードに向かい合っています。





さて、どんな作品が出来上がるのでしょうか。



約2時間半。完成した先にはクラスの仲間達による鑑賞会と人気投票、講師による講評会があります。皆さん手を抜けませんね。講師の「終了」の一言まで、皆さん細部にまで拘ります。完成品には、事務局スタッフも歓声をあげてしまいました。本当に個性的で、素晴らしい作品ばかりです。







こちらは一位に輝いた生徒さんの作品です。タイトルは「風鈴と波紋」。スチレンボードの柔らかい素材を活かした、見事な立体です。



基礎造形の授業は、毎回アイデアと工夫に溢れています。作る人の数だけ作品があり、作品の数だけ込める想いがあります。素敵なことですね。当校にご興味をお持ちの方は是非見学にいらしてください。

→スタッフおすすめの授業見学はこちら
→東京校で開催される説明会・体験レッスンはこちら

東京校 事務局スタッフ

手造りハム・ソーセージ&デリカ

こんにちは。
アカデミー東京校スタッフです。

雨の少ない今年の梅雨ですが、例年にない爽やかな初夏の日差しが味わえて嬉しいと思ったら、昨日からしっかり雨。それでも、沖縄は梅雨明けとか…。
東京校では在校生もアカデミー生活に慣れてきたのでしょうか、笑顔が多く見られ真剣に学んでいる中にも楽しんでいる様子を感じています。

さて、最近続いて美味しいハム・ソーセーイジを戴く機会があり、ご紹介します。
1つ目は、栃木県に住む従姉妹からのものです。
あまりに美味しく、周囲におすそ分けして手元にあるもののみの写真になってしまいました。
見た目にも綺麗で味は勿論、ジューシーです。塩加減も程よく、どなたのお口にも合います。もちろん、ワインとはバッチリ。
「手造りハム・ソーセージ ダンケ」という栃木県下野市烏ヶ森にあるお店です。



もうひとつは、世田谷豪徳寺に住む友人からの一品です。
こちらも最近出来たお店とのことで、遊びに来てくれたときにお土産としていただきました。
ピスタチオの入ったものと、ピメントトの入ったものです。
こちらもデリシャス。さっと火であぶってジヮ〜と油が照りだしとところをブラウンブレッドでサンドイッチなどにしたり、アスパラなどを巻いていただくのも美味しいです。
「冨永 オリジナル デリカテッセン(冨永精肉店)」
世田谷区豪徳寺





近くにいらしたら、是非、寄ってみてください。
どちらもお店には行ったことがありません。私も訪ねて見たいと思います。どのようなお店の方達が作っているのでしょう。こだわりを感じさせてくれる味わいです。



冷蔵庫にあるもので、ランチプレートを作ってみました。
本格的な暑さの前のこの季節、休日ゆっくりブランチ、BGMは何が良いでしょうか?

従姉妹と友人には、味を忘れないうちに感謝を伝える何かを考えます。
アイディアがありましたら、教えてください!

東京校 事務局スタッフ

新しい所へ行こう5

こんにちは!
事務局スタッフです。
今回は、4月25日にリニューアルオープンラッシュだったミッドタウンの店舗をご紹介します。
(町田ひろ子アカデミー東京校は表参道にあるので、六本木も近いのですよ。)

みなさん、いわゆる「出汁」は何を使って取っていますか?
今回ご紹介するのは、
茅乃舎というお出汁を売っているお店です。

ここの「茅の舎だし」という、パックがとーーーっても美味しいんです!!


http://www.k-shop.co.jp/

スーパーでもよく無添加で鰹節や煮干しや昆布が、細かく粉状になっているだしパックがありますよね?

あれを近くのスーパーで購入し、自宅でも何回か、数種類を試して使っていたのですが、
出汁をとっているのに、出汁の味がしないな〜薄いな〜と物足りなさを感じていました。

ところが…この茅の舎だし。
試飲してみてびっくり、しっかり味がでているし、深みもある。
(焼きアゴが入っているとこのような味になるのでしょうか?)
これは美味しい!と自宅に買って帰りました。

お土産で渡した友人にも、
普段お味噌汁に見向きもしない、ご主人が「これでご飯が食べれる!」と絶賛だったとか。
みなさんもぜひお試しください。

さて、導入が長くなりましたが、
ここの店舗がこちら、



「汁」。

創業明治26年の自信がうかがえますね。



照明がミニマムなデザインで素敵です。
華美な装飾ではなく、そぎ落とされたインテリアで、
日本の和と「今」をミックスした、ここ最近の旬なデザインです。

店内では、簡単なお食事もできます。



ちなみに、補足ですが、
野菜だし、というのもとっても美味しいですよ!

店員さんは、「野菜だしでリゾットをつくるのもおすすめです。」と言っていました。

それにしても、この久原本家 茅乃舎は 福岡のお店。
福岡の食べ物はやっぱり美味しいですよね。
福岡には自然食レストランもあるそうです。
http://www.kayanoya.com/r/index1.html
ロケーションも茅葺屋根の外観も素敵!
きっと食べ物もおいしいんだろうな〜〜

話は戻して、食空間とインテリア。
とくに店舗は、その時代の流れがわかりやすく出てくる場所です。

みなさん、新しい所(行ったことのない所)に行きましょうね。

東京校 事務局スタッフ