Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
<< February 2014 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
一生忘れられない一年

こんにちは。
東京校 全日インテリアコーディネーターコースの笹森誠子です。

先日、ソチオリンピックが数々の感動や歓喜とともに閉幕しましたね。
夜更かしでお疲れの方も多いと思います。
そんな中、卒業制作の追い込みで必死だったな・・・。

その集大成である卒業課題の提出が、昨日無事終了しました。
皆、本当にお疲れ様でした。

なんだかんだで、あっという間に過ぎた一年。
ちょっと思い出を振り返ってみたいと思います。

「春」・・・ICに夢を抱き、青森から東京へ上京。
      住む場所も決めず、キャリーバック一つでこの地へ赴きました。
      満員電車になじめず、お家は徒歩で通える場所に決定!

そこは、セントグレース大聖堂の見える場所。     


美しさにうっとりした瞬間

クラスメイトから、誕生日のお祝いをしてもらいサプラズに感動!


誕生日祝ってくれてありがとう

「夏」・・・最初のグループ課題が終了し、盛大に打ち上げをしたね。
ここから、ギュッと距離が縮んだかな


食べて飲んだBBQ〜

「秋」・・・神宮外苑前のいちょう並木は圧巻。
      課題の合間の息抜きにお散歩しました。


私達、北国出身です。

「冬」・・・在学中、クラスメイトが結婚しました
     
     13年ぶりの大雪。
     東京で雪がみれるなんてハッピー!
     大はしゃぎで作ったゆきだるま。


お幸せに。まがりん!


リボンは余ったファブリック

一年間のアルバムに付き合ってくれてありがとうございました。

ここで、ソチオリンピック白銀の感動秘話を!

11日に実施されたクロスカントリー男子スプリント準決勝。
ロシア代表のアントン・ガファロフ選手がレース中に転倒し、スキー板が破損してしまいました。
ガファロフ選手は、何とかレースを続行しようとしますが、再度転倒し今度は板が完全に2つに折れてしまいました。
このまま棄権かと思われた時に、ライバルチームのカナダのアズワースコーチが新しいスキー板を持って駆けつけました。
アズワースコーチは板を交換してあげて、ガファロフ選手は見事ゴールしました。

この話には続きが・・・
実は、カナダがトリノ五輪で同様の“友情”を受けていたのです。

カナダのスプリント女子チームの選手のストックが折れ上位を競っていた選手はずるずると後退。見かねたノルウェーの監督がストックを手渡して競技復活。
カナダチームは銀メダルを獲得しました。
一時、メダル圏にいたノルウェーは4位でメダルを逃しました。
この時のカナダ女子チームの選手の1人がアズワースコーチの奥さんだったのです。



スキー板を交換している瞬間

別世界から来た私が、こうやって一年を過ごせたのも町田アカデミーの皆さんやクラスメイトのお蔭だとつくづく思います。

このオリンピックの出来事のように、私も町田アカデミーの事務局や先生方、クラスメイトに沢山助けられました。

今度は、皆はアクシデントに見舞われたとき、そっと手を差し伸べられる人間に成長していたいと思います。

一生忘れられない一年になりました。
皆さんに感謝致します。


卒業制作 クラス代表はクラスのマドンナ「キャリー」に決定!!


卒業制作が終わってホットしたね。ありがとうみんな!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

東京校インテリアコーディネーターコース全日制 Aクラス 笹森誠子

箸置き

こんにちは!東京校事務局スタッフです。
2月もあと1週間で終わり、来週からは3月ですね!

来週からはインテリアコーディネーター専門科2年生、インテリアコーディネーターコース全日制の卒業制作課題プレゼンテーションが始まります。
プレゼンテーションが近づいているので、生徒の皆さんは課題制作の追い込みでアカデミーは慌ただしく、活気づいています。

新しい年が明けてから卒業式までの3か月は猛スピードで進んでいる感じですね。
入学から現在に至るアカデミーの勉強の集大成としての卒業制作課題のプレゼンテーションを楽しみにしています。

さて、話は変わりますが、皆さんはお食事をする時は「箸置き」を使いますか?

箸置きは「箸枕」、「箸休め」とも呼ばれ、箸が転がり落ちることを防ぐために使います。
箸を食事に使った後、箸先についた食べかすがテーブルについて、汚れるのを避ける役目もします。

和食の場合は、箸が横方向に箸先が左側となるように置きます。

洋食の場合には、箸置きと同じようなものとして、ナイフを置くためのナイフレストやスプーンはフォークを一緒に置けるものもあります。

材質は、ガラス、磁器、陶器、木などが多く、形は細長く箸が安定するように、中央がやや窪んでいるものが基本です。
植物、野菜、魚などをかたどったデザインのものが多いです。
私は犬や猫が好きなので、お店で見るとつい持っているのに、欲しくなってしまいます。





箸置きを使うと、いつものお料理がワンランクアップしてみえるので、必ず使います。
食器と比べるとサイズが小さいので、収納も楽で手軽に買えるところも魅力のひとつです。
インテリアアクセサリーとしては小さいですが、置物としても楽しめます。

最後に、今年のGOOD LUCKを祈って… また買ってしました!



東京校 事務局スタッフ

海外通信<スイス編>アートジュネーブ
海外通信では、海外で暮らす町田ひろ子アカデミーの卒業生が、現地で感じる日々のことをレポートします。



ジュネーブで1月30日から2月2日までアートジュネーブというエクスポジションが開かれていたので行ってきました。ジュネーブを含むスイス国内のギャラリーとバルセロナやパリ、ベルギーなどヨーロッパ各地のギャラリーが集まり、コンテンポラリーアートとモダン&デザインを中心とした作品が展示されていました。
一日で60軒を超えるギャラリーを訪れられるのは魅力的です。もちろん購入もできます。

入り口からエスカレーターに乗り会場に入ると、最初に目に入ってきたのがこれ、根がしっかりついている木が3本空中に浮かんでいました。



その後はちょっと広い空間が広がっていて、ここではイベントが行われていたのかなと思います。奥に作品も見えますね。




カフェテリアの風景です。





この作品は地図からできていました。近寄ってみてびっくり。





同じ作家さんだったと思います。近づくとやはり地図が見えてきます。





遠目から見るとデッサンですが、これもまた近づいてみると寸法線で描かれておりました。



デジタル鳥?近づくとこちらを見て反応しているように思ったのですが‥











大巨匠のピカソやミロの絵もあったのですが、今回私が撮ってきた写真を見ていて、近づいてみたら3Dだったとか、作家がどういう取り組みをしていたかが分かってナルホドと思う作品が多い事に気がつきました。これは私の好みなのか今のアートの世界の流れなのか、ただ私が知らなかっただけなのか‥今自問自答を繰り返しています。どうなのでしょう?

参考サイト http://artgeneve.ch/en/

東京校卒業生 まちだくみこ

記憶の記録。
こんにちは、インテリアコーディネーターコース全日制の足立です。
先日の大雪、皆さん大丈夫でしたでしょうか?

私は土曜日で学校がお休みだったのを良いことに、



吹雪の中、愛犬たちと雪だるまを作って遊んでいました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

さて、今回はちょっと去年の11月まで時を遡ろうかと思います。

何を題材にしようかと悩んでカメラのデータを漁っていたときに、
撮りっぱなしでそのまま放置していた、
TOKYO DESIGNERS WEEK2013の写真を見つけてきたので、
ここで日の目を見させてやろうという魂胆です。



全部載せていると恐ろしい枚数の写真になってしまうので、
かろうじて見栄えのするものだけをピックアップしてます。

しかもタイムラグのせいで細かいことを覚えていないので、
写真の合間合間につらつらと思考を挟んでいきます。



私は2012年のTDWにも遊びにきていたのですが、
毎度会場の広さと展示品の多さに圧倒されています。

特にインテリアの勉強を始めてから見る数々の創作品や空間演出、
それらのすべてからエネルギーもアイディアも、
可能な限り、もらえるだけもらっています。



趣味で写真を撮ることが好きなので、
事あるごとに一眼レフを持ち出し、
そういうアイディアや雰囲気、印象に残ったものなど、
いろんなものを記録するようにはしています。

しかし、編集加工・現像・ファイリングに割ける時間が無い今、
今回のTDW2013のように御蔵入り真っしぐらなデータも数多く・・・



撮って満足しているだけなのかも、と卒業が間近になった今、
自分の記憶の記録の仕方を、改めて考え直しているところです。



それと関連して、就活を始めてから感じていることがひとつ。
アナログ的手法=ラフスケッチでの表現を重視する、
業界の先輩・大先輩方のお話を耳にする機会が増えました。



世の中デジタル化が進み、
CADが使えてなんぼ、みたいな風潮はありますが、
実際に今業界を先頭で引っ張っていかれている方たちは、
皆さんスケッチ等の手描きの表現を得意とし、
またそのスキルをとても大切な武器にされています。



時代の違い、と一言で終わらせることもできますが、
私はデジタルもアナログも両方好きで、
両方を駆使して仕事をしていきたいと思っています。

デジタルって、数字を入力すれば誰でも同じものが作れる。
アナログって、その人だけの、ONLY ONEの個性が出る。

これが最近イッチョ前にたどり着いた、ひとつの持論です(笑)。
この表裏一体のメリット・デメリットを持つ技術が、
同時に存在し、活用できる時代に生まれてきて良かったー。



あと、自分の手で測ったり描くことで、
自分でも驚くほど自然と細部まで観察するので、
小さな発見がたくさんあります。



しかもそれがちゃんと記憶に残るんですよね。
なので、最近卒制のための家具の3Dモデリングなんかも、
必ずまずはラフスケッチをしてから取り掛かるようにしています。
そうすると勉強にもなるし、CADの作業もスムーズな気がします。

先人たちの言うことに、間違いはないです(笑)。



あ、これ可愛くないですか?
巷では「うさぎ好きのまさん」で名の通っている私。
イケメンのホーランドロップイヤー♂を飼っているためです。
まさん、とはクラスでの私のあだ名です。



卒制と就活のほかに、放課後の数時間ですが、
インターンシップにも参加させていただいています。
学生も良いけど、やっぱり早くまた仕事がしたいです。

せっかくの転職なので、あまり周りに流されて焦ったりせず、
じっくりといろんな企業様を見たり調べたりして、
楽しんで就活をしていきたい・・・
なんて、気持ちだけは無駄にいつもどっしり構えています。



クラスの仲間や先生方、学校の事務局の方たち、
この学校でご縁を結ばせていただいた多くの方々と、
卒業しても、末永くお付き合いさせていただき、
共に業界、ひいては社会に貢献していけたらと思っています。



長々とした駄文を最後まで読んでいただき、
どうもありがとうございました。

インテリアコーディネーターコース全日制Bクラス 足立 麻央

可愛いウインドーの中はお茶屋さん

こんにちは。東京校スタッフです。
つい先日思わず足を止めて「かわいい〜!」と言ってしまったウインドーのお店を紹介します。創業1653年の老舗「お茶の大橋」。日本橋から始まって現在はこの中野。
3年ほど前まではいわゆる「お茶屋」さん。のりやお茶を売っている昔ながらのお店でした。いつも笑顔のめがねを掛けた女将さんのお顔は今でも思い出せます。



中野マルイの新築を機に新しい店主さん(ご親戚の背の高い男性)と共にイメージ刷新。







商品は変わらず、日本のお茶なのですが、店先のナチュラル&カントリー感は思わずハーブ系のお店かしらと思いきや、“ハーブは一点もありません”。
緑茶・ほうじ茶・玄米茶はもちろん、果物とブレンドしたフルーティーな日本のお茶が中心。パッケージも美しく、自社での加工やラベルデザインもされているとか。









店主の奥様(写真家だそう)がインテリアも含めコーディネート。さすが、カメラを回してもどこもベストスポット。絵になる女性らしい優しさとこだわりを感じます。
戴いた小さなリーフレットには、
「先人たちが大切に守り続けてきたものは、お茶に託したおもてなしの心でした…」
「お・も・て・な・し」ですね。
先ずは、イチゴと緑茶のブレンドを初体験。



東京校 事務局スタッフ

海外通信<ベルギー編>暮らして気づいた住まいのつくり:玄関ドア
海外通信では、海外で暮らす町田ひろ子アカデミーの卒業生が、現地で感じる日々のことをレポートします。

******************************

冬の2大イベントのクリスマスとセールが終わり、静かな季節になりました。今年は今のところ暖冬だけど、でもやっぱり寒いし、日本ような空気の澄んだ青空の日も少ない。その上、日もとても短いため外のイベントも少なめ。

というわけで、今回は家の中の話をすることにします。
暮らして気づいた住まいのつくり<玄関ドア編>です。


ドイツに住んでいたときもそうだったのですが、こちらの家の玄関ドアはオートロックになっています。マンションのエントランスではなく、家の玄関ドアです。


またこのように、ドアの取っ手は外側は回したりすることはできず固定されています。ドラえもんの手みたいです(笑)
外から家に入るときは鍵を挿して回しながらドアを押して開けます。
鍵がないと外から扉を開けることはできない、というのは防犯上はいいのですが、うっかり鍵を持ち忘れて外出すると家には入れません(涙)


室内側から撮った玄関ドアの写真。
室内に入ってからのロックも、外と同様鍵を挿してかけます。そしてドアの外側は木製ですが扉の芯の部分には分厚い鉄板が入っています。なので、見かけよりドアは重いです。

その上、ロックをする時のデットボルトは3カ所。


上下2カ所にこのタイプ。


真ん中1カ所はこのタイプ。

これは1回転でカチッと閉まるのではなく、簡単にロックが外れないようということなのか、ぐるぐると鍵を2回転以上回すことでがっちり奥深く壁に喰い込ませ、鍵がかかるようになっています。かなり回すのでとても面倒です。


また、玄関で靴を脱ぐ習慣がないから可能なのでしょうが、玄関扉は内開きです。

実はこれには防犯上重要な要素が隠されています。内開きということは、ドアの蝶番が室内側になります。ということは、外からドアを容易にはずすことはできない、というわけです。

このことは、外務省のホームページの在ベルギー日本大使館が作った安全の手引きの中にも書かれていて、

”鍵は鍵山の多いもので扉の両面に鍵穴があるもの(両面シリンダー)、かんぬき(デットボルト)は長いもので、1つの錠前に対してかんぬきが複数箇所設置されているもの(マルチロックポイント)が理想的です。”

”扉は一般的に内開きであって、かつ、扉自体に飾りガラスや明かり取りガラスが付いていない方が理想的です。"

というように、家探しの重要なポイントともなっています。

日本も玄関の防犯対策はいろいろなされているとは思いますが、オートロックだったり、ドアをはずされにくいよう内開きだったり、1度で鍵が閉まらずぐるぐる回さなければならなかったり、と、日本と比べると「そこまでしなくても・・・」なこちらのつくり。

私の住んでいるところは、ココまでしなければ危ないところ!?と思いつつ、日本の平和を幸せに思い、それがいつまでも続くことを願う今日この頃です。

引用・参考サイト 外務省 海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/manual/bergium.html

******************************

                            東京校卒業生 増子晶子