Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2013 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
「日比谷公園ガーデニングショー」に10月25日から出展します。

こんにちは。東京校のスタッフです。
台風が心配な毎日ですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

東京校のガーデニングプランナー科の生徒が、日比谷公園ガーデニングショーのコンテスト“ライフスタイルガーデン部門”に出展します!


(日比谷公園は、日本初の近代的洋風公園です。)

このイベントは、2003年に日比谷公園開園100周年を記念して開始されたもので、今年で11回目を迎えます。今回は『花とみどり・心豊かな暮らしのdesign』を開催のテーマとしています。

開催の前日(24日)に、作業の様子を見に行ってきました。


(雨の中、ガーデンを作り込む生徒の様子)

作品のタイトルは、「猫の額(ひたい)ガーデン」。
ガーデンの主の猫たちも、手作りです。




(完成間近の「猫の額ガーデン」)

今回の出展には、多くの卒業生や講師の先生方の協力がありました。たくさんのアドバイスを下さった安斉先生、基礎工事を引き受けて下さった小萱さん、植物の購入を手伝って下さった田中さん、本当にありがとうございました!

コンテストは、他にも「ガーデン」「ハンギングバスケット」「コンテナガーデン」部門があります。プロの出展も多く、一つひとつのガーデンは小さいですが、美しくてインパクトの強いものが多く、見どころ満載です。


(25日開催に間に合わせ、各ガーデンは急ピッチで
作業が進んでいます。)

この週末は、あいにくの天気ですが、来週は、いいお天気になりそうです。
皆さんも是非、生徒の作ったガーデンを見に来て下さい。

「日比谷公園ガーデニングショー」の詳細は、下記ホームページでご案内しています。

期間:10月25日(金)〜31日(木)10時〜16時(最終日は15時迄)
   入場無料
URL:http://www.hibiya-gardening-show.com/

東京校 事務局スタッフ

JAPANTEX2013レポート

こんにちは。町田ひろ子アカデミー東京校事務局スタッフです。
本日は、東京ビッグサイトで開催中のインテリア業界最大級の見本市、JAPANTEX2013のレポートをお送りします!

JAPANTEXは、毎年200社近くのインテリア関連企業が、インテリアトレンドを意識したブース展示や新作の発表などを行うインテリア業界のビジネスにおいてとても重要なイベントです。町田ひろ子アカデミーでは、今年もブースを出展し、恒例の見学ツアーを行いました。

まずは、町田ひろ子アカデミーのブース展示を少しご紹介します。このような感じなのですが…。



本日25日まで開催のイベントなので、実物はぜひ会場でご覧ください!
後日、改めてレポートしたいと思います。
生徒作品展は毎年行っていますが、空間展示のコーナーもありまして、テーマは「プリティウーマン・イン・ザ・スイートルーム」。
こちら、英国のテキスタイルブランド「デザイナーズギルド」のファブリックをメインにコーディネートした、アラフォー世代の「オトナカワイイ」ベッドルームの展示です。女性ならばテンションが上がるに違いない素敵な空間です。

※JAPANTEX公式サイトの「JAPANTEX写真ギャラリー」にて、一部写真が公開されています。
http://japantex.jp/

そして、見学ツアー。現役インテリアコーディネーターの先生に、ツアーガイドを担当していただきました。
プロはどのようにインテリアの展示会を仕事に活用しているのか、展示会をチェックするポイントについてなど、参加者の皆さんにも、インテリアの仕事のイメージが伝わったのではないでしょうか。



上の右の写真は、アカデミーでも勉強するインテリアのシュミレーションソフト、「Interior Designers Neo」の体験コーナーで、作成したインテリアデータを3Dメガネで立体的に見ることができます!
映像としてはとてもリアルな3Dなのですが、この写真だとちょっとターミネーターのようですね(目元モザイク画像では決してありませんので…)。

途中、町田ひろ子校長もツアーに飛び入り合流し、お話しいただきました!



そして、ツアーの最後は町田ひろ子校長のセミナーです。町田校長が提唱する「災害に美しく備える”美防災”」や「アクティブシニアのための住まい」などの提案や事例紹介で、会場は立ち見になるほどの盛況ぶりでした!



盛りだくさんだった見学ツアーですが、やはり「百聞は一見にしかず」の一言に尽きます!
情報化社会でインターネットなど情報収集の方法は増えても、行ってみないと決して分からない本物の情報を手に入れることができるのが展示会のメリットです。今後もこうしたイベントは積極的に活用して、インテリアの勉強や仕事に役立てたいですね!

東京校 事務局スタッフ




10社のカーテンメーカーによるプレゼンテーション
10/11(金)にヒューリック浅草橋にて、トーソー(株)主催の
「with Curtains 2013」と題した発表会が開催されました。

日本を代表する10社のカーテンメーカーのマーケティング・
商品開発担当者より、見本帳の開発背景やセールスポイント等を
直接聞くことができます。

午前に5社(五洋インテックス・スミノエ・アスワン・東リ・川島織物セルコン)のプレゼンがあり、そのあと越川洋平さんと鈴木恵美子さんにより手掛けられたコーディネート写真を題材に、トークセッションが行われました。



午後には5社(リリカラ・シンコールインテリア・サンゲツ・フジエテキスタイル・マナトレーディング)とトーソーを加えた6社がプレゼンをしました。

そのあとのトークセッションは午前の2名(越川さん・鈴木さん)と
湯田剛史さんと善明剛史さんが加わって4名が「照明」をテーマにして
お話されました。


実は企業プレゼンテーターの中には数名、卒業生がいました!
さらに会場内には何名もの卒業生がいて、私たちを見つけると
声をかけてくれて、とても嬉しかったです!
皆さん、活躍されていますね。

会場は満席。大盛況でした!!


ロビー展示もひとつひとつ個性的で見応えがあり、
スタッフの皆さんが丁寧にご説明くださいました。




各企業からのパンフレットやカタログも沢山いただきました!


アカデミーも真似したいと思った、ランチマップ!
表参道・青山エリア版もいつか作りたいですね。

また来年もぜひ参加したいと思います。


                              東京校 事務局スタッフ

上野・東京藝術大学

上野・東京藝術大学
こんにちは!東京校事務局スタッフです。

10月13日のインテリアコーディネーター資格一次試験が終わり、少しほっとされている方も多いと思います。アカデミーでは、約2週間のインディヴィジュアルウィークが終わり、今週から1年間の授業の後半がスタートしています。
そして、来週は就職ガイダンス、来月はグループ課題のプレゼンテーション、卒業生による業界セミナー…と徐々に就職・卒業を意識する時期に入ってきています。

日中は、過ごしやすくなり、少しずつ肌寒くなって秋らしさを感じます。散歩に出かけるるには、ちょうどよい季節ですね。
先日、「芸術の秋」を実感したいと思い、上野恩賜公園に出かけました。
JR上野駅公園口の案内図を見ると、美術館、博物館が多数あって、どこに行こうか迷ってしまいました。お天気がよかったせいか、沢山の人出で、まさに行楽シーズン!という雰囲気でした。





開催中の展覧会を一部ご紹介すると、
・東京国立博物館  「京都−洛中洛外図と障壁画の美」
・国立西洋美術館  「ミケランジェロ展−天才の軌跡」
・上野の森美術館  「種田陽平による三谷幸喜 映画の世界展」
・東京藝術大学大学美術館「国宝 興福寺仏頭展」
・東京都美術館   「ターナー展」



何となく、人の波にのって歩いていくと広場があり奥には上野動物園があります。中学時代のクラスメイトに似ている「興福寺の仏頭」を観に行くことに決めました。
途中には、日本で一番古い木造の洋式音楽ホールである、重要文化財の「旧 東京音楽学校奏楽堂」を過ぎ、さらに3分位歩くと東京藝術大学上野キャンパスの美術学部にある、「東京藝術大学大学美術館」に到着しました。来場者は気のせいか年配の方が多いように思いました。
                                






今回は奈良・興福寺の創建1300年を記念して「国宝 興福寺仏頭展」を開催しています。展覧会では現存する東金堂をテーマとし、同寺の代表的な名宝である国宝「銅造仏頭」(白鳳時代)をはじめ、東金堂ゆかりの名品を展示しています。「仏頭」の守護神として造られた国宝「木造十二神将立像」(鎌倉時代)、浮彫の最高傑作として有名な国宝「板彫十二神将像」(平安時代)の各12点、計24点が初めてそろって登場しています。「仏頭」と同じ白鳳仏として、東京・調布の深大寺所蔵の重要文化財「銅造釈迦如来倚像」も特別陳列され、国宝25点、重要文化財31点など約70点の至宝が集まっています。
興福寺は、日本全国の国宝仏像彫刻の15%を所蔵しているそうです。
詳しくはこちらをごらんください。
http://butto.exhn.jp
美術館を出ると、正面には図書館、細い道を抜けると「藝大アートプラザ」があり、ミュージアムグッズや教員や学生が制作した工芸品などが販売されています。モダンなインテリアが作品をさらにひきたてていました。館内は撮影禁止なのが残念です!





藝大アートプラザを出ると、東京美術学校の第5代校長として32年間も在任していた、「松木正彦」の像と松木記念館があります。



帰りに通りを隔ててある、音楽学部を見ながら歩いていると、松前直彦記念館の入り口の屋根に使われている鬼瓦に気づき、その迫力に圧倒されそうになりました。



藝大の西側には、表参道にもお店のある、小鯛焼きでお馴染みの「桃林堂」があります。
甘いものを頂いて一息ついたら、隣接している谷根千をのんびり散歩をするのも楽しいですね!

東京校 事務局スタッフ

モデル・女優の山本美月さん&町田ひろ子校長
こんにちは!
町田ひろ子アカデミー東京校スタッフです。

先日、サンゲツショールームで開催された
サンゲツ総合見本帳「2013-2016」マインの新作発表会に行ってきました!


サンゲツショールームのウィンドウディスプレイ

この発表会では、インテリアコーディネーターの第一人者でもある町田ひろ子校長と、
サンゲツさんのテレビCMに出演中の山本美月さんのスペシャルトークがありました。

まずは日比専務取締役のごあいさつ

数年前の公開プレゼンテーションの際に、ご挨拶いただいたことがあります。

そして次に田中取締役東京店長より新作についてご案内


今回の新作の特徴は
・さまざまな「こだわり」に応える豊富なバリエーション
・「ビサイドvol.3」によるオーダーカーテンならではのスタイリング提案
・生活シーンに対応する機能性と安全性



多様化・高度化する生活者のインテリアのこだわりに応えられるよう総点数はなんと944点!

ナチュラル、シック、モダン、ラグジュアリーなど、
それぞれのスタイルに合わせて空間のコーディネートの幅を広げられますね。

そして、注目の二人のスペシャルトークはというと…



テレビCMで見たままのかわいらしいCanCamモデルでもおなじみの山本美月さん。
来月号の雑誌で撮影したご自宅のインテリアの話や、



今回のテレビCM制作がきっかけで、
ご自身の部屋のカーテンをサンゲツさんのオーダーカーテンで作成したとのこと、
たくさんある商品の中でも、コーディネーターの方に提案してもらったおかげでスムーズに選べたとのことでした。
また自分の名前にちなんで、「月」をモチーフにしたものを
部屋に置いているとか…なかなかのこだわり派のようです。



町田ひろ子校長は、「これからはカーテン、ファブリックスも色だけでなく、素材の時代、ハリ感やさわり心地などエンドユーザーが求めるものは、多岐に渡るでしょう」「さらにコーディネーターがいることで、お客様のイメージをより具体的に表現できるんですよ」とコーディネーターならではの視点でインテリアの楽しさをお話していました。



新作見本帳および窓辺のコーディネートコンテスト
「サンゲツ コーディネイトアワード2013」も開催!

応募期間 2013年10月16日〜2014年3月31日まで
応募条件 新カーテン見本帳「MINE」もしくは「Beside vol.3」収録商品を使用した窓辺のコーディネイトがポイントとなる空間
詳細はこちらです。
http://www.sangetsu.co.jp/awards2013/

町田ひろ子校長、山本美月さんも審査員となっています。
この会見で意気投合した山本さんと町田校長のリラックスした表情です。


どのようなコーディネートが出てくるのか楽しみですね。





これからの時期は新作発表やインテリアのイベントが目白押し!
町田ひろ子アカデミーの今後のイベントは・・・

・JAPANTEX2013 見学ツアー 10/23〜25
・TOKYO DESIGNERS WEEK 10/26〜11/4
・公開プレゼンテーション 12/5(木)

皆様ぜひお出かけください。
入学をご検討の方向け 各イベントのお申込みはこちら↓
http://www.machida-academy.co.jp/network/tokyo/index.html

東京校 事務局スタッフ

リフォーム&インテリア2013 ご覧になりましたか!(ご報告)
こんにちは。東京校スタッフです。
いよいよ秋のイベントシーズンがやってきました。
インテリア業界では次々と新作の発表会や大型のイベントのお知らせが届いています。

9月27日から3日間東京ビッグサイトで「リフォーム&インテリア2013」が行われました。
日経新聞でも大きく掲載され、リフォームをお考えの一般のお客様を対象としたイベントです。この会場からたくさんのヒントを得て、我が家の快適な暮らしを実現したいと考えるご家族連れの方などがたくさんお出でかけになりました。



アカデミーも小さなブース展示とセミナーを行いました。
ブースでは、町田ひろ子校長の最新出版本「賢く美防災」のご紹介や、同じく「賢く美防災」をテーマとした昨年度の優秀生徒作品の一部などを展示してアカデミーの取り組みをお伝えしました。
今、アカデミーは「賢く美防災」に燃えていますよ!



ブースでは、このようなお声を戴きました。
「これからリフォームをしたいのですが、相談に乗ってくれるインテリアコーディネーターの方を紹介してくれますか?」
「こんな勉強をされるのですね。凄いですね。専門家になるのですものね。」
卒業後8年間福祉関係の住宅改造のお仕事を続けている名古屋校の卒業生の方にもお会いすることが出来ました。アカデミーの名前を見つけて懐かしく立ち寄ってくれました。

最終日には、会場内でセミナーを行いました。
タイトルは、「あなたもなれるインテリアコーディネーター」



プロのインテリアコーディネーターであるアカデミー講師の事例のご紹介から始まり、アカデミーではどのような勉強をするのか、卒業生はどのようなところで活躍しているのかなど、お話しました。
今回は参加者の方には、特別に「インテリアコーディネーター適正チェック」に参加していただきました。





終了後、「見学ツアー」を行いました。
コーディネートされた3つのテーマ「インテリアのヒラメキ」ブースはとても楽しんで観ていただきました。  
Natural Harmony / Smart Luxury/ Ecological Basic
これから、アカデミーでもブース展示や町田ひろ子校長のセミナーなどを次々展開します。「Japantex」,「Tokyo Designers Week」、「アカデミー公開プレゼンテーション」。
どこかで皆様とお目にかかりたいですね。
ご期待ください。

東京校 事務局スタッフ