Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2013 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
インテリアと香り

みなさまこんにちは。
インテリアコーディネーター専門科2Dの小原です。

台風も過ぎ去り、中秋の名月も観測でき、東京の空は秋の色に変わってきました。
そう。秋です。
早くも2年生の折り返し地点、わたしたちはグループで取り組む第3課題に入りました。
週に1回のみの専門科コース。お仕事をしている方もいれば主婦の方もいらっしゃいます。インテリア以外にも心理学や音楽、お茶、お花を勉強しているクラスメイトもおり、ほんとうに刺激が多くて楽しい学校生活を送っています。そんなわたくしもアロマを勉強しているのですが、今日はインテリアに絡めた香り(アロマテラピーで使う、精油の香り)のお話をしてみたいと思います!



いきなりですが、先日、日本橋で開催されているアートアクアリウムに行ってきました。
会場に入ったときや、大きな展示のあるところどころで「む、いい香りがするではないか」とくんくんしてしまいました。調べてみると、空間の演出として香りを漂わせているとのこと。物販にも「大奥」や「キモノリウム」と名付けられたブレンド精油が売られていて納得。
ヒノキやサイプレスなどの樹木系の香り、イランイランやゼラニウムのお花系、グレープフルーツやベルガモットなど柑橘系の香りをブレンドした精油が4種類ございました。
香りの演出でこれまで印象に残ったものは久しぶりでした。
せっかくなので、じぶんでも考えてみようと思い、ブログネタにさせて頂きます。



1年生のときに習う4つのインテリアイメージに色みの例を加えてみました。
ここから色のイメージと香りのイメージを繋げてみます。



オレンジは甘くフルーティで活き活きとした香りで、オレンジの皮から精油がとれます。柑橘系のなかでもよく好まれる香りです。ペパーミントは清涼感のある爽やかな香りです。透明感もありながら、ほんのり甘さも感じます。
パチュリーはシソ科の植物で、花と茎葉から精油がとれますが、スモーキーで渋く、墨汁のような香りも感じます。
ラベンダーは濃厚で上品な甘さのある香りです。ラベンダー精油は多くの種類があり、リフレッシュ系のラベンダーもあります!
色から香りをイメージすること、また香りから色をイメージすることもできますね。



そしてこちらも1年生のときに習ったイメージスケール。
香りにはノートと呼ばれる香りが立つまでの時間や香りの持続時間を表すものがあります。トップノート、ミドルノート、ベースノートとあり、これはそのまま上の図縦軸にあてはめて考えられるのではないでしょうか。



入れ込んでみるとこんなかんじでしょうか。香りとしてはオレンジとラベンダーはトップノート、ペパーミントはミドルノート、パチュリーはベースノートです。ちょっと色のイメージとズレが出てくるかもしれません。
こんなふうに試行錯誤しながら考えていけば、お部屋にあった香りの演出もできそうです。
第3課題ではお部屋をイメージしたルームスプレーでも作ってみようかしら、と考えています。(ルームスプレーやリードディフューザーは精油と無水エタノール、水で簡単に手作りできちゃいます!)

それでは、最後にひとつ。課題はもちろんですが、インテリアコーディネーターの資格試験まで1ヶ月を切りましたね。
アロマを勉強中の私から応援メッセージとしては「レモンとローズマリーがおすすめ!」です。集中力と記憶力アップの香りがこのふたつです。ぜひお試しください!

インテリアコーディネーター専門科2D 小原


海外通信<中国編(香港)>香港のインテリア
海外通信では、海外で暮らす町田ひろ子アカデミーの卒業生が、現地で感じる日々のことをレポートします。



働きながらインテンシブコースに通い2007年に卒業しました
5年前に香港に来てインテリアデザイナーとして働いております。
今はマッサージセラピストとインテリアのお仕事をしております。

目まぐるしく変わるアジア・国際都市香港から、インテリアに関する話題を取り上げてお送りいたします。

香港は世界的に見ても土地がとーっても高く人口密度も高いので、衣食住で「住」の部分ではかなり不自由な所です。あと日本と同じ狭小住宅がメインなので、狭いながらも彼らなりに色々工夫をしているようです。今回はその点をフォーカスしてお送りしたいと思います♪
ちなみに、香港の場所はこちらです。たまに台湾と間違えられますが。。。



先日たまたま地元向けのTVを観ていたらインテリアの番組をやっていました。
これらの画像はTVをカメラで撮ったものです。
オシャレなインテリアを番組で紹介するもののようです。



キッチンとダイニング。。。かなり狭いです。香港では、基本的に働いている人は朝昼晩外食なので、キッチンはこの程度でも十分だと思います。



これは見ての通り、便器です。が、一輪挿し付です!これは日本にもあるのでしょうか?!是非教えてください(^^)
トイレも勿論とっても狭い香港、便器に一輪挿しまでくっつけてしまうアイデアに脱帽してしまいました。。。





香港人は、部屋が狭くても大きなオブジェを置くのが好きなようです。しかも色使いも単純なものが多いです。日本のように素材や微妙な色使いにこだわったセンスの良い雑貨を探すのは難しいですね〜。



ダイナミックなものが多く、日本とは違う感性にふれるのも日々楽しい事です(^^)

東京校卒業生 中村えり子

寄り道
こんにちは。東京校事務局スタッフです。
さて、表参道は随分と秋らしい気候になってきました。気候だけでなく、各ショップのウィンドウの向こう側もすっかり秋の装いになっています。学校へ向かう道を歩くだけでも、秋の到来を感じ、ワクワクしてしまいます。
皆さんは、秋というと何を思い浮かべますか?読書の秋?スポーツの秋?芸術の秋?それとも食欲の秋でしょうか?皆さんのお好きな秋の過ごし方を是非お聞かせください!

私は先日、休暇を使って、友人達と山中湖へ行ってきました。東京から約1時間半で、喧噪な日常から一転、豊かな自然に包まれた空間へ足を踏み入れることができます。東京には魅力的な建造物やイベントや人々で溢れていますが、たまには自然が恋しくなってしまうのが、人間の本質なのかもしれませんね。

今回は、高速道路を使わずに、一般道で山中湖へ向かいました。(そのため、片道3時間はかかりました!)大好きな音楽(最近は、Rodrigo y Gabrielaというアコースティック・ギターデュオにハマっています。オーストリアから来日した打楽器奏者4人により編曲・演奏された、あつい生演奏を聴いてから大ファンになりました!)を聞きながら、都会から田舎へと変わりゆく街並みを走るのは、切ない気持ちになると同時にホッと一息つける瞬間であったりもします。

最終地点である山中湖は、世界遺産に登録された富士山を、垣間見ることのできる絶景ポイントでしたが、私達が一番感動したのは一般道の途中でふいに出会った「道志川」でした。窓の外にちらほらと川で釣りをする人を見かけた私達は、もちろん「ちょっと降りてみよう!!」ということに。



靴を脱いで、ジーパンを捲って、川に入ってみると冷たくて本当に気持ちがいい。



透き通った水に、キラキラ光る水面が本当に素敵で、思わず長居してしまいました。



愛用している一眼レフを片手に岩に上って写真を撮ったり、川に足をつけながら友人達と語り合ったり、とても有意義な時間が過ごせました。
川で遊ぶ、なんてまるで童心にかえったようなことをしながら、来年はここで釣りをしてみたいね、バーベキューをしたいね、という話にまで発展し、また一つ友人との夢が出来てとても嬉しく思いました。

その後、道の駅に寄って旬のお野菜をたくさん買ったり、不思議な形の建物をした、ほうとうのお店に入ったり、温泉に浸かったりと予定していなかった寄り道にとても時間がかかり、山中湖にいた時間はほんの小一時間となってしまいました。しかし、その寄り道での出来事がどれも色濃く残っており、大切な思い出の一つとなりました。

今は様々な移動手段があり、情報があり、利用者が好きなものを選べる時代です。みなさんは、どんな手段を使って目的地に向かいますか?限られた時間、限られた予算の中でそれでも美しいものが見たかったり、新しいものに出会いたかったり、楽しいことをしてみたかったり…そのための目的や手段は人それぞれ。どれもが気持ち次第で最高の思い出になること間違いなしですが、たまにはインターネットや口コミ、情報誌に頼らず、自分の気持ちの思うがままに寄り道をしてみるのもいいかもしれません。

東京校 事務局スタッフ

毎日暑いですね。
皆さんこんにちは。
インテリアコーディネーター専門科2C山口です。

今回はクラス委員長という重責(名ばかり)を担う私が代表しまして我がクラスの近況を書かせて頂きます。

早いもので学校生活も残り3/4。土曜日クラスは20名の大所帯、元々人数は多かったのですが2年生になり新しい仲間4名も加わりました。そこで日頃の労をねぎらう&皆様との親睦をさらに深める為に海の家にてBBQを開催しました。

場所は逗子。「Seaside Living」という海の家でクラスメイトのお知り合いが一から建てられたという素敵な場所でした。当日は暑かったので、屋根の緑はほぼ枯れてましたが…。
海岸も沢山の海水浴客で大変賑わっていました。
男の私としては大勢の水着の女性たちがいてとても目の保養になりました。





クラスメイトの一人がお誕生日だったので皆でお祝い。
スイカ割りに流しソウメン。本当に楽しかった(しみじみ・・・)
皆さんお仕事と掛持ちされている方が殆どなので久しぶりに学生気分になっていただけたようです。





海での締めといえばやっぱり花火!
近隣に迷惑をかけない程度に楽しみました。

今回はインテリアとは関係ない内容になってしまいましたが(笑)たまにはこういった息抜きも必要ですよね!
日頃仕事と勉強の両立で大変な毎日ですが楽しい時間を過ごすことが出来ました。

と、休息もいい感じで取れたところで次はグループ課題。優秀グループには公開プレゼンテーションの大舞台が待っています。各グループ火花を散らして素晴らしい作品を作っていきたいです。
卒業までに残るプレゼン課題は2つ。一気に駆け抜けたいと思います!!

インテリアコーディネーター専門科2C 山口

海外通信<ブラジル編>インテリアデザインフェスタ 「CASA COR」
海外通信では、海外で暮らす町田ひろ子アカデミーの卒業生が、現地で感じる日々のことをレポートします。



前回から続く、サンパウロで開催されたインテリアデザインフェスタをご紹介します。
´△任楼豸佑離ぅ鵐謄螢∩澗里鬚款匆陲靴泙靴燭、今回は印象的なカットやディテールをご紹介します。

ストーブ
ブラジルはよく常夏の印象を持たれますが、サンパウロ以南の地域では冬は暖房が必要なほど寒くなります。
このインテリアフェスタでは、ブラジルらしいリゾート感あふれる解放的なインテリが目立っていましたが、
一方、寒さへの憧れとも言うべき、ストーブをアクセントにしたインテリアも多く見られました。


ブラジルでは希少な北欧テイストを感じさせるコーディネーション。
色の使い方がとても“うまい“。
壁の色を白にしないところがカジュアルになり過ぎないポイントでしょうか。


柔らかいオフホワイト系の色だけでまとめたインテリア。
大胆な色使いではないが、しっかりメリハリを出している。
欧米はこういう色使いがとても得意です。


ダイナミックなストーブがインテリアの中心。
ストーブに火が付いたら色のアクセントになりそうです。


スタルクデザイン バカラシャンデリア照明ではフィリップスタルクデザインのバカラのシャンデリア“マリーコキーヌシャンデリ” が目を引いていました。
この奇抜なデザインのシャンデリアが異なる提案性で見られたのはとてもラッキーでした。




比べると、あまりに個性のあるデザインなので、いきなりアクセントで、と言うより似たような近い個性をリピートさせた方が
調和が生まれるように感じます。


ウォールグリーン
日本でも2〜3年前に話題を呼んだウォールグリーンの提案が複数見られました。
ブラジルは植栽が育ちやすく、観葉植物をたっぷりと楽しむ傾向にありますが、室内用か室外用かの分類が日本とは異なり、
私自身も当初は、観葉植物の選択に戸惑いました。
窓も多く明るい部屋でも、建物が暑さに強くできているので、室内では温度がぐんと下がり、日が足りなくなりがちなのです。
夏はエアコンが要りませんが、この時期は家の中がとても寒いです!


キッチンのスパイスラックに。 ハーブであれば、調味料の一部として…(笑)


バスルームでの提案。


リビングのアクセントウォールに。
グランドピアノやシャンデリアの存在が霞んでしまうくらいです。


子供部屋
サンパウロの街を歩いていると、まるで日本のコンビニのようにたくさんの子供服のブティックが見つけることができます。
ブラジルは富裕層も多く、子供にかけるエネルギーや経済は桁違いです。
経済性だけでなく、子供の数が多いと言う事でもあるので、豊かさの象徴と言えるかもしれません。
このインテリアフェスタでも、子供部屋の提案が多く見られました。


天井にワイヤーをはりめぐらせて、フェルトのバスケットを吊るす。
写真左下にあるレバーで各バスケットを自在にコントロールできるようになっている。
きっと子供は壊すまでレバーを回し続けるでしょう(笑)それでもワクワク楽しい!


ウォールクライミング。床には畳が。
10年前、全日制の生徒が“家の中でロッククライミング“という提案をしてずいぶん驚かれたが、今ではすっかり普通の事。
畳を置いたところが新しい!


壁一面の鏡とバレエのレッスンバーを据え付けている。
場所をとらず、可変性もあるので、日本の住宅でも実現性高いですね。レッスンのモチベーションも上がりそうです!


美しいコーディネーション
コーディネーションはエレメントが少なければ簡単というものではありませんが、隙間がないほどの数を組み合わせるのは大変です。
テキスタイルにも欧米的組み合わせの特徴として『柄on柄』という言い方がありますが、欧米のインテリアは隙間なく膨大な量のエレメントを美しくコーディネーションするのが得意だと改めて思いました。


エレガントな柔らかさとエキゾチックな強さがきれいに調和。デザイナーは男性です!
この提案空間はベッドルームやバスルームもたくさんのエレメントで埋め尽くされながらも豊かで美しいコーディネーションでした。


空間全体にビビットカラーをたくさん使いながら、強くなり過ぎないお手本のようなコーディネーション。


クラシカルなフォルムの家具に金属素材の建材と建具、動物皮の敷物、前衛的なデザインの装飾小物・・・・、
あらゆる要素を総出させているのに美しく調和している・・・、色のトーンが揃っているのはまずは大きなポイントでしょうか。


アイランドキッチン
インテリアにこだわりを持つライフスタイルでは、ブラジルはパブリックスペースとプライベートスペースをしっかり分けているのが一般的です。
中でもダイニングルームは家族の日常用と来客・特別な時用と分けてある事が多く、又、キッチンも独立型が圧倒的に多く、
オープンスタイルの住まいを探すとなるとなかなか見つかりません。
これは、一つにはお手伝いさんに家事を任せているライフスタイルから来ていると思われます。
家事動線や家事をしながら子供の様子を・・・などと言うような事をあまり考えなくていいわけです。
勿論、お手伝いさんがいる家庭ばかりではありませんが、インテリアにこだわりを持つ人たちのライフスタイルではこれが一般的です。

ところが最近、若い世代の共働きの家庭が増えたことや、オープンなスタイルがカッコいいと言うデザイン的理由、又、私達のような外国人が
増えたこと・・・などでアイランドキッチンを求める声が増えてきたようです。

このインテリアフェスタでもアイランドキッチンの提案が数多くありましたが、人間工学・動線の視点で見ると恐ろしく労働量が多くなりそうな
ものばかりでした(笑)家事を住まい手がやると言う歴史が浅いからでしょう、使い勝手は改良の余地がありそうです。


とてもダイナミックで美しいデザイン、ワクワク感のあるアイランドキッチン。
だが、移動距離が長く、全体に高さ・奥行き寸法が使いづらそう。


デザイナー
日本のインテリアコーディネーターにあたるのが、インテリアデコレーター(Decoradora)です。
ですが、ヨーロッパなどと同様、建築家がインテリアを手掛けることが少なくありません。
このフェスタの出展者も3分の2以上が建築家でした。
一様にインテリアに携わる女性の装いは非常に華やかです。
このフェスタに限らず、建材展などに行っても、芸能人やモデルのような女性がたくさん歩いています。


基本的にデザイナーたちは提案空間にはいないが、たまたま雑誌の取材現場に遭遇した。
このお二方は建築家で今回共同で出展。緑色の装いの女性は、特に今回のフェスタで注目を浴びている。
ハリウッドのスターみたいなDOYAGAO 。


会場のCafeで知り合ったインテリアデコレーター。
中央の女性はなんと70代!仕事を抜け出してフェスタに来るのがやっと、という急がしさだとか。
皆、堂々としていて素敵な女性たち。


会場内のブックストア。おしゃれな女性がたくさん!


ご紹介したインテリアはほんの一部ですが、100人あまりのデザインはどれもオリジナリティに溢れ面白かったです。
このフェスタはこの後サンパウロ以外の都市でも開催されるので、その都市によって異なる特徴や傾向を是非を見てみたいものです。
海沿いの都市や、リオデジャネイロのようなリゾートと古都が混在している都市、アマゾン近くの自然の豊かな都市・・・
同じ国でありながら全く異なる気候や文化、ライフスタイルによってどのようなインテリアが繰り広げられるのか・・・、
本当に興味深いものです。
インテリアフェスタを通して皆さんにもブラジルのライフスタイルの一端を感じて頂けたらとてもうれしいです。

東京校コーディネーション講師 岡部美津子

故郷へ
事務局スタッフです。

みなさん、今年の夏はいかが過ごされましたでしょうか?
私は、今年の夏季休暇も愛媛の実家に帰省してきました。

まずは、松山へ。何度も来ていますがとても居心地のよい街です。
適度に観光できる場所があり、人の流れや街並みなんかも、ちょうど私の感性
に合うんです。

※道後温泉駅前↓


さて、帰省初日、ちょうど、松山城が夜にライトアップされるというので行ってきました。
いつもは入場料の500円をケチって下から眺めるだけだったのですが・・・
今回は、おおっ なんか城が光ってるぞぉ!ってことで、


せっかくなんで、夜の城へ入ってみました。夜の城なんてドキドキ・・・。
甲冑や刀が所々に飾ってありなんか不気味。


階段が60度位の傾斜があり、しかも暗くて上り下りがとても危なっかしくて怖かったのですが、たどり着いた天守閣の最上階からは、松山市街の美しい夜景が一望出来ました。
窓から入ってくる風がとてもゆるやかで心地よかったです。



翌日には、四国八十八ヶ所霊場のひとつ「石手寺」に行ってきました。
この石手寺、実は松山の隠れた観光スポットなのですよ。
気になる方は検索してみてください。





最後は、宇和にある愛媛県歴史文化博物館へ。ここには、実物大の模型の展示がたくさん!縄文時代の竪穴式住居から、市電や戦前の松山市の町並みなど、実際に中に入ることができるテーマパーク的な感覚で、子供から老人まで楽しめる博物館なのです。

↓身振り手振りを交えて歴史を解説してくれる、平のなんとか氏。


昭和30〜40年代?の食卓や店が実物大で再現されていました。





一通り観光して実家へ。
家から2〜3分歩けば、目の前には一面の瀬戸内海が広がっています。
空気が澄んでいれば広島や山口との間に点在する島々も眺めることが出来ます。
海水は底が見えるぐらい透明度があるので、上から眺めていると魚群がはっきり確認できますし、たまに驚くほど大きな魚が泳いることもあり見ていて飽きません。
滞在中は毎朝8時に起きて30分ほど海を眺めるという、贅沢な時間を過ごすことができました。



東京校 事務局スタッフ