Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2015 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
アカデミーで学んでいること。
前回の岡崎さんに引き続き、同クラス全日のすずらんと申します。
私は全く異業種から飛び込んできました。今までがむしゃらに別業界で働いてきましたが、ちょっと立ち止まって、住まいに興味があったこと、子供の頃美術が好きだったこと、クリエイティブな仕事がしたいということで、この学校にたどり着きました。インテリアコーディネーターの仕事や業界のリサーチもろくにする間もなくあわただしく、また半ば疑心暗鬼状態で当アカデミーに入学しました。

授業が始まると怒涛のごとくたくさんの知見をインプットさせられ、見ること聞くことが初めてのことだらけです。課題が多くものすごく大変ですが、こなしていくうちにおぼろげながら自分のやりたいと思うこと(仕事)や、いろんなことが頭に思い描けるようになってきました。特にコーディネーションの深澤先生と建築技術の井上先生には厳しくも深い愛情をもってプロとしての技術と基本を数多く教えていただいており本当に感謝しております。やりたいことのヒントも両先生から学んでいます。
またクラスメートからもたくさんのことを学んでいます。(意外と男性生徒が多いので
男性の視点からのコーディネーションも勉強になります)
また事務局の方からもたくさんの情報源をガンガンくださいます。
一人で考え込んでいるよりアカデミーに飛び込んでしまって良かったと思っています。



話は変わりますが会計基準の変更で大企業が、保有する土地を手放したことで都心駅近くに比較的安価なコンパクトマンションが大量供給された時期がありました。OLや派遣社員がこぞってコンパクトマンションの購入をしていました。御他分に漏れず自身もです。が、いざ購入段階で困ったことが一気に押し寄せました。資金計画、物件の選び方等で、前者は自分で勉強してなんとかなりましたが、不動産の知識は全くなかったため、物件選びは建物インスペクション会社に物件チェックを依頼しましたが、建物のハード部分の助言だけなので、いざ「住まう」を想定したときに、今度は家具の配置や動線計画、床や建具の色の選択でさらに頭を悩ませました。また建物の構造から将来リフォームに制限があることも理解していませんでした。新築物件の青田買いなので想像で物事を進めるしかないのですが、当時の私には荷が重すぎました。楽しい家の購入のはずがストレスフルな一大イベントとなってしまいました。衣・食・住は人間にとって欠かせない事のはずなのに、何故義務教育で不動産や住まいについて教えてくれないのだろうとすら思ったものです。今振り返ると、インテリアコーディネーターという存在を知っていれば、依頼してもっと楽しく不動産購入が出来たことと思います。
これら自分の失敗談を踏まえて購入者側の立場に立つ仕事ができたら、と思っています。
(当アカデミーでの勉強は不動産購入にも非常に有効になると思います。これから不動産を購入又は賃貸される方にも勉強になるのではないでしょうか。)

今は建築技術のクラスで図面、構造を理解せずにはインテリアコーディネーションは成り立たない、ということを教えて頂いています。建技の講義は目から鱗で、一言もらさず先生の話をメモしています(メモしすぎで図面の実技の手が動かないので叱られていますが。。。)建築についてはとても奥深いので勉強になります。
目から鱗といえばもう一つ、コーディネーションの授業で自分の趣向に偏ってはいけないという基本を、課題を通して徹底して教えて頂いています。これは意外な発見でした。基本ができなければ応用も出来ないということです。これもアカデミーに来なければ学べなかったことです。



コーディネーターや設計をされているプロにご師事頂き、授業を通してさまざまな実務経験を教えてくださいます。また、自分の足でショールームを回らなければならない課題も数多くあり、そこでも各分野のプロに貴重な話を聞くことができます。あの時(不動産購入時)に知っていれば!!!という場面に何度も出くわしました。
1年という短期間ですが出来るだけ多くを自分のモノに出来るように頑張りたいと思います。
またここで勉強できる環境を与えてくれたすべての人に感謝したいと思います。

インテリアコーディネーターコース全日制 すずらん


見て学ぶ
本多さんの次にブログを書かせていただくことになりました、
インテリアコーディネーターコース全日制の岡崎と申します(^^)
4月に入学してから5月も下旬にさしかかりました。
本当に時間が経つのがあっという間です。
それだけ毎日が充実しているということでしょうか。
めまぐるしい日々ですが一日一日を大切に過ごしたいものです(><)

さて!今回はショールーム見学について少し書きたいと思います☆
町田校長や、担任の深澤先生をはじめとする講師の方々が口をそろえていつも仰っていること、それは・・・・「とにかく見ること!」
「Look!Look!」「見れば見るほど目が肥える」「インプットの量が多い人ほどアイディアが豊富だし優良なアウトプットができる」etc・・・
注目すべきショップやショールーム、建築、イベント、美術館なども沢山教えてくださいます。

見学に行ってみると、百聞は一見にしかずとはまさにこのこと!!
実際に行くと五感を使って感じとることができます。
まず一通り興奮した後、見たり、想像したり、座ったり、触ったり、嗅いだり、聞いたり、書いたり、課題に使えるサンプルやヒントを探したりします。
学校の周りに学ぶ場所があふれているのも恵まれているなあと感じます。
また、家具のデザイナーの名前、呪文のようですが実物の家具を見ると理解が深まり印象に残るのでちょっと覚えやすくなったりします。

前職では店舗を運営する仕事をしていましたが、その時も店舗視察はとても重要でした。
同業他社の店舗や、異業種の店舗視察することで打ち手を学び自分の店に活かします。
(ディスプレイ・商材・人・レイアウト)
通じるものがあるのかなあなんて・・
自分の中の引き出しを沢山作りたいです。



見学時に何をどう見れば良いかは全然わかっていませんが(^^;)
そのうちわかってくることを自分に期待して!
今のところ私が意識していることは下記の通りです。

・聞けるときはスタッフの方にお話しを聞く。
・店内のお客様とスタッフの方のやりとりを聞く。(※注 さりげなく!!!)
・クラスメイトと行ける場合は一緒に行く。(自分とは違った視点に気づくことができる!)
・感想をメモする。

少しずつですが順調に見学していっているのではないかと思っていた矢先・・・
東京デザインセンターのスタッフの方が、「私が学生の頃は、ショールームやショップ見学を100箇所以上行くのが宿題だったわよ〜」と一言。



先はまだまだ遠いですね・・・(笑)
まだホテルを見に行っていないので行かなければ!
でも楽しんでやるのが一番です。(^^)
楽しみながらがんばりたいですね。(^^)

以上岡崎でした!!

インテリアコーディネーターコース全日制 岡崎

2015年(第15期)インテリアコーディネーターコース全日制
みなさん、こんにちは。
インテリアコーディネーターコース全日制で委員長をさせていただいている本多です。
今月は全日制が担当で、私がトップバッターを務めさせていただきます。

このブログも新年度に入って、今回が第1回目ということですので、今年度の全日制クラスについて紹介させていただきます。

4月6日から授業がスタートし、現在18名のクラスメイトと一緒に学んでいます。
例年に比べて若干少なめですが、その分アットホームな雰囲気です。

18名の内訳は女性11名、男性7名で、年齢は10代から50代まで様々な年代の方がいます。
全日制は月曜日から金曜日まで毎日授業があるので、会社を退職して入学した方が多く、3月まで学生だった方、主婦の方もいて、色々な経験やバックグラウンドを持った方々が机を並べて日々、勉強しています。
クラスメイトとは、同じ目標を持った仲間として、またライバルとして切磋琢磨しながら日々成長していければと思っています。



4月第2週目に行った「第1回クラス会」
この後、みんなの距離が一気に縮まりました。

GWの連休も明けて、やっと1か月が過ぎましたが、毎日の授業を受けていく中で、知的好奇心が満たされる喜びを感じる一方、覚えることの多さとそのスピードに戸惑いつつ、課題の取り組み、IC資格の勉強、センス磨きのためのショールーム・インテリショップ見学などやるべきことが、学業に専念できる環境にありながらなかなかうまくいかない焦りも感じています。
改めて時間管理の大切さを実感しています。
直ぐに結果が出なくても、昨日よりも今日、今日よりも明日、半歩でもいいので、歩みは遅くとも前進していきたいです。





午前中で授業が終わった日に、みんなで表参道にある
ガラスタイルの「BISAZZA」のショールーム見学に行ってきました。
センス磨きに頑張ってます。

アカデミーでの学校生活も始まったばかりですが、悔いの残らない1年となるよう全日制の仲間たちとお互い助け合いながら、また、刺激しあいながら頑張っていきます。

インテリアコーディネーターコース全日制 本多