Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< November 2014 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
公開プレゼンテーションと就職活動
こんにちは。東京校就職課です。

毎年12月初めにインテリアコースやガーデンコースのクラス代表者が
「企業の皆さまの前でプレゼンテーションを行うイベント」を開催しています。
それが「公開プレゼンテーション」です。
詳しくはこちらをご覧下さい。



今年もクラス選抜があって代表者たちが決まり、12/4にある本番当日まで
プレゼンの練習やプレゼンデータの作成など様々な準備があります。
代表の生徒たちだけではなく講師やクラスメイトも協力して作り上げます。

クラスによっては既に卒業制作課題が始まっていたりする環境の中。

クラス代表として挑戦するその勇姿をぜひ12/4(木)は、サントリーホールで見届けて下さい。一般来場者には、より楽しめる「特別プログラム」というプレゼンの見方を解説するレクチャー付きですのでそちらもお早めにお申込み下さい。

更には11月末となるこの時期は「就職活動」も並行しておこないます。
個別面談やガイダンス・説明会等、皆さん就活に積極的に動き出す時期です。就活関連掲示ボードには、公開プレゼンテーションに参加される企業一覧や既に就職内定者が貼り出されていますので来校時にチェックしてみて下さい。


一般の方は東京校見学にいらした際にぜひご覧になってみて下さい。
東京校就職課


イルミネーションの季節になりました
みなさんこんにちは!
私はインテリア専門科1年のMです。

普段は照明関係の仕事をしている中、毎週1回、町田ひろ子アカデミーで勉強しています。
それにしても、本来は1年間でじっくり勉強する内容を、7ヶ月間というスピードで勉強しているので、だいぶついていくのが大変です。

最近は年末に向かうにつれて寒くなってきていますが、皆さんは風邪などひいていませんか?気をつけて下さいね☆

さて、私はというと、年末に向かうにつれてイルミネーションが始まるこの時期、普段と違う町並みになる度にテンションが上がってきます!
寒くなっても気持ちはホットでいきますよ☆

今回は、今まで行ったことのあるイルミネーションや夜景を簡単に紹介します!

昨年の年末に博多駅前のイルミネーション


雨が降っていたのですが、光が逆さに写ってキレイですよね。
傘をさしている人影も、なんとなくステキに見えます。我ながら、写真の腕を上げたな、と自惚れてしまう1枚です。

また、先程の空間を上から見た場合


こうして見ると、普通の駅前ロータリーがとてもステキな空間に変わりますよね!
だから私はイルミネーションが好きなんですよ〜。

最後に、これはイルミネーションではなく、普通の夜景ですが…


レインボーブリッジと東京タワー、という田舎者的な発想から撮ってしまった写真。
水面に映る光もステキですね。

こうしてみると、やっぱり光が私は大好きだということが、良く分かります。

今年ももっとイルミネーションや夜景をもっと見て、写真の腕を上げて、インテリアの勉強も頑張っていこうと思います。

東京校インテリアコーディネーター専門科在校生

海外通信<スイス編>バーゼル その2 フォルクスハウス
海外通信では、海外で暮らす町田ひろ子アカデミーの卒業生が、現地で感じる日々のことをレポートします。



前回話題にしたヴィトラに続いて、今回もバーゼルのインテリアの話です。スイスの建築家 Herzog & de MeuronがデザインしたVolkshaus basel bar/brasserie Basel。バーゼルへ出発する数日前に、たまたま開いた雑誌にこのデュオが設計した建築のバーゼル特集があり、絶好の機会!ということで、住所をしっかりメモして行ってきました。

フォルクハウスには歴史があり、始まりは14世紀の荘園領主の家にまでさかのぼるそうです。1905年にバーゼル市の所有になり、政治、社会、文化活動の中心地として使われ、1925年にはコンサートホール、ホテル、レストラン、図書館等をさらに加え、新しいフォルクスハウスとしてオープンしました。その後、時間を経るごとに忘れ去られてしまったこの建物を、再度バーゼルの中心地として復活させる計画があがり、今に至ります。このバーとブラッスリーは、その計画のNo.1とNo.2です。計画はNo.9まである様ですが、まだ終わりではないとの事。

入り口を入ってすぐにバースペースがあり、ブラッスリーはその奥に位置しています。入っての第一印象は黒一色!





バーカウンター、黒の内装に渋い反射のカウンターテーブルが素敵に合っています。
床のモザイクの模様を見たら、日本の青梅波文様を思いました。



奥の丸い窓からは中庭のビアガーデンへの通路が見えます。カウンターもこのテーブルもスズ製とのこと。使うごとに深みが出る素材ですね。



ブラッスリー内部。ブラッスリーに欠かせないのは、やはりブラッスリーチェアーと思われます。ここのイスは、以前使われていた物を、リモデルしているそうです。天井には、沢山の丸い吹きガラスランプが釣られていて、幻想的でした。
壁にかけられている同じ様で違う形の鏡が、上手くリズム感を作り出しています。この鏡とガラスランプを取り除いてしまったら、当時のままなのではと思う程、クラッシックでレトロな雰囲気が漂っていました。テーブル同士の間隔は、十分とられており、背の高いソファが、仕切りの役目も果たしているので、レストラン中央部にいても落ち着け、他の人を気にする事なく会話と食事が楽しめそうです。



この日は天気が良く、ほとんどのお客さんは中庭のビアガーデンにいましたが、私はあえて中を選びました。次の夏は中庭へ!(この中庭が再活性化計画のNo.3となります。)



中世のバーゼルの荘園の中にトリップ!
トイレへ向かう階段を降りて行ったら、突然この景色が目に入ってきました。





ランプにまで模様が!



トイレのシンクはそれぞれ形が違っています。これらはリサイクル品とのこと。







インテリアの写真を撮る事はとりあえず忘れなかったけれど、食事の写真を取り忘れました。美味しかったですよ!


【参考サイト】
もっと質の良い写真がこちらで見られます
http://volkshaus-basel.ch/en/home/
http://volkshaus-basel.ch/en/brasserie/
http://volkshaus-basel.ch/en/brasserie/bar/
http://volkshaus-basel.ch/en/brasserie/biergarten/

東京校卒業生 まちだくみこ

ファーストプレゼンテーション&お茶会
こんにちは。
今回ブログを担当させていただきます、インテリアコーディネーター専門科1Cクラスの武山と申します。

さて、専門科クラス1年生では、先日夏休み明けから準備していたメインベッドルームのプレゼンが終了しました♪これが私たちにとってのファーストプレゼンテーション。
仕事や学業と両立しながら、慣れないボードづくり、ショードローイング描き、企画・見積書作成、トーク準備とあって…徹夜の人が続出・笑。
自分のコーディネートと向き合い、掘り下げた期間。それぞれの真摯な気持ちがこめられ、課題で決まっている同じ空間が、個性豊かに彩られました。きっと卒業の時には、振り返ってぜんぜん練られてないなぁなんて思うのでしょうが、そう思えるくらいには成長していきたいと思います(*^^*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、1Cクラスではプレゼンテーション終了後に、「お茶会」打ち上げを開催しました。先生を勤めるは、裏千家の師範を持つクラスメート♪
美味しいお茶を用意してくださり、お茶の魅力や文化を教えていただきました。
先生の所作の美しいこと!!


たててくれたお茶がすごく甘みがあっておいしくて、驚きました!


二煎目は各自でたてさせてもらえたのですが、味が全然違うんです。


お茶菓子は表参道交差点にある老舗和菓子屋、桃林堂のものを用意♡
和菓子の季節感って、本当に素敵ですよね。
中身もちゃんとそれぞれの味がして、疲れた体に染みました^^


海外の文化を学ぶと、日本の文化も改めて知りたくなります。
貴重な経験をさせていただきました♪

クラスメートと学ぶと、得るものもたくさん^^
1Cクラスでは次の企画も進行中です♪

      インテリアコーディネーター専門科 1C 武山 琴美

海外通信<スイス編>バーゼル その1 ヴィトラキャンパス
海外通信では、海外で暮らす町田ひろ子アカデミーの卒業生が、現地で感じる日々のことをレポートします。



スイスの北西部に位置するバーゼルへ、画家Gerhard Richterの展覧会見学とスイスのデザイナーズ家具の会社ヴィトラへ訪れる為に行ってきました。



バーゼルはスイス、フランス、ドイツの3つの国の国境が接している街で、ヴィトラの工場敷地はドイツ領にありヴィトラキャンパスと呼ばれています。有名建築家達が設計した建築、デザインミュージアム、ショールームのヴィトラハウスがあります。私はバーゼル市内からバス55番に乗って行きました。かかった時間は20-30分程でしょうか。

ここにある建築を見たくて以前一度訪れていたのですが、当時はまだスイスの建築家 Herzog & de Meuron 設計のヴィトラハウスが建築中で、SANAA設計の工場は無かったので機会があればまた訪れたいと思っていました。今回は建築ツアーとショールームを見学しましたが見所が満載で半日があっという間に終わったという印象です。


ヴィトラハウス


SANAA設計の工場外観一部 

以下はショールーム内のインテリアです。コーディネートの参考になりますね。






両脇の壁にある鏡が目の錯覚で窓に見えてしまいました。


コルクの壁は使い方を楽しめそう。


自分の家をこんな風にしたくなりました。奥は灰色グラデーションの壁紙。



















外の景色。のどかですね。


参考サイト (沢山写真が見られますよ!)
ヴィトラ
ゲルハルト•リヒター

東京校卒業生 まちだくみこ

日本橋高島屋にて、11/8(木)町田校長によるセミナー開催です。
開催間近です。11月12日(水)JAPANTEX特別プログラム受付中!


こんにちは!東京校事務局スタッフです。

突然ですが、皆さんの今週末のご予定はいかがですか?
11/8(土)、11/9(水)は、日本橋高島屋(8階インテリアコーナー)にて、町田ひろ子校長、町田瑞穂ドロテア先生が、2日間連続でインテリアセミナーに登場します!ぜひお出かけくださいね。

■町田ひろ子校長@インテリアで美防災
11/8(土)13:00/15:00(2回)
■町田瑞穂先生@狭小住宅がインテリアで変身
11/9(日)13:00/15:00(2回)
※各日2回セミナーがあり、先着20名

町田校長は、最近改めて必要性が高まる「住まいの防災対策」について。町田瑞穂先生は、先日放送された「完成!ドリームハウス」で注目された狭小住宅のインテリアをテーマにレクチャー。日々の暮らしにすぐに役立つテーマ。オープンなスペースでのセミナーになりますので、ぜひ、気軽にご参加ください!



日本橋高島屋ウェブサイトはこちらから