Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2015 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
就活のための企業訪問行ってきました!


こんにちは! 福岡校IC専門科2Aクラスの市岡です!
先日、福岡校で開催された、「就職対策セミナー」に参加し、まずは・・・
「企業研究をすること」とのアドバイスをいただき、早速企業訪問をしてきました。
今回、事務局からの紹介で、10/19に福岡市博多区にある建築設計事務所にクラスメートと2人で行ってきました。
7階がインテリア部門、8階が建築部門で階ごとに分かれているそうで、インテリア部門を訪問。


エントランスにはさっそくイームズのワイヤーチェアがあってワクワク・・・

町田の卒業生の先輩が今回、一日担当して下さることになり、まずは名刺交換、
そして事務所の中を案内して頂きました。
月曜日ということで、建築部門、インテリア部門合同の全体ミーティングがあり、そこで自己紹介をすることを事前に先輩から言われていましたが緊張しっぱなしでした。笑・・・が、無事に終えて、皆さんとても優しくて、ほっとしました。


サンプル帳や、カラースキームの素材がたくさんあり、家具のカタログも安いものから高級なものまで幅広くあり、知らないメーカーだらけで、メモが全部埋まりそうでした(汗;;


さっそく今回進行中のプロジェクトのクッションを選ぶという、重要な役割を任せて頂きました。
カーテン生地やソファの生地の中から選んでチェック、選んでチェック、選んでチェック・・・
うーん・・・なかなかOKをもらえない・・・


今回病院を手掛けていて、先輩いわく、広い空間はソファとクッションですべてが決まるそうで、
そう簡単にOKをもらえるものではなさそうでした。
そして選んで、選んで、選んで・・・やっとOK頂きました!
そしてあっという間にランチタイム!先輩に美味しい定食屋さんへ連れて行って頂きました。
ランチをしながら質問、質問、質問・・・
先輩はインテリアコーディネーターとして働いていますが、
学校でやっている電気配線図や、パース、図面を書いたりはしていないそうです。
※それはあくまでも、会社によって違うみたいですが。
造作家具の図面はスケッチ程度しか書かず、図面は専門業者がしてくれるそうです。
しかも家具などは既製品を使うより、造作で作る方が安い場合もあるそうです。
質問ばかりでしたが・・・

事務所に戻り、次にテーブルクロスを2種類選ぶという、またもや重要な役割を頂きました!
同じクラスのYくんも悩んで悩んで、、、やっとOKもらいました!
そして最後に・・・
産婦人科の病室の中のフロアプランを考えてみるということを任せられ、
ちょっとワクワクしながら、パース書いたり、家具を選んだり、、、
そして先輩へプレゼン!!
Y君がまずプレゼン!
私とは正反対なインテリイメージの「和モダン」で斬新で、こんなプランもあるんだなと考えさせられました。
そして次に私がプレゼン!
私は「シンプルモダン」で考えて、私も斬新だったみたいで、新たな発見がありましたと言って下さいました。

そしてあっという間に1日体験が終わりました。
先輩は本当にとても優しくて、とても丁寧に教えてくださって、質問にもわかりやすく答えて下さりました。
今後、自分が何をやりたいのか、それに向けて何をするべきなのか、明確になる一日でした。
現場のリアルなお話を聞けてとても有意義で貴重な体験でした。
最後に、週初めということで、みなさんバタバタしていて、電話もなり続けるという怒涛の忙しさの中、私たちのために時間を作ってくださって本当に感謝です。ありがとうございました!

就職を考えている人は、希望の就職先の見学会や説明会があれば、
とにかく行ってみて、お話を聞くことが大切だと思います。
サイトだけではわからない現場の雰囲気や、実際にどんなことをやっているのか、自分の想像しているもののギャップを埋めることができます。
皆さん!ぜひアクティブに動いてみてはいかがでしょうか。         

福岡校インテリアコーディネーター専門科2A 市岡彩貴




はじめまして!Yくんこと、同じクラスの吉村崇(たかし)です。私の企業訪問の感想です。
会議はスケジュールの確認や仕事の状況を報告し合うもので賑やかな雰囲気の中、様々な意見を出しあって私も軽い自己紹介をしつつ会議に参加しました。会議が終わって社内にはアンビエントなBGMが流れはじめ、いよいよインテリアコーディネートの最初の業務を任されました。それは各フロアにおけるクッションの張地を決める事でした。
フロアの特徴や条件としてダークな雰囲気にマッチするカラーコーディネートを提案しました。ソファの張地がなかなかインパクトのある素材でできており、クッションの張地を選ぶにあたって遠目に見てもソファに色負けしない色を提案しました。別のフロアには水槽があり、照明を当てつつ深海のような雰囲気を醸し出すため、ブルーを基調とした幻影的な色を選びました。

午後は施主様の要望に合わせたテーブルクロス選びでした。テーブルクロスはディナールームに2枚の色を組み合わせて使用したい事とフォーマルなホワイトは避けたいとの事でした。床や天井のクロス、ベランダのグリーンや壁面の絵画や時計を意識しながらテーブルクロスを選ぶことは、かなりの時間を必要としました。これからの季節、クリスマスを意識したワインレッドとグリーンの組み合わせといった様々なバリエーションを提案しました。

1日職場体験を通してインテリアコーディネートの業務は我々が学校で行う図面の作成からパースやボード作成を全て一人で行うわけではなく、施主や設計事務所、家具メーカーなどと連携をとりながら仕事に携わっていきます。設計事務所が出したフロアプランに沿ったインテリアやカラースキームを最終的に我々が決めなければなりません。
以上の経験を通して私は今後の就職活動の第一歩としてこれを参考にして更に実践的な分野で経験を重ねていきたいと思います。

福岡校インテリアコーディネーター専門科2A 吉村 崇

「LIVING & DESIGN 2015」に出展しました
こんにちは。インテリアコーディネーター専門科32期生の岡野です。
インテリア業界の皆さま、お仕事お疲れ様です。
今日は、私の会社が出展した展示会についてレポートをしたいと思います。
去年に引き続き、大阪が開催地の「LIVING&DESIGN2015」に出展しました。

私の会社は、大阪でインテリア関連の製造業をしている「株式会社オカノ」といいます。
主人が代表取締役をしています。
http://okn.co.jp/
http://www.okn-mono.jp/
http://elit-tile.jp/

普段の私は、裏方で経営のお手伝いをしています。
将来、少しでも会社や業界の役に立てるようインテリアを基礎から学んでいます。
授業は、とても楽しく目からうろこがしょっちゅう出ています。

以前は、自社が出展をしていても展示会に行かなかったこともありましたが、学校に通うようになってからは積極的に行くようになりました。
インテリアコーディネーターを目指すからには今後の勉強になると考えたからです。
今年の「LIVING&DESIGN」は、常連の出展企業も多かったので、去年との比較が出来てとても勉強になりました。
また、会場全体のベースカラーがブラックなので全体的にシックな感じがします。
会場の照明も暗めで落ち着いた大人の雰囲気が出ています。
視点が去年の私とは、まるで別人です。(*^▽^*)
また、学生の来場者が多く今後のインテリア業界の活性を実感しました。
展示会に立ってみて、来場者との対話で思ったことは、ものづくりの視点からだけでは製品開発ができないということです。当たり前のことですが、改めて感じることが出来る良い機会だったと思います。



設営前のブース風景です。



設営は前日に作業をさせてもらえるので余裕です。(#^.^#)
パースと展開図を見ながらサクサク進めます。
撤収は当日の20時までなので( ;∀;)←こんな顔です。



スタッフです。ベタな漫才が始まりそうな写真ですね。( *´艸`)

以上が、展示会のレポートでした。

最後に。
課題は大変ですが、おかげで時間を確保するため、めちゃくちゃ仕事が早くなりました。
たった二年間で、どこまで成長できるかわからないですが、みんなの役に立てるよう日々邁進していきたいと思います。

大阪校インテリアコーディネーター専門科1-A 岡野智子


大地の芸術祭レポート大地の芸術祭レポート


こんにちは。
秋風が気持ちよくなってきましたね。
資格試験も一次が終わり、少しほっとするのもつかの間、
早速公開プレゼンテーションに向けた課題で頭を抱えております。

今回のブログ担当は、全日制の“しまちゃん”こと島田 彩です。
前回のブログ担当から「ダイナミック」と言われていましたが、
今に始まったことではなく、
この町田アカデミーに入って課題の度に「ダイナミック」と言われております。。。笑
体の大きさも、態度も、発想も、表現もダイナミックと言われ続けているので、
もう『島 ダイナミック 彩』とミドルネームにしようかしら。笑
こんな私ですがよろしくお願いします♪

私は、8月の夏休みに行った、越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」についてご紹介します。

「アートトリエンナーレ」とは?
ご存じの方も多いかと思いますが、少しだけアートトリエンナーレについてお話しします。
簡単にいうと、「過疎化が進む地方×アート」のイベントです。
空き家や廃校を丸ごとアートの作品にしたり、自然の豊かさをそのままアートにしてみたり。
その地元住民や子供たちも、アーティストと一緒に作品を創っていくので、イベントと地域が一丸となって盛り上げている
とても素敵なアートイベントです。
私が行った越後妻有のほかに、横浜や、群馬中之条、瀬戸内など、、、全国いろいろな場所でその特色を持ったアートイベントが行われています。

さて、私が行った越後妻有は場所でいうと新潟県十日町市あたり。
私もアートトリエンナーレ初心者なので、ベテランの友人を連れて行ってきました。
たくさん見た中で、お気に入りのものをご紹介します。


ヤマノウチ
到着して一番最初に観た作品。
木々の影や人影が見え隠れする中で、透ける先の世界を感じる。
基礎造形の授業のときに、「レイヤーを重ねることでその先に新しい世界が広がる」と先生がおっしゃってたことを思い出しました。
透け感。
男心もそうですよね。(笑)透けてる先への探求心的な。(笑)
一緒に行った友人とも「私たちに足りないのはそこだわー。透け感大切だわー。」 と盛り上がりました。(笑)
冗談は置いといて・・・

もう一つの透け感作品。

奴奈川キャンパス
こちらは廃校を利用した作品の一部。
中には理科の実験器具がしまってあります。
この透け感もいい感じ。
これはインテリアの勉強にも使えそうと思ってます。
透かすことによって、見えない柄や色などのイメージも膨らむし、逆にフォルムが際立って形に目が行きます。

最後に・・・

家の記憶
これまた違う感じの透け感。
この作品は、空き家を利用して、その家、土地の想い出をアートにしています。
黒の糸をたどると数々の想い出につながる。
想い出がないところなんてないほどに糸が張られていく。
私はこの作品をみて少し恐ろしさを感じました。でも、友人は違う感じ方をしていました。
アートって正解がないからこそ、その人その人の感じ方で、アートの在り方も変わっていく。
「作った人は何を伝えたかったのか」
観ながら、とても想像力を掻き立てられました。
今までアートにはあまり興味がなく、今回もインテリアの勉強になればと思い行きましたが、
大自然と、そこに住んでいる人と、アーティストと、いろいろな要素が合わさりとても刺激的でした。
機会があればぜひ見てみてください♪
リンク:越後妻有大地の芸術祭の里(http://www.echigo-tsumari.jp/)

最後に越後妻有の星峠の棚田

こちらの棚田は、日本の里100選に選ばれた場所。
こういう景色を将来にも残していきたいですね。

さぁて、公開プレゼンテーションに向けて頑張るぞー!
公開プレゼンテーションは12月にサントリーホールで行います。
まだ誰が選ばれるかわかりませんが、私たちのクラスの雄姿をぜひ見に来てくださいね!

以上、しまちゃんでした:)

東京校 インテリアコーディネーター全日制 島田 彩

IC資格試験まであと少し


こんにちは、全日クラスの高峯です。
10/11のIC資格試験まであと少し。
目の前の課題に追われ後回しにしてきた分のツケが回ってきてますね。
さらにこのタイミングでブログ。。。
計画って大事。

最近は勉強ばっかでネタないんで試験勉強を通して思ったことを書きます。

下記は環境工学における風力換気の考え方についてです。



「換気量Qは風上風下の実効面積を合成した合成αA(開口部の開放面積に比例)の他、風上風下風圧差の平方根に比例し、圧力差は外部風速の2乗に比例する。従って、換気量は開口部の開放面積と外部風速に比例する。」

だそうです。。。。

最初、完璧に理解しようとしてがんばったんですが無駄な時間でした。
こういう複雑なものは、割り切って要点だけ丸暗記した方が良いとのこと。

ポリウレタン樹脂塗装
ポリウレタンフォーム
ポリスチレンフォーム
ポリエステル
ポリ塩化ビニル
ポリッシュ剤
ポリプロピレン
ポリクラール
ポリカーボネイト樹脂
ポリアミド樹脂

ポリ地獄。
世の中にこんなにポリがあるとは思いませんでした。

これはIC資格の過去問テキストです。



元は厚さ5cmほどの分厚い1冊のテキストでした。
かさばるし電車の中でやるのは諦めてたんですが、クラスメイトが

「ちぎればいいじゃん」

ダイナミックな発想。。。いただきました。

他にも
「黒いペンより青いペンで書いた方が暗記しやすい」とかいろいろなアドバイスを聞きながら勉強しています。
同じ目標をもったクラスならではの強みですね。

先日聞いた、校長のお話で印象に残っているのがあります。
「あなたたちは今の環境にお金を払っているのよ。」

教科書に乗っている内容も大切ですが、
表参道という立地や、クラスという集団のなかで回りの人間から受ける刺激や情報に触れることにこそ、ここで学ぶ本当の価値があるんだという事だと思います。
たぶん環境って大事ってことですね。一人で勉強するより何倍も効率が良いと感じます。インテリアにおいても環境を充実させるようなご提案ができるようになればと思います。

次はダイナミックなアドバイスをくれた生徒です。
お楽しみに。

東京校インテリアコーディネーターコース 全日制 高峯


僕とインテリアと音楽


はじめまして!

今回、ブログを担当することになった全日の東海林(しょうじ)と申します。

まずは、自己紹介をさせていただきます。

僕は今年の3月に大学を卒業して、町田ひろ子アカデミーに入学しました。

大学では法学部で法律の勉強をしていたので、インテリアとは全くかけ離れたところにいました。

インテリアは高校生の頃にとても興味があったのですが、それ以上に音楽が好き過ぎて、その影に隠れていました。

しかし、就活を機会にインテリアへの興味がまた湧いてきて、この関係で働こうと考えていました。その時に、町田ひろ子アカデミーの存在を知って、これだ!と何かを感じ、入学を決めました。



これは、僕の愛用するギターです。

中学生の時にギターを始めました。高校・大学とバンドを組んで、色んな音楽をコピーしてきました。オリジナルの曲を作ったりなんかもして、つい最近まで本気でミュージシャンになろうとしていました。


僕の一番好きなアーティストは、John Mayerという方です。ギターがまるで歌っているようなソロに魅了されてしまいました。

余談ですが、今、ヘビーローテーションしているのはMaroon 5の『Suger』という曲です。

表参道のA3出口を出てから学校までの道を、毎日聞いています。

もしよかったら皆さんも聞いてみてください^^



これは、音を変化させたり、新たな効果をプラスするエフェクターという機械です。

持っているものの一部なのですが、なかなかの量になってました。

一度こだわるとなかなか引き返すことができないんですよね。

若いって恐ろしいです…(十分、今でも若い年代に入りますが^^;)


4月に入学してから、もう半年が経ちました。

この半年は今までで経験したことのないほど、中身の濃い日々でした。

課題の量がとても多いと入学する前から聞いていたので、覚悟していたつもりだったのですが、本当に多いです><

特に複数の課題に追われているときは大変でした。

でも、こんな日々もあと半年で終わってしまうのかと思うとなんだか切ないです。

現在の全日の様子は、公開プレゼンに向けて各グループ頑張っています。

夜遅くまで残って話していたり、休日に集まったり、午前中の授業がない時に早く来ていたりしていたりします。

また、IC試験を間近に控えているので試験勉強も同時進行。

前期に味わった大変さとはまた一味違いますが、皆さんと一緒にまた乗り越えていけたらと思います。最後に、この前行った赤坂のカフェをご紹介したいと思います。


(写真は青山フラワーマーケットティーハウスHPからお借りしました)


(この写真は食べログからお借りしました)


その名も青山フラワーマーケットティーハウス。

そのまんまなのですが、青山フラワーマーケットがやってるティーハウスです(笑)

こんなに植物に囲まれることが僕はあまりないので、とても不思議な感覚でした。





この日は天気が良かったので、テラス席でティータイム。

名前は忘れてしまいましたが、なんでもコーヒーの香りがする紅茶だそうです。

下の写真はこの前ディスプレイの授業で習った三角構成を意識して撮ってみました。

紅茶のいい香りと植物に囲まれる空間がベストマッチの青山フラワーマーケットカフェ。

千代田線で表参道から2駅とそんなに遠くないので、皆さんも息抜きに是非寄ってみてはいかがでしょうか?

卒業まであと半年。

あと半年しかないという気持ちで一生懸命学んで、社会に出た時に最大限発揮していけるよう今後もクラスの皆さんと切磋琢磨しながら、日々レベルアップしていければと思います!

以上、東海林でした。

インテリアコーディネーターコース 全日制 東海林