Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< August 2014 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
8/24(日)サマースクール2014 町田ひろ子校長特別授業レポート


こんにちは!めっきり涼しくなりましたね!

先日、2014年サマースクールの最終回、
町田ひろ子校長の特別授業が開催されました!

多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。



セミナーでは、参加者のみなさんにリラックスしてもらうために、
校長がいくつかのクイズを用意、
答えの中には、家に帰ってすぐに使えるインテリアのテクニックも。



この辺りで、実は町田ひろ子校長が思っているよりも
ずっと気さくな人だとお分かりいただいたのではないでしょうか?

さてセミナー本番では、
今まで町田ひろ子校長がやってきた物件などをご紹介しました。

まだ「インテリアコーディネーター」という仕事が日本になかった時から、
どのように仕事を広げてきたか、仕事への取り組み方、新しい仕事がどのように生まれるか、などを実際の事例をお見せしながら、お話ししました。



最後のQ&Aでは、
・仕事の幅を広げ、魅力ある人と仕事をしていく秘訣は?
・週に1日の授業で40代、時間も限られた中でどのように勉強するのが効率が良いですか?

など、多くの積極的なご質問がありました。
みなさんの前向きな質問に、町田校長自身もとても嬉しくなったと言っていました。


時間内にお答えできなかった方のご質問も、セミナー終了後、町田校長がひとつずつ目を通し、答えています。
(参加者の皆さん、追ってご連絡いたします)

今回ご質問いただいた内容、その答えを知りたい方、
ぜひアカデミーにお越しください!

インテリアの世界に一歩踏み出す前のお悩みは
実は共通している部分が多いかもしれません。

次回の学校説明会は・・・・
■8月30日(土)15:00〜17:00
みんなが知りたい!インテリアコーディネーターの「資格」と「仕事」
→詳細はこちら

東京校 事務局スタッフ

サマースクール2014・開催レポート─8/23


こんにちは。アカデミー事務局スタッフです。
今回のサマースクールは「3Dソフトでインテリアコーディネート体験!」



講師は藁谷先生。
アカデミーではCAD講師として、そして株式会社アイプラフの代表として、CAD業務における教育や制作などに従事されています。

今回のサマースクールは、「インテリアデザイナーズNEO」という3Dソフトを操作して、インテリアコーディネート体験をしていただきました。
さて、「インテリアデザイナーNeo」 これはどういうソフトかというと、誰でも手軽にインテリアパースの作成が行えるインテリアプレゼンテーションソフトになります。



最近では、インテリアコーディネーターが、このインテリアデザイナーズNEOを仕事で取り入れることも増えてきているそうです。



体験レッスンでは、まず最初に、平面図を作成して、その中に間取り作り部屋を区切っていきます。
平面図の作成といっても、直感的に操作が出来るのでとても簡単。
次に、ソフトの中に様々な素材のテンプレートが入っていますので、好みのベッド・壁・テーブル・照明・植栽を選んで、平面図の中に配置していきます。さらに、作成した平面図をボタン一つで簡単に3Dに変換することが出来ます。
こうした3D表現ができると、よりお客様にお部屋のインテリアのイメージが具体化します。



インテリア業界で、いまや必要不可欠となりつつある3Dソフト。
アカデミーでは、カリキュラムにインテリアデザイナーズNEOを取り入れています。
他にも、「Vectorworks」という、よりインテリアに特化したソフトを使用したCAD講座もございます。

こうした3DやCADソフトのスキルを身につけることでより質の高い魅力的なプレゼンテーションを簡単に表現することができます。

東京校 事務局スタッフ

軽井沢のガーデン
みなさんこんにちは(^O^)/。 ガーデニングプランナー科の竹内です。

現在。実は、私、信州から東京まで通っております(^_^;)、毎週、朝早起きで大変っす。
おまけに交通費も馬鹿になりません((+_+))。
しか〜し、本当に、この学校はすばらすぃ!事務局スタッフの方々や、先生の授業への熱意と内容!また、それを受講する生徒(仲間)のやる気度MAXでございます!
元々、花屋をしていたこともあって植物や花が大好きです❤、ブーケやアレンジを作るよりも、ガーデニングの方に興味がありました。

授業が始まってから約4カ月が経ちました。
慣れてきたのは良いのですが、課題が徐々に増えてきて今後課題漬けな日々を送る気がしてなりません(笑)

さて、今回はマイナーからメジャーまで、現在住んでいる場所から比較的近いガーデンを中心にご紹介いたします!

〃攬翅植物園!(軽井沢町)なんといっても入園料100円!
敷地面積20,000屬涼罎北145科1,600余種(変種・品種を含む)が集められています。比較的近いので1カ月に一回ぐらい通っています(笑)
注:7月頃まで虫が多いので虫除け帽子必須です。長袖長ズボンで行っても手の甲を蚊にさされます。(;一_一)手袋も良かったら持って行ってね♪
※素材は革かゴム◎、背抜きがある手袋だとその上から挿されます(^_^;)



今の季節の見どころは、ノリウツギ(ミナヅキ)、ピラミッドアジサイとも呼ばれています。
季節はもう初秋なんですね。9月中旬ぐらいまで花を楽しめると思います。



これは今年の6月頃撮ったミヤコワスレの写真です。可憐で可愛いです。
花は山野草が比較的多い感じです。

∪藜博美術館にあるカラーリーフガーデン(軽井沢町)見学無料!素敵過ぎます。
美術館に入るには有料ですが、ガーデンを観るだけなら無料です。
約3,000屬良瀉呂法▲僉璽廛襦Εぅ┘蹇次Ε轡襯弌次Ε譽奪鼻Ε團鵐・ホワイト、シルバー、ブルーなど多彩で美しいカラーリーフの樹木と多年草が、150種以上植栽されています。
※敷地内に浅野屋さんというパン屋さんもあり大変美味しいので是非お試しあれ。



リーフガーデンを始めて観ましたが、葉の形と色だけでこれだけ目を楽しませてくれるのには正直驚きました!



アメリカハナズオウ(ハートオブゴールド)ハート型の葉がとても可愛らしい!
※フォレストパンシーの方が葉が赤柴〜濃柴紅色で有名ですね。

7攬翅絵本の森美術館 ピクチャレスクガーデン(軽井沢町)
ピクチャレスクとは、絵のように美しいという意味。英国人ガーデンデザイナー ポールスミザー氏の手がけるナチュラルガーデンです。ここがまた、すばらしい、その土地にあった植物や素材を吟味したポールのガーデンは見事です。



軽井沢絵本の森美術館内にあり、絵本好きな人は必見!かなり詳しく史料が展示されています。オシャレなカフェもありゆっくりと1日を過ごす事もできます。



イギリスでは、庭を見れば性格がわかるといいます。
ポールの性格を知るには観に行くのが一番早いかも?

で鯒聾淮疑∧園(白馬村)
標高1,515mのアルプス平に位置する日本有数の植物園です。五竜テレキャビンに乗ってらくらくアクセス。そこには300種以上、約200万株の高山植物があなたをお迎えします。青いケシが見どころです。



白馬五竜岳からの眺望。高山植物も良いですが山からの眺めも最高です!



7月中旬 ヒマラヤ原産の青いケシ。他の植物園でも見られますが、やはり標高1,500mの白馬五竜岳で観ると一味違います。※但し毎年7月頃しか見られないので見に行く時は事前にチェックを忘れずに。

ゥ凜ラデストワイナリー内ヴィラデストガーデン(東御市)見学無料!
玉村豊男オーナーが主催するガーデンファーム&ワイナリーなんですが、ワインやカフェレストランも最高ですが、併設されているガーデンがGOODです。
カフェで眺めを楽しみながらお茶をして、その後ガーデンを見学するのがおススメ。
※食事は事前予約が必要なのでご注意を!



数年前の10月頃の写真です。眺望の良い景色を眺めながらの
食事やカフェのひと時は格別です。



ホルデューム ジュバタム 大好きなイネ科の植物です。穂先がかすかにピンク色をしていてとても美しいです。

Ψ攬翅凜譽ぅガーデン(軽井沢町)
湖に浮かぶ島を中心に、8つのエリアからなる3,3000屬離淵船絅薀襯ーデンは4,500株ものイングリッシュローズやフレンチローズ、可憐な宿根草、ハーブが咲き誇こっています。ローズシーズンもおススメですが、他のシーズンも宿根草や花木があり充分楽しめます。



マナーハウス(入口付近)から素敵な雰囲気で出迎えてくれます。
これからの心躍る湖畔散策を思わず期待してしまいます。



やはり水辺の風景が良く似合います。6月〜7月はローズシーズンで、
6月の後半にはローズフェスタなどイベントがあり充実しています。

Х攬翅凜織螢▲札鵝.ぅ鵐哀螢奪轡絅蹇璽坤ーデン(軽井沢町)
約200種1800株のイングリッシュローズが咲き誇る庭園があります。
バラの育種家のデビッド・オースチンが手掛けたガーデンで、その種類の豊富さには驚きます。(・_・;) 自分的には塩沢湖畔をまったりと歩くのがおススメ!



今年の入口付近は、アナベルと馬のオブジェでした。毎年違うので観る度にセンスの良さを感じます。毎年、初夏に假屋崎省吾さんのイベントあり。



ローズガーデンの一番奥にある ポールズヒマラヤンムスクです。流石
ランブラーローズの代表的品種です。写真だと分かり辛いですが(^_^;)
かなり大型化しています。後ろの樹木と対比すると分かりやすいかも。

北八ヶ岳 坪庭(茅野市)
日本庭園の坪庭とは異なり、自然が創りだした形状そのものを言うようです。
八ヶ岳最後の噴火で出来た溶岩台地は圧巻です。非日常的な雰囲気満載です。
植物は高山植物になります。開花時期は5月〜8月。花を楽しめる期間は
6月下旬〜7月上旬頃です。ですが、ここに関しては岩肌を観賞する!?
と言った方が合っています。



岩がスゴイです!標高が2,200m付近なので夏でも気温が20度前後、服装は長そで、歩きやすい靴は必須です。登山コースもあり本格的な装備をした方々ともすれ違う機会が多いです。



コイワカガミ、至る所に可愛らしい姿で佇んでいます。一眼レフを持った高山植物好きな方々が写真撮影してる姿が良く見受けられます。

今回、私がご紹介した植物園はごく一部です。まだまだ、信州には素敵な
ガーデンや国立高原公園などがあなたを待っています。
私のブログを見て少しでも興味を持ったらなら是非行って見る事をおススメします。
写真で見るより、実際に「見て」「触って」「匂いを嗅ぎ」五感で感じると
より鮮明に植物たちの息吹や生命力、美しさを感じられます。

東京校ガーデニングプランナー科 竹内 徹


サマースクール2014・開催レポート


こんにちは。東京校のスタッフです。
今回のサマースクールは、「初心者にもできる!花と緑のガーデンデザイン」という体験レッスンで、ガーデン好きな多くの方に、ご参加いただきました。

講師の小島理恵先生は、ガーデンデザイナーとして、住宅(一戸建て、マンション)や店舗など、様々なガーデンを手掛けています。



テレビに出演したり、ベランダ菜園の本を監修したり、大変活躍中の先生です。
小島先生がテレビ出演したBS・ジャパン 「日経 大人のoff おとなの嗜み・家庭菜園」の動画は、こちらでご覧いただけます。↓
http://www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber05_43a.html

サマースクールでは、最初に、先生が手掛けたベランダガーデンの事例を見せて下さいました。
料理で使うハーブを中心にしたコンテナガーデンや、ブドウや柿など実のなる木ばかりのコンテナガーデンなど、毎日の暮らしが楽しくなるようなベランダです。

体験レッスンでは、マンションのベランダ図面に、置きたい植物や鉢を配置し、どんな暮らしができるようになるのか考えながら、プランニングしていただきました。



皆さん、植物選びやコンテナ選びに悪戦苦闘していましたが、発表では、こだわりのポイントを上手にプレゼンテーションできていました。



楽しく快適で、そして自分らしいライフスタイルを実現するためには、インテリアとガーデンのトータルコーディネートは不可欠です。
ガーデン特別入門講座は、来月(9月)に開講します。
花や植物の好きな方、自宅のお庭やベランダを素敵にしたい方、この秋、新しい一歩を踏み出してみませんか!
小島先生が担当の「ガーデン特別入門講座」の詳細は、こちらをご覧下さい

図面も描いた事がない初心者の方でも大丈夫です。自分の庭やベランダを、自分らしいお気に入りのプランができるようになります。9月17日(水)開講です。全10回。

東京校 事務局スタッフ


メトロ文庫

こんにちは。
事務局スタッフです。

みなさんは、東京メトロの地下鉄構内にある「メトロ文庫」をご存知でしょうか?
メトロ文庫では、乗客や地域の住民から寄贈された本を駅構内で無料にて貸出をしていて、誰でも自由に借りることが出来るそうです。
東京メトロにはこのような施設が数駅あるそうなのですが、最も有名なのが千代田線根津駅構内にあります。
根津駅のものは、最も歴史が古くて規模も最大で蔵庫数は約600冊。
そして最も特徴的なのは書棚のデザイン。メトロの電車の形をした本棚の中に本がずらりと並んでいます。これは、実際に使用されていた廃材を使って作り上げたそうです。



メトロ文庫で、ふと昔に海外旅行した時のことを思い出しました。
ホテルのロビーには、無料で本を提供している書棚が置いてあって、旅行者が残していった様々な国の本がありました。(ほとんどはガイドブックでしたが・・)
書棚の中には、日本の小説や漫画もあり、私もよく利用していました。
そして自分がホテルを出る時には、読み終えた本を書棚に置いてきたものでした。
私が置いてきた本達は今頃どこにいるのか?
まだそこにあるのか、捨てられたか、もしかしたら未だ様々な人の手に渡りながら、世界のどこかを彷徨っているのかもしれません。

ちなみに、根津駅のメトロ文庫をはじめ、各文庫とも返却率が悪化して蔵書数が激減しており返却率10%以下とのこと。もし根津に用事がある時は、立ち寄って、読まなくなった本を寄付してみてはいかがでしょうか?
※東京国立博物館・上野動物園へは、ひそかに根津駅が近いです(マメ)

東京校 事務局スタッフ

空中庭園
こんにちは。ガーデンプランナー科のDです。
毎日暑い日が続いていますね。もう少しで夏(お盆)休みです。1週間だけですが・・・
先週くらいから Summer time を取り入れています。早寝早起きしているだけなのですけどね・・2匹のニャンコ も、もれなくついてきます。 =^_^=
私の家は横浜なのですが、裏に山があって虫の音や鳥のさえずりが心地よいのです。今は朝夕ヒグラシが鳴いています。いいですよねぇ。見た目はセミなのですがね。朝明るくなってくるとジージーとアブラゼミに替わります。もう少しするとニイニイゼミも鳴き始めます。(ニイニイゼミが一番朝寝坊さん?)
今日も暑くなりそうです・・(今まさにその時間帯)

鳥や虫の声を聞いていると、数週間前に観た番組を思い出します。
草刈正雄さんがナビゲーターをしているNHKの「観賞マニュアル美の壺」という番組です。この番組は暮らしの中に隠れたさまざまな美を紹介しています。
その回のタイトルは「空中庭園」でした。タイトルを見ただけで興味をそそられました。吉祥寺や恵比須、大手町などの屋上庭園や大阪のショッピングセンターを紹介していました。大阪の「なんばパークス」は現代の「バビロンの空中庭園」に例えられていました。
そして「アクロス福岡」!本当に驚きました。
日本にこんなスケールの大きい屋上緑化があったなんて!



まずは、こちらが正面(右)とサイド(左)の写真です。このビルはコンサートホールや国際会議場、オフィス等を備えた複合施設です。高さ60mで13階建てです。そして、裏側は・・・



まるで「ラピュタ」みたいですよね。
下は広い芝生のグランド(公園)になっていてそこから山がそびえ立っているように見えるのです。アクロス山には階段で頂上まで登ることができます。



途中、池や滝もあります。



木々が大きくて、ここがビルの上だなんて思えませんよね。
1995年に3年間かけて完成しました。当初苗木は小さくコンクリートがむき出しで、無骨な姿だったので地元の人々は失望したそうです。ここは元県庁舎が建っていた場所で、市民は跡地には緑の公園を希望していました。



これが完成当初のもの。でも、これだけ植林するのは大変だったでしょうね。
この庭園を手がけた造園家の田瀬理夫(たせみちお)氏の発想は・・・
ビル全体が緑で覆われて山のようになる。その山は、福岡の他の山々に自然に植わっている木々で覆われている。一つの山を育てる。というものでした。
この計画は60年先を見据えているのです。当初76種類だった樹木も野鳥などの助けもあり、今では200種類近いと言われています。
基本的に手を加えないそうです。階段にはみ出した枝を剪定するくらいです。
今、まだ19年しか経過していません。これから先の姿が楽しみです。
この建築は植物が年々成長して豊かになり、価値が出てくる。時間を味方にする建築だと田瀬さんはおっしゃっていました。明言ですよね。
九州は遠いですが、是非行ってみたいです。
私たちガーデンプランナー科は8月末から屋上緑化の授業が始まります。興味深く学べそうです。

今週末(8/2)に3回目のプレゼンテーションがあります。大変です。色々製作中です。



油断すると、このとおり・・・(―_―)!! この後もう1匹も同じことを・・・

今回はうまく伝えられるように、原稿(カンペ)を作ろうかと思っています。

東京校ガーデンプランナー科 “D” (女性です)

サマースクール2014・開催レポート


こんにちは。

7月最後のサマースクール。
今回の内容は、『表参道・最新照明デザイン見学ツアー』です。
昨年も好評だった見学ツアー。今年も、10名を超える方にご参加いただきました。

担当講師は、照明のスペシャリスト山中先生。
日本ライティングコーディネート協会の副会長でもあり、東京校の照明講師でもあります。

さっそく見学ツアーへ出発。
目的の表参道ヒルズは、アカデミーから10分程度の場所にあるのですが、アカデミーがある、青山・表参道はデザイン・インテリアの街。向かう途中にも様々な凝ったデザインで照明を使用した店舗があるので、ポイントポイントで照明の使い方等についてレクチャーをしていいただきました。
照明は光によって、人の心理に様々な影響を及ぼしているのです。
黄色っぽい温かみのある色の照明にすると、ゆったりと寛いだ気分を生み出す効果があるので、居酒屋などでは効果的。逆に明るい白色の照明は、落ち着かないので、回転率をあげたい店舗には効果があるそうです。









さて、いよいよ表参道ヒルズの中へ。



表参道ヒルズといえば、複雑な立体構成をした吹抜空間。
1Fから3Fをスロープを渡りながら、ヒルズ内のショップを一通り見学しつつ、ここでもそれぞれの店舗での照明の使い方についてのレクチャーがありました。
さすが表参道ヒルズは照明も凝っています。
後方からの映像の投影などの珍しい照明器具などで、商品の見せ方にこだわりを感じさせる店鋪がたくさんありました。参加者の皆様も、照明の見方が変わって、照明の面白さ・楽しさを分かっていただけたのではないでしょうか。

さて、8月のサマースクール日程も決定しています。
詳細は、こちらよりご覧ください。

皆様のお申し込み・ご来校お待ちしています。

東京校 事務局スタッフ

海外通信<スイス編>毛糸のストリートアート
海外通信では、海外で暮らす町田ひろ子アカデミーの卒業生が、現地で感じる日々のことをレポートします。



今年の初め、市電に乗っていて目に留まったのはカラフルな毛糸で覆われた、ある建物のステンレス製の柵。とっても寒くモノトーンな景色の時期だっただけに、目からは暖かさが伝わってきました。
人伝に聞いた話には、編み物の好きなおばさんが勝手にやっている事らしい。
夏になってもそのままになっている柵を再度目にして、この編み物好きなおばさんの作品が他にもあるのではないかと思ってちょっと調べてみました。

気づきや思いつきには理由がある様で、丁度一ヶ月前の6月下旬に毛糸好きの愛好家達が集まって催しをしていた事が分かり、慌てて出かけました。運良くその作品達はまだ健在。お目にかかる事ができました。
この毛糸アートはアメリカから始まっているのですね。バスを丸ごと一台編み込んでいる写真を見た時には、カラフルさとバスを選んだその熱意など‥色々な意味で感心させられました。

ジュネーブでの今回の催しは、会場になった地区を毛糸で化粧直しをするという一つの目的の下に、様々な世代と違った文化背景を持つ人たちが集まり交流できる機会を作っていました。この地区の住人とこの地区内の高齢者住宅に住んでいる人、その友達等などが参加し、毛糸編みを一緒にすることで社会から孤立しないようにという働きかけも背景にあったようです。
ただただゲリラ的に毛糸アートを施していたのかと思っていたのですが、意図があったのですね。

では作品達です。

















東京校卒業生 まちだくみこ

夏休み 2014
こんにちは。
事務局スタッフです。

本日から8月ですね。東京校の夏休みは8/14(木)〜8/17(日)です。
校内に夏休みスケジュールを掲示しますので自習などで教室を利用される場合はそちらで確認して下さい。

皆さんはどのような夏休みを過ごされるのでしょうか?
ちなみに専門科2年生は夏休み明けにプレゼンテーションがありますね。

さて私は以前、宮古島へ行く機会があり、それからずっと沖縄本島にも
行ってみたいと思っておりましたので一足早い夏休みとして行ってきました。

本島へは初めてでしたのでガイドブックに掲載されている首里城・美ら海水族館・万座毛・古宇利大橋など観光地もほとんど廻り、本島全体をレンタカーで駆け巡りました。









その中でも、さまざまなガイドブックに「海カフェ・森カフェ特集」が載っていて、実際に南部にある新原ビーチ近くの海カフェへ行ってきました。

写真の通りの素晴らしい景色です。
特におすすめカフェは海に面した「浜辺の茶屋」と高台にあってとても眺めが良く一望できる「カフェくるくま」です。





連日快晴でしたし、とても癒された時間でした。
まだまだ沖縄にはたくさんのカフェがありますので、皆さんも沖縄でゆったりカフェめぐりの旅はいかがでしょうか。

東京校 事務局スタッフ