Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2014 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
歴史と癒しのスポット
こんにちは! 東京校事務局スタッフです。
来週から10月。インテリアコーディネーター資格一次試験日まで約2週間ですね。試験勉強の最後の追い込みで慌ただしく、緊張の日々を過ごされている方も多いかと思います。

さて、9月23日「秋分の日」(お彼岸)。近所を散歩していると、「彼岸花」が鮮やかに咲いていました。



「暑さ、寒さも彼岸まで」という昔からの言葉があるように、爽やかでお墓参りには絶好の季節です。ということで、以前から気になっていた、お墓参りに行くことに決めました。
私の住む板橋区には、新撰組局長として幕末に活躍した「近藤勇」のお墓があります。
場所は、JRのほぼ板橋駅東口前。



「近藤勇」は板橋で打ち首になり、最期を迎えました。遺体は近くの壽徳寺に埋葬されています。お墓は板橋の他三鷹など全国各地にもあります。
元新撰組隊士、「永倉新八」が建立し、自身のお墓もあります。敷地内には、「近藤勇」の記念碑、「近藤勇」「土方歳三」の肖像画や「永倉新八」の写真、資料棚などがあります。







お墓参りをした後は、踏切を渡り西口へ…。JR板橋駅は、徒歩で都営三田線の「新板橋」駅、東武東上線「下板橋」駅にも行ける距離です。今まで気が付かなかったのですが、この周辺には、アカデミーに求人を頂いた企業(リフォームなど)が3社もあったことに驚きました。
少し歩いたので、「下板橋」駅近くの30年ぶりに「タカセ」板橋店で休憩しました。



池袋東口前に本店があります。板橋店は工場が併設してあり、レストラン、喫茶、ケーキやパンなど販売しています。大正9年に創業され、池袋本店には子供の頃から親に連れてもらった記憶があります。子供ごころに「東郷青児」が描いたモダン女性の包装紙が印象的でした。今も変わらず、メニューの表紙やクッキーの缶に使われていました。



店内の雰囲気やケーキのスタイルや味もずっと変わらず、タイムスリップした、なつかしい気分で癒しの時間を過ごすことが出来ました。
短時間でしたが、すっかりリフレッシュ出来、また板橋を散策出来たら…と思い、家路を急ぎました。

東京校 事務局スタッフ

自分の幅を広げるためにスイーツ
「インテリアの小函」をご覧の皆様、はじめまして。
インテリアコーディネーター専門科2−Dクラスの小塩 剛史(こじお たけし)と申します。
今回はセンエツながら、私がこのブログを担当させていただきます。

さて、私が在籍しております2−Dクラスというのは私を含め17名の生徒がいる訳ですが、
そのうち男子は私、「こじお」のみという男子からするとなんとも夢のようなクラスであるわけです。
現実はそうでもなかったり、はたまたそうでもあったりするわけですが色々書くとクラスから浮いてしまいそうなのでここでは控えましょう。

インテリアコーディネーターも昔に比べれば男性も増えてきているといわれる昨今ですが、
現状まだまだ女性の方が多いんですかね?

しかしながらこうやって女性の中ひとり男子が入って勉強しているわけです。
あ、他のクラスは男性も多いみたいですので、入学を迷っている方がいらっしゃいましたら躊躇せず飛び込みましょう。たまたまこういうクラスもあるということです。

で、そんな中、こじおは考えるわけです。
いかにこの女性クラスの中に溶け込み、話題を共有し、女性目線、女性の気持ちからも考えられるインテリアコーディネーターになるか。

そこでこじおは思いつきました。

「女子が好きそうなお洒落なスイーツ屋さんに行ってみよう」

なんとも安直な発想ですが、ちゃんとした理由もあります。
女性をターゲットにしたお店に入ることで空間を知り、色使いを学び、自分の得意分野に取り込めれば女性らしさがわかり、発想に活かせれば自分のコーディネートの幅も広がるのではないか。

うん、テイのいい話ですよね。

で、有限実行のこじおですので、早速街へ繰り出しました。
しかし私もそういうとこ初めてなので友達にも来てもらい、いいとこはないかと案内してもらいました。

場所は表参道駅から学校のある方向と反対の道、渋谷方面へてくてく歩くこと10分弱?
青山学院大学の向かいに明るくきれいなイエローグリーンのドアがありました。



お店の名前は「PIERRE HERMÉ PARIS」

「えーと、、、ぴ、ぴえれ、、、、、


読めません。

しかしここで躊躇してはいけません。中へ入ります。
1階は普通のケーキ屋さんとして
2階はおいしいスイーツがいただけるカフェスペースとして営業されていました。

階段を登ると中はすんごいきれいでした。



大理石でできた棚にサンプルのマカロンが並んでいたり



大きなシャンデリアがあったり



こちら、間仕切り壁なんですが、この柄の部分は鏡になっていて他はガラスでうっすら向こう側が見えます。
ガラスで奥が見えることで開放感も出しつつ、鏡は店内を広く見せる効果もありますね。
勉強になります。
今まで自分になかった発想が生まれそうな刺激を頂きました。

しかし、今日は「オンナゴコロ」というものを理解しにきた部分もあります。

少々待ち、先ほどの大理石のカウンターで、街並みも見える席へ通されました。
そしてケーキを注文。

「えーと、、、しゃ、、しょ、、しょしょ、、、しょこれ、、、、、すいませんこれください」


読めません。

待つこと少々、ケーキ到着。



チョコレートケーキとショコラドリンク



タルトと紅茶

お味はもうすんごく上品で、オシャレで、おいしくておいしくて。
ゆっくりゆっくり味わっていただきました。

その後友人と少し語らい、別れた後帰り道ふと思ったことは

こうやって自分になかった発想を探す街ブラも大事だなと。
町田校長のおっしゃる「LOOK!LOOK!」は自分のクリエイティブな部分を成長させてくれるなと。

私も引き続き自分本位の、さらに男性目線だけの発想ではなく、せっかくこういうクラスにいるわけですし、もっともっと女性らしさも学んでいこう、そうすればもっともっと違う切り口で物事も見れたり感じたりしながら、またそうなることで自分の発想の幅が広がって素敵なコーディネーターになれるんじゃなかろうか、なりたいなという思いを抱きつつ、卒業時にオネエになることも辞さない気持ちになった、そんな1日をご紹介させていただきました。

今回のお店です!回しもんではないですが、ほんとに美味しかったんでぜひ!
ピエール・エルメ・パリ 青山
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-51-8

メニューもわかんなかったらiPadで教えてくれますよー

インテリアコーディネーター専門科2-D 小塩 剛史


ホットするtime
こんにちは。東京校スタッフです。
異常気象に驚く今年の夏でした。
災害にあわれた皆様お見舞い申し上げます。

やっと涼しくなって、待ちに待った心地良い季節が近づいています。
夏の疲れや日々の忙しさを少しでも軽くと、どなたも毎日の生活でさまざまの工夫しているのですが、私の小さな例をご紹介します。(視覚・聴覚・臭覚・触覚・味覚のうち一部ですが)



先ず、臭覚と触覚。
なんといっても、シャワーです。どんなに遅くてもシャワーを浴びると生き返ります。夏は、ほとんどシャワー。入浴は烏の行水で、冬でも長湯はほとんどしません。勢いのあるシャワーは少し痛いくらいが気持ちよい。
この場合、シャワージェルや石鹸が気になります。
最近は保湿効果で使用後がしっとりであったり、ヌルヌル感が…残ったり。なので、ジェルと石鹸をその日によって使い分けています。
写真にあるのは、誕生日に2人の方それぞれに戴いたジェルと石鹸です。
最高です! 香りも洗い心地もちょうど良い。
ジェルは、玉の肌石鹸ラベンダーの香り。
浴室がいっぺんにラベンダーの香りでいっぱいになります。
石鹸は、PITTA YOGISOAPとあり、インドで古来から伝わる「心と身の
バランスを考えて健康を保つ」というセルフヒーリングの考えで開発されたと書かれています。ターメリックやローズマリーが含まれているので、ちょっと薬系のインドの香り。
タイムスリップ感あり。
下さった2名の方の気持ちが伝わって、見えない優しいオーラを感じます。

次は、味覚。
美味しい物はなんと言っても幸せにしてくれます。
ここで、簡単なお勧め料理(?)を一品。
「ピクルス」です。



材料は、冷蔵庫の中のなじみの野菜達。大根・人参・キュウリ・玉ねぎ・キャベツ・セロリ・等々。
作り方はいたって簡単。準備としては、ガラスの空き瓶を煮沸消毒(なべにたっぷりの湯を沸かして、そこにビンとふたを5分ほど煮る)
材料の野菜たちを食べやすい大きさに切って、同じく熱湯をくぐらせ、さめるまで待ってスタンバイok。ビンに野菜たちを入れて、市販のピクルス液に少し水を足したものをそこに加えます。ローリエを2枚入れて完了。2〜3時間後には、食べられます。
朝のサラダに加えたり、細かく刻んで魚や肉料理にも使えます。
これから、グレープフルーツとりんごをこれに漬けたらどうなるかやってみたいと思っています。

視覚や聴覚は皆さん、お手のものでしょう。
インテリアの書籍を一冊。
「世界のドア」ディテール写真資料シリーズ(グラフィック社)を紹介します。



これを見ながら、ウィーンのお土産に戴いたハーブティーの香りと味で「ホットするtime」のひと時です。世界のドアをたたきに行きたい!



スポーツ・読書・音楽・インテリア・ガーデン・映画・etc
どうぞ、実りの秋、リフレッシュを楽しんでください。

東京校 事務局スタッフ

夢をつかむきっかけ
こんにちは、インテリアコーディネーター2年Cクラスの石田早紀です。

アカデミーに入学して1年半が経ちました。早いような、遅いような・・そんな心境です。さて、今日は私がアカデミーに入学を決めた理由と将来について話したいと思います。このブログを見ている方で、入学を迷われている方もいるでしょう。私もそうでした。会社と学校を果たしてうまく両立できるのだろうか・・・と。ですが、ご安心ください。学校には、他では手に入れられない「仲間」がいます。これは、私にとって一生の財産です。

ちょうど3年前、物事がうまくいかない毎日の中で、ある日ふと自分の片付いた部屋をみてこう思いました。それまで私は、自分の意見に自信があまり持てない時がありました。ですが、その時こう思いました。「こんなに奇麗で片付いている部屋に住んでいるんだから、大丈夫。」と自信が持てました。それと同時になぜか安心が出来ました。整頓されたきれいな空間。「自分だけでなく、もし誰かが落ち込んでいたら、インテリアで幸せにしてあげたい」そう、心に誓いました。

とは言うものの、中々行動に移せずにいました。そんな中で、以前から憧れていたイタリアへ旅行に行く機会があったので、思い切って会社の夏休みを利用してイタリアへ行きました。ベネチア、ローマ、ヴァチカン市国、フィレンツェ・・・


左・ベネチア/右・とあるイタリアのレストランからの風景


イタリアのホテルですが、ちゃんとバスタブがあるホテルもありました。ホテルのロビーもカラフルでおしゃれです。日中は照明を使わず節電している印象を受けました。内装がカラフルなので、照明が明るくなくてもあまり気にならなかったです。


イタリアのとあるホテルのバスルーム

イタリアへはドバイを経由して行きました。ドバイは、非常に巨大な空港なので、飛行場までなんと、バスで移動します。そのバスの中である外国の方に声をかけられました。彼はニュージーランド人。姉がイタリアに住んでいるので、はるばるニュージーランドからきたそうです。その時、久しぶりに英語で会話しました。それが私にとってすごく気持ちよかったのです。

元々大学が英文科でしたが、社会人になってからというものの英語の勉強を全くしていなかったため、簡単なスペルすら書けない状況・・・もちろん、英語のリスニングも学生時代に比べて散々たるもの・・・。ですが、インテリアだけでなく、英語の実力もあげたいと思いました。もし英語が出来れば、世界中の人と交流が出来、世界で活躍出来ると思ったからです。まずは、インテリアの勉強を始める前に学生時代専攻していた、英語の勉強をスタートさせました。

それから一年後、簡単な日常会話が出来るレベルで、今度は会社の夏休みを利用してニュージーランドへ一週間ホームステイで留学しました。




ニュージーランドのインテリアショップ

学校帰りに、インテリアショップにも行きました。特に左上の写真の、左下のクッションを見て下さい。浮き世絵のクッションが、なんとお店の正面にディスプレイされていました。これにはびっくりしました。海外の人のインテリアの中にある、日本のこういったデザインのものがスパイスされているのに注目するのも面白いですね。

さて、現地の語学学校は、アジア圏が多かったですが、中にはサウジアラビア人もいました。彼は二十歳ですが、医者を目指しているとのことで、その為には英語力も必須のため留学したとのこと。私は、自分よりも年下の若者が将来に向けて頑張っているのに、自分は何を足踏みしているんだ、と励まされ、日本に帰国後アカデミー入学を決意。翌年の春入学し、現在に至ります。

1年生の時に比べ、全居室を短期間でコーディネートしなければならず、またお客様の予算・好みも加味しなければなりません。もちろん、多くの時間を費やすのでつらいことも当然あります。ですが、冒頭で述べた通り、学校には「仲間」がいます。1年時から課題をやっている最中、もう数えきれない程挫折しかけました。わからないこともたくさんありました。今もそうですが、クラスメイトがいます。先生もいます。事務局の方たちもいます。悩んでいたら、その分未来がどんどん逃げていきます。不安も多いと思いますが、勇気を出した分絶対に大きな物が手に入れられます。勇気を出して、自分の好きな世界へのドアを叩いて下さい。

最後になりましたが、最近ちょっとだけ入学時となりたいものが変わりました。私の将来の夢は、「人に感動を与えられるインテリアコーディネーターになること」。人をあっと言わせるような、そんな素敵な夢のある空間づくりを提案できるコーディネーターになりたいです。

インテリアコーディネーター専門科 2年Cクラス 石田 早紀


海外通信<ロンドン編>ロンドンの新観光名所The Shard
海外通信では、海外で暮らす町田ひろ子アカデミーの卒業生が、現地で感じる日々のことをレポートします。



こんにちは。猛暑も落ち着いて、日本もずいぶん過ごしやすくなった頃でしょうか?
ロンドンは2週間ほど前からすっかり秋めいてきて、慌ててコートやロングカーディガンなどを引っ張り出したところです。丁度この9月で在英1年になるのですが、またあの暗い冬がやってくるかと思うと今からややげんなりです(苦笑)

先日ずっと以前から気になっていたザ•シャード にお友達とランチに行ってきました。


※WEBからお借りしました。

ロンドンと言えば石造りの古典的な建物と言ったイメージですが、最近東エリアの開発は目覚ましく、日々姿を変えていっています。特に新しい建物は近未来的なガラス張りのものが多く、古典と近未来が入り交じった街が今のロンドン。

その中でもタワーブリッジ周辺を散策する時、ひときわ目を引く天に向かってスッと伸びる細長いピラミットのようなビルがシャードです。

「Shard」とは英語で破片を意味するらしく、ガラスの破片を組み上げたようなユニークな姿で、ロンドンの空模様をいつも映し出しています(この辺りの建物はガラス張りが多いので、何処も空だらけですけどね笑)

シャードがどのくらい高層かと言いますと…


※WEBからお借りしました。

東京タワーよりちょっと低いくらいですが、低層階の建物が多いロンドンではかなり異彩を放っています。
建物の構成としてはF2〜28はオフィス、F31〜33レストラン、F34〜52ホテル(シャングリ•ラ•ホテルズ&リゾート)、F53〜65マンション、F68〜72ルーフテラスを含む展望施設、F75〜87が塔屋となっています。

何故今回展望台じゃなくてレストラン?かと言うと…
展望台の料金が超高いのです!なんと£30(約5000円)〜!無理〜!(笑)

登らなくても全然平気〜と強がっていたのですが(笑)、F32にある「Oblix」はほぼ展望台料金と同じでランチバフェが楽しめるという話を聞いたので、「食事付きなら…」と言い訳しつつ、早速行ってきました!

ロンドンブリッジ駅に隣接しているのですが、シャングリラホテル正面玄関右にある専用エレベーターですぃーっとF32へ。落ち着いた内装のレストランで、とても素敵☆


※料理に夢中で唯一の店内写真です…(汗)

2方向全面ガラス張りで開店と同時に行くと窓際の席に案内してもらえます(要予約)
ロンドンブリッジ駅方向から中心地を一望する事が出来ました〜^^ 絶景〜!

ランチは3コースで前菜•デザートはバフェ、メインは5〜6種類の中から選んでオーダーします。各々メインをオーダーして、バフェカウンターへ。



野菜たっぷりの前菜が並びます。
イギリスと言えばジャガイモ&グリーンピースですが、和洋中の味付けの前菜が所狭しと。



味付けも素材の味がしっかり残っていて、あっさり美味しい〜!
サラダやポテトを食べる機会はありますが、調理された美味しい野菜を食べる機会はなかなかないので、旅行中だったらビタミン補給に是非寄りたいくらいたっぷり野菜をいただく事が出来ました。

お次はメイン。



コチラもあっさり味(ちょっと塩が足りないくらい笑)

最後は締めのデザート。



コチラもイギリスでは奇跡的に甘過ぎないデザートの数々(笑)



予約時に「2時間までのお席です」と言われたのですが、全然追い出される事もなく4時間のんびり堪能させていただきました〜(笑)
ランチにしてはちょっと値が張りますが、インテリア、料理、景色はもちろん、のんびり快適な時間を過ごす事が出来て、総合点で大満足でした!
冬の時期は夕暮れの景色も見られそうなので、また足を運んでみたいと思います。

福岡校卒業生 板倉