Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< June 2014 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
海外通信<ロンドン編>ザハ・ハディッドのThe Magazine Restaurantへ
海外通信では、海外で暮らす町田ひろ子アカデミーの卒業生が、現地で感じる日々のことをレポートします。



こんにちは。かなり昔に福岡校を卒業した板倉と申します(旧姓:松永)。
去年より主人の仕事の関係で、ロンドン駐在になりました。まだまだ日が浅く、わからないことも多いのですが、街を歩けば至るとこにアートがあり、石造りの住宅や古びたパブ、そんな中にエッジーなガラス張りのビルが建ち並ぶロンドンに刺激を受ける毎日です。
少しでもロンドンの景色をお届けできたと思い、今回図々しくも事務局にお願いし、寄稿する機会をいただきました。つたない文章でお恥ずかしい限りですが、どうぞよろしくお願いいたします。



最近、やたらお天気のいいロンドン。こんな時は公園に行くのもロンドンの正しい過ごし方のひとつです。ロンドンの西側にあるケンジントンガーデンに行ってきました。今の季節はどの公園も太陽を求めて日向ぼっこをしに行く人(半裸の人が至る所でゴロゴロ寝転がっていますが。。。苦笑)、小さなピクニックシートを敷いてランチを食べる人など、たくさんの人が公園で時間を過ごしています。



最近このお花をよく見かけます。爽やかな色合いが初夏を感じます。


ケンジントンガーデンにあるサーペンタインギャラリーの別館は200年ほど前に建てられた元火薬庫を利用したギャラリーなのですが、昨年の改装に伴い増設されたThe Magazine Restaurant に日本から遊びに来てくれた友人と行ってきました。





2020年の東京オリンピックのメイン会場、新国立競技場に決定した、建築家ザハ•ハディッドによる曲線を生かしたデザイン。れんが造りのギャラリーの傍らで鮮烈な存在感を放っていますが、重みのある素材を使わず、軽やかな仕上がりなのが、200年前の建物との柔らかく融合しているような気がしました。それにしても波打つ白い屋根が青空に生えます!





屋根の曲線は白いフレームにテントのような丈夫な生地を張ったもので、天井を支えるチューブ状の柱の上部がガラス張りになっていて、スカイライトの役割も果たしています。 自然素材はギャラリーと共有しているバーカウンター背面ブロック壁しかないのですが、機能性以上にこの有機的な形が包み込まれているような気持ちになって、何だか妙に落ち着ついてしまいました(笑)



曲線の屋根、ランダムに建つ柱と空間的に使いにくそうな印象ですが、意外とスッキリと機能的。
エントランスから右手に長いバーカウンター、客席、キッチン(写真7の奥にチラッと写っています)、奥がバックヤードとクロークと明確な壁はなく緩やかに仕切られています。柱に合わせて変形した大きさの異なるテーブルは、相席用は2人用、ちょっとしたランチミーティング用と多様的で、何よりきっちりと並んでいないことがこの空間に合っている。



肝心の食事ですが、レストランではロンドンで流行中のジャパンフュージョン料理を食べることが出来ます(ランチコース20ポンド(現在1ポンド=約170円))。きちんとお箸がテーブルにセッティングされていて、おっ!と思ってしまいました。TERIYAKI やDONBURIなど、日本食の名前がそのままメニューになっているのですが、数人の友人に味について尋ねたところ、賛否両論(笑) 
「期待せずに日本食を食べたら結構よかった!」や「洋食を頼んでパンが一番おいしかった!」など(パンが一番おいしいってどういうこと?!と心の中で突っ込む私)。折角だし試してみるのもいいかな〜と思ったのですが、その日のスケジュール的に朝食時間が一番よかったので、パンと紅茶にしてみました。



味は普通でした(笑) でもテーブルウェアがよかったですよ。
カトラリーとティーポットが流線型でThe Magazineのコンセプトにピッタリでした 。
ちなみにカトラリーは日本人建築家伊東豊雄さんがデザインしたアレッシイの MU。スッキリしていて素敵でした(ティーポットがわからず。。。もしご存知の方がいらしたら是非教えてください!)。
そして建築関係で働く友人が一番興奮していたのが、トイレの設備!
蛇口の横に突き出た角のようなものはなんとハンドドライヤー。ダイソンのもので、乾燥がものすごく早く感動ものでした! (ココ重要) ダイソンの壁付けハンドドライヤーは今や定番中の定番ですが、このタイプは初めて見ましたよ。



“全てのものがコンセプトにつながっている”
改めてコンセプトの大切さを実感できる空間でした。

ロンドンに行かれた際には、 地下鉄QWEENS WAY駅からケンジントンガーデンをお散歩がてら、是非訪れてみてくださいね。ロンドン中心地からすぐです。
隣と川向にある若手アーティストを中心に展示したギャラリー(無料)もオススメです。


The Magazine Restaurant
West Carriage Drive Kensington Gardens London W2 2AR

http:// www.serpentinegallery.org

福岡校卒業生 板倉

お気に入りに囲まれた生活

こんにちは!
インテリアコーディネーター全日コースの山嵜優美です。

入学して、はや3ヶ月。
私は四国の愛媛県出身で、こちらの学校に通うために今年上京したばかりです。毎日が充実していて、刺激的で、町田ひろ子アカデミーに入学を決めて本当に良かったと実感している今日この頃です。


早速ですが、私の趣味のお話をさせていただきます。

私は食器が大好きです!
ついついキャビネットに収まりきらない程に買い集めてしまいます・・・

そしてカメラも趣味なので(技術云々は置いておいて)、今日はお気に入りの食器を自分で撮った写真を使っていくつか紹介させていただこうかと思います。

まずは、こちらのカップ&ソーサー。



ARABIAの1970年代の作品でmeri(メリ)というシリーズ。
meriとはフィンランド語で「海」という意味だそうです。

深い海のような青緑色で、神秘的な雰囲気が漂っていますよね!
どっしりとしたフォルムでたっぷり飲み物が入るところもお気に入りです。

次は、こちらのプレート。(いつかの夕飯だったかな。)



一見、このブルーのプレートは北欧っぽい雰囲気もありますが、和食器です。
長崎県の波佐見焼を現代風かつ機能的なデザインで製品化している白山陶器さんの器。
シンプルで飽きのこないデザインでとっても軽い!
これから長年使っていきたいと思える器です。

続いて、こちら。



(食器ではありませんが)STAUB鍋です!
お鍋と言えば、特に有名なのがルクルーゼ鍋とストウブ鍋。
私は断然ストウブ派ですね!

蒸気を逃さず、フラットなふた裏のピコから水分がココットの中の食材にまんべんなく降り注ぐシステムによって、食材の香りや栄養素を逃さないようになっているそうです。

カラーバリエーション豊かな中、マットなブラック!
かっこ良くて迷わずこの色を選びました。
キッチンで抜群の存在感を示しています。



このお鍋でお米を炊くと、普通の炊飯器で炊いたお米が食べられない!と思ってしまうくらいに美味しく炊きあがります。
白米ってこんなに美味しかったんだな〜と実感します。

ストウブはお鍋だけではありません。



これは友人から結婚式の引き出物でいただいたもの。
ディスプレイとして飾っていても可愛い!


続いて、こちらも食器ではありませんが計量スプーン!



アメリカで生まれた大人の女性のためのファッションセレクトショップ Anthropologie のものです。
洋服やアクセサリーだけでなく、キッチン雑貨なんかも沢山あります。(ただ日本にはまだ直営店がないため入手は困難かも・・・)

日本ではなかなか見かけないポップな配色で、キッチンも華やかになりお料理がより楽しくなります^^


という感じで、まだまだご紹介したいものは沢山あるのですが、この辺で。


お気に入りに囲まれた生活というのは、幸せで豊かな気分になりますよね。

豊かな暮らしを提案するインテリアコーディネーターを目指す身として、これからも自分自身が豊かだと感じる生活を送っていきたいなと思います^^


インテリアコーディネーター全日コース 山嵜優美

Whose Design!

こんにちは!東京校スタッフです。
東京は先週から梅雨入りし、雨続きの毎日ですね。
皆さんは、雨の日をどのように過ごしますか?
何となく気持ちまで湿っぽくなりがちですが、私は雨によく似合う花、「アジサイ」を見ながら、近所をのんびり散歩することがあります。





さて、話は変わりますが、
4月から入学して2ヶ月がたちましたが、アカデミーの生活にも慣れて、インテリアの楽しさ、面白さが少しずつ実感されているかと思います。
生徒さんの成長ぶりに先生やスタッフそしてご本人自身も驚いていることでしょう!
授業の様子も見学出来ますので、どうぞお気軽にご来校下さい。
→ スタッフお勧め! 授業見学をPICK UP!

先日、専門科2年生のコーディネーションで、「Whose Design」の授業がありました。近代から現代に移行する過程において、特に現代で社会的に評価の高い作品と作者についての知識を学びます。グッゲンハイム美術館やバウハウス、インテリアコーディネーターの資格試験に出題される有名な椅子、ワシリーチェア、パントンチェアラ・シェーズなどをレポートします。

先日、「Whose Design」の課題にも出てきそうな、ル・コルビジェの有名な椅子(右端)に思わぬところで出会いました。
雑誌がおいてあって、美容室の待合室みたいな空間ですね。



ここは、「キャミック(CAMIC)」という、動物検診センターの待合室です。
CAMICとは、Companion Animal Medical Imaging Centerという意味です。CTやMRIを使った画像診断をする施設です。
高齢社会は人間だけでなく、動物も同じですが、動物は言葉が話せないので、人間に比べて早期発見や早期治療がむずかしいです。主治医と連携して、主に犬や猫の病気を早期発見、早期治療をするための、適切な診断をする場所です。動物にも健康診断が必要ですね。



ガラス張りの解放感がある、ゆったりとしたスペースで、家族の一員である大切なペットの検査が終わるのを待つ、落ち着かない時間をいかに心地よく過ごしてもらうことを考えられています。インテリアの大切さが伝わりますね。



写真ではよく見えないのですが、腰壁にはフックが取り付けてあるので、席を離れる場合にも安心です。トイレの中にもお子さん用のオムツを取り換えコーナーのようなベッドがあります。こころ遣いが嬉しいですね。

このようにインテリアを勉強していると、思わぬ場所で学んだことが復習になり、少しでも「ピン!」ときたら、調べると知識が深まります。
「Look!Look!Look!」の精神で出かけるときっとよいことがありますね!

東京校 事務局スタッフ


インテリアイメージ

こんにちは!
インテリアコーディネーター全日コースの中野恭兵です。

入学してから早2ヶ月、もう梅雨の時期となりました。今年は気温の変化も激しく健康管理が大変ですね。私はこの一年、皆勤賞を目指すためにも週1回水泳をし運動を欠かさないようにしています。

今、全日コースでは、リビング・ダイニング・ベッドルームの課題が終わり、キッチンの課題が始まろうとしています。
これまでに様々なインテリアイメージを学びましたが、人それぞれイメージしやすいもの、イメージしにくいものがあり、全日コース一同、自分の苦手分野に奮闘しています。
そこで今回は、ちょっと息抜きをということで、インテリアイメージを使い自分の好きなものをイメージスケールに当てはめてみようと思います。

私は、子供のときから自動車のフォルムが大好きで、道行く車、TV、雑誌等で気づけば自動車を凝視していました。 この「自動車」をイメージスケールに当てはめたらどうなるのでしょう。(私の独断と偏見も含みますがお許しください。)


それではまず「クール」
これは比較的簡単に思いつきますね。 冷たそう、尖ってそう、軽そう・・・



ランボルギーニ ガヤルド(イタリア 2003年) 

こんな感じ。よく表参道や青山通りで見かけますよね!羨ましー!


続いて「プリティ」
うーん、パッと思いつくのはあれだ。丸くて、優しそうで、お目々パッチリ・・・



フォルックスワーゲン ビートル(ドイツ 1970年代)

かわいい!出会ったらボンネットをなでてあげたくなります。現行型よりこの辺の型がお気に入り。

次は、「ダイナミック」
これは、あのワイルドな国の車だ。直線が伸びていって、大きくて、強そう・・・



キャデラック コンバーティブルクーペ (アメリカ 1959年)

このテールフィンと大きなバンパー、強烈ですよね!今じゃ絶対出てこない形。戦闘機がモチーフとなっています。

まだ続きます、「エレガント」
これは人によって捉え方が違うかもしれません。曲線的で、優雅で、上品・・・



メルセデスベンツ 300SL (ドイツ 1957年)

なんと言ってもこのガルウィング!優雅な形状です。本当に美しい。

いよいよラスト、「ゴージャス」
大体の方がこれを思い浮かべるのでは? 高級感があり、厳しさがあり、存在感がある・・・



ロールスロイス ファントム (イギリス 2014年)

高級車の代名詞。威風堂々としたフロントマスク。お値段なんと6000万円以上!!
インテリアも負けずゴージャス!



いかがでしたか? 自動車には特有のブランドイメージもありますが、おそらく的は外していないと思います。このように自動車に置き換えてみても、いろんな発見や分析ができ面白いと私は思いました。皆さんも試されてみてはいかがでしょうか?

全日コースでの残りの10ヶ月、真剣に学ぶ姿勢を保ちつつもたまには息抜きをして、楽しく成長していきたいと思います。「ウサギより亀になれ」を大切に。

長々と車オタクにお付き合い頂きありがとうございました。

インテリアコーディネーターコース全日制 中野恭兵