Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< March 2014 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
2013年度卒業生の言葉

本日は私たちのために、このように心温まる卒業式を開いていただき、心より 感謝します。



卒業式を控え、2年間アカデミーの授業で書き溜めたノートを読み返してみました。
すると、その時の授業の光景が、瞼の中に鮮やかによみがえってきました。
1年生、2年生のコーディネーションの先生をはじめ、建築・パース・家具・照 明など、それぞれの分野のスペシャリストの先生方、さらに特別講義で教えてい ただいた先生など、改めて多くの先生方に教えていただいたことに驚きました。

数えきれない先生方との出逢いは、町田ひろ子アカデミーならではのことだと思います。



1年生の時は、まだ遠い先のことと思っていましたが、その時からどの先生も 私たちがアカデミーを卒業後、一日も早く一人前のインテリアコーディネーターになることを考えて、アドバイスをしてくれていたことが、ノートに書かれた先 生の言葉からひしひしと伝わってきました。
特に私の心に残った先生のお言葉は、
「クライアントを愛しなさい」
「インテリアコーディネーターは環境の仕事をしている自負を持ちなさい」
「知ったかぶりをしてはいけません。知らない時は正直に言うことが大事」 です。



それを読んで、はたと気づきました。
アカデミーの先生方は単なる学校の先生ではなく、第一線で活躍されている方々 だからこそ、フレッシュな生きたご指導をしてくださることができるということ です。





確かに私たち生徒も課題に追われ、仕事や家事との両立に苦労したこともありま したが、それ以上にアカデミーの先生方は、第一線で活躍され、さらに家事や子育てをしながらアカデミーで教えることはさぞ大変なことであると、卒業を前に今更ながら気づき、尊敬と感謝の気持ちでいっぱいになりました。





そんなアカデミーの先生方に私たちが恩返しする方法は、アカデミーの卒業生としての誇りをもち、これからインテリアに携わっていく中で、少しでもこの業界の発展のお役に立つことだと思います。



町田ひろ子アカデミーは、私たちがインテリアの世界に第一歩を踏み出す背中を押してくださいました。



今日の卒業式は1つの節目であり、これから先は大変僭越ではありますが、同じ土俵で切磋琢磨していく同志となります。その意味では「つながりの始まる日」でもあると思います。



私は4月から地方のハウスメーカーに就職しますが、町田ひろ子アカデミーのネットワークを日本中に、世界中に発信していきたいと思います。そしてそれが私たちの使命だと思っています。

最後になりましたが、この学校で同じ夢に向かって歩んできた仲間と、私たち
を支えてくれた家族に、心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。
アカデミーの仲間は私の宝物です。今までは学校のこと、そしてこれからは仕事のことを相談させてくださいね。
自分の夢のために必死で駆け抜けた2年間、家族の理解なくして勉強することはできませんでした。
また、朝早くから夜遅くまで、私たちのために学校を盛り立ててくださった事務局の方々にも、この場を借りて感謝申し上げます。

私たちは多くの方々に支えていただきながら、今日の良き日を迎えることができました。
この感謝の気持ちを忘れずに、インテリアコーディネーターとして、またそれぞれの目指す道で日々精進していく覚悟ですので、これから先も温かく見守っていただければ幸いです。

卒業生を代表し、ここでもう一度心から感謝の言葉を申し上げます。
町田校長をはじめ、多くの先生方、そして事務局の方々、本当にありがとうございました。



卒業生代表 インテリアコーディネーター専門科2年Dクラス 喜多 由美子

海外通信<ブラジル編>ユニークなビュッフェ

海外通信では、海外で暮らす町田ひろ子アカデミーの卒業生が、現地で感じる日々のことをレポートします。



ブラジルの食事処は軽食から本格的なレストランまで、いろいろなタイプ・スタイルがあります。

特にサンパウロは移民や外国人も多く、料理は多種多様、個性やデザインを競うレストランがひしめいています。
その中で、近年もっとも増えたのが『Por kilo』(ポルキロ)』と呼ばれるビュッフェスタイルです。
『Por kilo』(ポルキロ)のユニークなところは、最後に重さを計って分量分だけお金を支払うところです。

オフィス街や住宅地、ショッピングセンターなど、あらゆるところにあり、仕事の昼休みや買い物の途中など気軽に食事を楽むことができます。



どこの『Por kilo』(ポルキロ)も料理の種類が豊富で、サラダだけでもこのようにズラッーと何種類も並んでいます。



野菜の種類は豊富ですが、日本のものに比べ皮が硬かったりで、しっかり調理しているものが多いです。
素材のままおいしい、と言うのはやはり日本ならでは、と改めて感じます。
ですが、ちゃんと手間をかけて食材を活かしてるところは豊かな食文化だと思います。




サラダ類だけでも直ぐにお皿がいっぱいになってしまいます。
ブラジルの人は慣れていて、今日は何を中心に食べようか、考えながらお皿に盛っています。
私は、嬉しくてこの時点でもう隙間がなくなってるのが常です(笑)



お肉や魚のコーナーにも付け合わせの野菜類が豊富に。
写真右の野菜はこちらの定番野菜で(Coube de Manteiga)、味は全く違いますがキャベツのように千切りにして炒めて
食べます。名前にバターと言う意味が含まれているので、葉物なのに葉っぱの歯ごたえが無いのが不思議な感じです。




ソースの絡まっているお肉やパスタ類は重量がかさみますが、どうしてもとってしまいます。






バーベキューのコーナーもあり、お肉をその場で焼いてくれます。




最後に重さを計ります。
527gでした。意外に少ない?! これでR$22.61(レアル)、日本円で約1,100円。
サンパウロは今、世界で最も物価が高いとも言われる中、これはとてもリーズナブルな値段です。




ブラジルの人は食材が偏ることなく野菜や肉、穀類をバランス良く摂ります。
その理由の一つには、以前にも扱った“ブラジル人の美のこだわり”があり、健康もそうですが、どちらかと言うと常に
体形を気にかけているという事が言えると思います。。
なので、欧米に比べ意外に肥満体形の人が少ないのです。
海に行くとそれを実感することになります。
ブラジルのビキニはその面積の小ささがあまりに有名ですね。



イパネマビーチで  リオ・デ・ジャネイロ




それからブラジルの食べ物で外せないのは何と言っても豆類!!
日本人のご飯とみそ汁のように、豆を煮込んだもの『Feijão 』(フェジョン)とご飯を主食にしています。
大豆は健康食品で、老化を緩めたり女性ホルモンを活発にするとも言われており、ブラジル人が年齢より若く見えるのはそのせいかもしれません。



『Feijão 』(フェジョン)をさらにボリュームアップしたものが 『Feijoada』(フェジョアーダ)。
干し肉やベーコン・ソーセージなどと煮込む。



『Feijão 』(フェジョン)と『Feijoada』(フェジョアーダ)はどのようなレストランにも必ずあります。
勿論『Por kilo』(ポル キロ)にも。




もう一つユニークな・・・・。 
ちょっと変わったレストランをご紹介します。
お店に着くなり、レストランのオーナー兼シェフがテーブルにやって来て、テーブルに直接何か書き始めました。





今日のメニューを書いていたのでした。
旬の食材を使ってその日のイメージで作ると言う事なのです。
左側:肉か魚料理が4種。 右側:付け合わせのパスタ料理が3種・・・さて組み合わせは何通り??



そして出てきたのがこれです、なんとも家庭的な盛り。
ほほ肉を煮込んだものとトマトソースのフェテチーネ。
オーナー自らオーダーをとり、料理をし・・・とにかくとても忙しそうでしたが、味はとてもおいしかったです。
とてもユニークなイタリアンレストラン!

ブラジルは、インテリアも料理も、個性豊かなおもしろいレストランがたくさんあります。
そう言えばギャルソンのサービス精神もブラジルならではかもしれません

今度は是非、ギャルソンを特集してみたいと思います。

東京校コーディネーション講師 岡部美津子

春の兆し

はじめまして。ガーデニングプランナー科の新家です。
5月から始まった約1年間のカリキュラムが、先日3月8日の修了課題の発表をもってすべて終了し、残すは今週末の卒業式のみとなりました。
インテリアのクラスもガーデニングのクラスもこの3月は集大成を迎えた方が多かったと思います。みなさん、本当にお疲れ様でした。

修了課題の発表の日を迎えるまで(とりわけ最後の10日間くらい!)は、「あーー、時間がないー」ともだえ苦しんでいましたが、発表が終わったその瞬間、ほっとしたと同時に「あ、もうアカデミーでの学びは終わってしまったんだ…」と、眠たいながらも寂寥感がこみ上げ、名残惜しい気持ちでなかなか学校を後にできず…
仲間の「一杯だけ飲もう」の言葉に、ようやく建物を出ることができたのでした。

多謝!!修了課題の発表が終わり、みんなほっとした表情です。先生方もいるからちょっと引き締まってるかな?笑



そしてこの週末、久しぶりに何も予定のない土曜日を迎えました。大変だったけど、なんだか寂しいなあ。と寝ぼけ眼で外を見遣ると、窓の外には春の気配が!
元々、植物の写真を撮影するのは好きでしたが、学校に通い始めてから植物を見る目も大分違ってきて、日陰に生きる植物、乾いたところに生きる植物、花が咲く時期、葉の色づく時期、注意深く観察をするようになりました。
今日は、自宅周辺で見つけた、春の兆しをご紹介したいと思います。

これは自宅の玄関に植えてある、雪柳の小さな蕾です。風に揺れる姿も美しいです。
アブラムシがぎっしりついちゃうんですけどね(涙)


自宅ベランダの素焼きプランターに植えているローズマリーさん。真冬に花が咲かなくなりましたが、今の季節でも不意打ちに花が咲いていて、楽しませてくれます。ほんとに丈夫で香りも良く、うねるような枝ぶりのおもしろさもあり、お気に入りの常緑樹です。


こちらは、同じく自宅のベランダの少し日陰の多い所においてあるニオイスミレ。
昨年の夏、バテ気味で地上部は一度枯れたように見えたのですが、雪の降ったあと、気付いたらうすむらさきのひらひらとした花がついていました!スミレ、強し。


名も無き(調べてないだけです。。)雑草。艶やかなお花にはない美しさがありますね。


家を出て、散歩しはじめたら、桜でしょうか。今の時期に葉っぱと一緒に咲く桜。少し花色が濃い→河津桜かな?


こちらも散歩中見つけた、春。木瓜(ぼけ)の蕾。


芽吹きと、小さな春の花。自宅周辺(杉並区)を小一時間散歩しただけで、街には春の兆しがそこかしこに見られました。

学んだ1年間は、あっという間で、まだまだ知識や技術は定着していませんが、共に学んだ仲間や多彩な先生方、OB・OGの皆さん達との出会いもあり、やっとスタートラインに立てたのかもしれないと感じています。これからが勝負ですね。
小さくても自分らしい花を咲かせられるように、日々、学びの姿勢を持続していきたいと思っています。

町田アカデミーで出会った皆様、本当にありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします☆

東京校 ガーデニングプランナー科 新家由紀子

3月23日(日)卒業制作プレゼンテーション 開催!

こんにちは。東京校のスタッフです。

3月も半ばになり、やっと春の気配を感じられるようになりましたね。
東京校では、3月23日に卒業式を行います。毎年、多くの生徒を送り出すこの季節は、嬉しいような寂しいような複雑な気持ちになります。



アカデミーには、10代の終わりから60代まで、様々な生徒が一緒に学びます。一人ひとり、それぞれの思い・決意を持って入学してきますので、講師と私たちスタッフは、その思いを実現するために、名前を覚え、入学から学習、就職活動、卒業までを一貫してサポートします。

入学した時は、不安そうにしていた生徒も、勉強をスタートし、目的や好きなものが一緒のクラスメートや講師と交流することで、生き生きとしてきます。
線の引き方の練習から始まり、描いたことがなかった図面やパースが描けるようになり、プランニングができるようになり、そして、プレゼンテーションができるようになります。

アカデミーの生徒は、勉学と仕事や子育てとの両立など、忙しい生徒が多いのですが、好きなことを勉強するパワーって、スゴイです。
私たちスタッフは、この成長を、間近で見ることができるので、卒業を迎えるこの時期、とても感慨深い気持ちになるのです。

3月23日(日)は東京校の卒業式ですが、その日の午前中に、インテリアとガーデンの各クラスから選抜された8名の生徒たちによる『卒業制作のプレゼンテーション』を行います。

今年の卒業制作のテーマは、「おもてなし」。家族のみならず地域の方もおもてなしできる新しいライフスタイルを、インテリア/ガーデンとともに提案します。
在校生の他、一般の方、企業の方も見学できますので、是非、見に来て下さい。生徒の勉学の成果と、作品にかける思いを是非ご覧下さい。

卒業後、生徒たちは、インテリア・ガーデンのそれぞれの道へ羽ばたいていきます。学んだことを実践で生かして、それぞれの夢を実現して下さいね!


『3/23卒業制作プレゼンテーション』の詳細は、下記ホームページでもご案内しています。
http://www.machida-academy.co.jp/network/tokyo/2014/02/graduation_2013.html

東京校の教室で、生徒作品展も開催中です。(3/22迄)
平日:10:00〜21:00 土日:10:00〜18:00 祝日休み

東京校 事務局スタッフ


アカデミーのご近所、246COMMONのご紹介
こんにちは。東京校スタッフです。

さて、最近はフェイスブックの更新などもあり、
さらに「良い情報は何かないか!」「青山のニュースポットは?」
と考えるよい機会になっております。

そして、青山は、やはりインテリアやファッション、食事など、
常に面白いスポットがあるのですが、
アカデミーの近所でありながら案外スタッフや生徒さんも行っていないのでは?というスポットのご紹介です。

246COMMON(246コモン)



ちょっと昭和の路地的な雰囲気の小路には
和雑貨のお店などがこじんまりと軒を連ね、
246通り沿いに面したエリアには、アジアの屋台的雰囲気の食事処があり、結構楽しそうな雰囲気です♪

行ったことのない方は、ぜひのぞいてみてください!

町田ひろ子アカデミーfacebookも、日々更新しております♪
表参道情報満載ですよ!
https://www.facebook.com/mica.tokyo

東京校事務局スタッフ